これはおススメ!ロシア語ネイティブの発音を真似しながら楽しく会話の練習ができるオンラインコース

今回はタイトル通り、ロシア語ネイティブの発音を真似しながら楽しくロシア語会話表現を練習し覚えられる、画期的なオンラインコースを見つけたので、それをご紹介したいと思います。

ロシア語会話を学ぶのに「発音して覚える」ことにこだわった理由と、このオンラインコースの優れた特長、メリット、デメリットも含めてまとめてみました。

発音の練習をすることの大切さと難しさ

以前に書いた記事「ロシア語をできる限り早く習得するための5つのヒント」の中で、ロシア語は日本人にとって目も耳も慣れていない言葉だらけ、だからまずは単語力をつけることが大事。そして会話を重視してロシア語を習得したい場合は発音の練習はマスト、ということを書きました。

その記事を書いてから1年半も経った今も、ロシア語の習得には、単語をこつこつと覚えていくことと、発音の練習を怠らないことは、本当に大事だなと思っています。

ロシア語会話がメインの場合はもちろん、ロシア語の文章を読むことが重視されるような場合でも、正しい発音で(=頭の中で正しく発音しながら)読めると、読むのが楽になりますし、新しい単語も覚えやすくなったり、知らない単語でも意味を推測しやすくなったりします。

ただ、発音の練習で壁になるのは、やはり日本にいると「発音せざるを得ない」機会が明らかに少ないことではないかと思います。私も、周りがロシア語ばかりの現地に行ったら、自分でもわかるくらい発音がよくなっていきましたが、日本で日本人のロシア語の先生に週1回程度習っている状況ではは、どれだけ頑張っても限界がありました。

日本にいるときに私がやっていた発音の練習方法といえば

  1. 新しい単語を覚えるときに、電子辞書の音声で聞いて真似してみる
  2. オーディオ付きの参考書を使って、例文を聞きながら発音してみる
  3. ロシア語の先生の発音に倣って練習(週一回のレッスンの時のみ)
  4. RussianPod101というオンライン講座のオーディオを聞いて発音する

といったような感じです。

4番目のオンライン講座はロシア語圏に旅立つ直前の2~3カ月に駆け込みでやっていたのですが、ほかの3番目までの方法よりは楽しくやれていた気がします。

参考書や電子辞書の音声を聞いて練習するのは、もちろんそれはそれで大事なのですが、なんせ「面白くない」のが問題でした。修行のような感じ。ロシア語の先生は日本人でもロシア在住経験もおありで発音は良かったように思うのですが、レッスン自体は週一回、日本語ベースなのでやはり発音を練習するといっても量、時間ともに不足していました。

このブログにもロシア語会話の記事を時々書いていますが、発音をカタカナで書くことには時々ジレンマを覚えます。せっかく例文を載せても読み方が分からないとつまらないだろうなと思う反面、カタカナではとても表現しにくいロシア語の発音もあり、どこまで正しく伝わるか、ということには疑問を感じてしまいます。もちろん、イントネーションは聞かなければわかりません。

かといって、ネイティブでない私のロシア語の発音を録音するのは論外、夫はロシア語ネイティブですが、すごく早口で聞き取りにくいロシア語を話すので、この選択肢もアウト…という感じで、これまでは電子辞書や参考書の音声を参考にする、ネイティブの先生に習う、といったことをお勧めしていました。

しかし、電子辞書や参考書の音声を参考にするのが「面白くない」のは実体験済み。

ロシア語会話を習得するのが今後の生活において超重要(移住や仕事・結婚などで)なのであれば、コストをかけてもネイティブの先生に習うのが一番ですが、そこまでではない場合は、オンラインレッスンに毎月それなりのコストをかけるのには二の足を踏んでしまうかもしれません。

 

楽しくゲーム感覚で発音しながら、正しい発音で会話表現を練習できる画期的な方法

前述のような背景から、今回、オンラインロシア語講座で「発音」して「会話を覚える」という目的に合ったものはないか、と探してみました。以前使っていたRussianPod101をはじめ, 完全無料のDuolingo,月額制のBabbelやFluentUなどなど、トライアルを申し込んで見てみましたが、その中で個人的に一番よかったのがRocket Russianという講座です。

注:BabbelやFluentUも優れたオンラインコースです。が「発音して練習して覚える」という目的にかなったオンライン講座とは少し趣旨が違ったので今回は選びませんでした。Duolingoは無料なのが魅力ですが、再生する音声の発音が若干「あれ?」となったり、露英、英露の訳に疑問が残るときがあり、気分転換に使ってみるくらいにとどめるのがいいと思います。RussianPod101もよいオンライン講座なのですがコンテンツとサイトが煩雑で使いにくいのが難です(以前使ったときもそうでしたが…)。

Rocket Russian のトライアル申し込みはこちら

RocketRussianとはどんな講座なのか、私が特によいと思ったところを以下で簡単にご紹介したいと思います。

インタラクティブ・オーディオレッスン

「インタラクティブ」とは「双方向の」という意味ですが、まさにRocket Russianの講座の醍醐味はこの「双方向」に行えるオーディオレッスンです。どういうことか、というと、

  • ネイティブが発音する会話文を聞く
  • 自分がその会話文を発音する(発音チェックあり)

という風に、「聞いて」「発音する」という動作を繰り返しながら会話の練習をすることができるんです。

具体的には、以下のような画面で練習をします。

  1. 左上の再生ボタンをクリックして、ネイティブが発音する会話文を聞く
  2. 左下のマイクボタンをクリックし、自分が会話文を声を出して読む(録音される)
  3. 右上に何パーセント正しく読めたかが表示される。間違った箇所があった場合は赤文字で表示される。例えば、下のキャプチャ画像では、их、сноваを間違えて読んでいたため赤く表示され、間違いがどのような単語に聞こえるか(еще、самого)が表示されている。
  4. 右下の再生ボタンをクリックすると、自分の発音を確認することができる

自分が発音して読んでいるときは以下のような表示になります。

 

会話文を一つ一つ練習した後は、Play As Natalya または Play As Steward のボタンをクリックして、会話全体を通して練習します。

例えば、Play As Natalya のボタンをクリックすると、自分はNatalyaが話す部分を読み、続いてネイティブの音声がStewardが話す部分を話し、…という風に、交互に会話形式でやり取りをします。この際も発音チェックが行われ、トータルで何パーセント正しく読めたかが最後に表示されます。

下の例では Нет, извините. Вы голодны? の голодны の部分をあえて読まなかったのでその一文に65%の評価、Steward役全体では83%の評価がついています。

面白いのは、発音チェックの難易度も3段階で設定できることです。機械による音声認識レベルを調節し、初心者はEasy、上級者はHardを選ぶことができます。

 

 

筆記体の書き方を覚えられる動画

ロシア語は英語よりもずっと筆記体が多用される言語です。なので、正しい書き方を動画で見ながら練習できるのもよいと思います。以下のような感じでアルファベットごとに書き方を見ることができます。ロシア人の筆記体は到底読めない走り書きが多いですが…。

これなら覚えやすい!単語を聞き取ってタイプし、さらに発音チェック

これもまた「インタラクティブ」だな~と思うメニューです。再生ボタンをクリックして聞こえてきた単語をロシア語でタイピングします。Revealボタンをクリックすると結果が表示されます。

これがRevealボタンをクリックした後の表示です。さらにマイクをクリックして単語を発音し、発音チェックをすることができます。

この問題が簡単だったらEasyボタンを、ちょうどよかったらGoodを、難しかったらHardをクリックします。すると、それに合わせて次の質問を簡単にしたり難しくしたりと調整してくれます。これだと難しすぎていやになることも、簡単すぎて飽きることもないのがいいですね。

 

クイズ形式で理解度をチェック

以下のようなクイズ形式で、正しい英訳を選ぶというコーナーもあります。息抜きによさそうです。

 

少しでも雰囲気が伝わったでしょうか。個人的には非常によくできたオンラインコースだと思います。もちろん、デメリットと思える点もありますので、以下に私が見るメリットデメリットをまとめてみたいと思います。

Rocket Russianのメリットとデメリット

メリット

  • ロシア語会話を目で見て、ネイティブの発音を聞き、自分で読んで発音し、発音をチェックして練習できる。だから覚えやすいし練習しやすい。
  • 基本会話のほかに、旅行用の会話表現を覚えられる
  • 文法やアルファベットの書き方なども勉強できる
  • ネイティブの発音が自然で聞き取りやすく、真似しやすい(フォーマル過ぎない)
  • クイズ形式のものなど、楽しみながら学べる
  • モバイルアプリに対応しているので隙間時間に勉強できる
  • 価格が良心的(かつ1回の支払いのみでずっと使える)

デメリット

  • 英語に壁を感じる人は使いづらい
  • トライアルで利用できるのはほんの一部のレッスンのみ

 

デメリットに挙げましたが、「英語が苦手で…」という方にはやはり使いづらいかと思います。ただ、私はロシア語を学ぶときに日本語とロシア語だけで勉強するより、英語を挟んだ方が理解がしやすいときがよくあったので、英語がそこそこできる方なら、個人的にはぜひトライしていただきたいと思っています。Rocket Russianのオンラインコースの使い方自体は英語であっても慣れてしまえばさほどハードルは高くありません。

英語とロシア語もそれほど近い言語なわけではないですが、やはり日本語はかなり特殊な言語なので、文法も表現の仕方も、「英語とロシア語」は「日本語とロシア語」と比べれば、似ているなと思うところが多くあります。「ロシア語のこの単語は英語だとこういうのか」「英語のこの会話表現はロシア語ではこうなるのか」と比較することで理解が深まったり覚えやすくなったり、という効果も期待できます。

まずは、自分で触ってみるのが一番いいと思いますので、このオンラインコースいいかも!?と思った方はぜひトライアルを申し込んでみてください。

Rocket Russian のトライアル申し込みはこちら

気に入ったら、早めに本バージョンを申し込むと、お得な価格で使えるようになります。

あと、発音の録音とチェックにはヘッドセットが必要になりますのでお忘れなく!

ロシア語での月を覚えよう。年月日の言い方、日付を使った例文もご紹介

前回のロシア語の曜日に続いて、今回はロシア語での、年月日、日付の言い方をご紹介します。

ロシア人にとっては、日本語での月の言い方が1月、2月、…と「数字+”月”」で成り立っているのは結構驚きのようで、何度かロシア人に「なんで?」と聞かれたことがあります。思い出せば、日本にも昔は「卯月、睦月」など独特の呼び名があったな~なんていうことを思い出したり。

少し脱線しましたが、ロシア語の月は、英語での月の言い方と似ているので覚えるのはそんなにつらくないと思います。記事の後半では、年月日の言い方、日付にまつわる会話例文などもご紹介していきます。

 

ロシア語の月

  ロシア語 読み方
1月 Январь ヤンヴァー
2月 Февраль フェヴラー
3月 Март マールト
4月 Апрель アプリェー
5月 Май マー
6月 Июнь ユー
7月 Июль ユー
8月 Август アーフグスト
9月 Сентябрь センチャーブリ
10月 Октябрь アクチャーブリ
11月 Ноябрь ヤーブリ
12月 Декабрь カーブリ

響きは英語とずいぶん違いますが、何となく似ていますよね!?ただ、ロシア語の問題は、これらの月を会話の中で使おうとすると、例によっていちいち格変化させないといけないことです。どんな風に変化するのか、例文で見ていきましょう。

 

年を言うときのロシア語例文

「何年生まれですか?」「95年生まれです」

Вы какого года рождения? – Девяносто пятого года.

発音:「ヴィ カコーヴァ ゴーダ ラジヂェーニヤ?」「ヂヴィノースタ ピャータヴァ ゴーダ」

※какого と聞かれているので、答えるときの年号の最後の数字はそれに合わせて生格(ここではпятого)になります。

 

「いつ大学を卒業したの?」「2014年の春に。」

Когда ты завершил(а) университет? – В две тысячи четырнадцатом году.

発音:「カグダー ティ ザヴェルシール(女性:ザヴェルシーラ) ウニヴェルシチェット?」「フ ドゥヴェー ティーシャチ チッティールナッツァッタム ガドゥー

 

「2014年から2017年までモスクワに住んでいました」

Я с две тысячи четырнадцатого до семнадцатого года жил в Москве.

発音:「ヤー ス ドゥヴェー ティーシャチ チッティールナッツァッタヴァ ド シムナーツァタヴァ ゴーダ ジール ヴ マスクヴェー

 

ロシア人はとにかく「いつ何があったか」という話をするときに、「●年前に…」という言い方ではなく「20xx年に…」と年号でいう人が多いです。歴史の出来事(いつ革命が起きたかとか)っていう話はもちろん、いつ学校を卒業したかとか、いつからこの仕事に就いたかとか、いつトルコに旅行に行ったかとか、自分のことに関してもです。

自分の履歴書がいつも頭に入っているんじゃないか…というくらい、詳細に「何年に何があった」といえる人が結構いて、ただひたすら驚いていました。私といえば、そういう質問をされても…「えっと…あれは確か5年位前だったかな」という感じでしか答えられず「それは何年?」と聞き返されてまた頭がぐるぐる回ってしまうことも多々…。しかも、年号を言うのにあの長ったらしい「ドゥヴェー ティーシャチ チッティールナッツァッタヴァ…」みたいなのを発音しなくてはならないかと思うと、それだけでもうガクッと疲れが…。

ロシア人とこういう会話をするときは要注意ですね(笑)

 

月に関するロシア語例文

「8月にハワイに行くんだ」

Я полечу в Гавайи в Августе.

発音:「ヤー パレチュー ヴ ガワーイ ヴ アーフグスチェ」

※「~に行く」というとき、ロシア語では歩きで行くのか、乗り物(陸上)でいくのか、飛行機で飛ぶのかによって、使う単語が違います。ハワイには基本飛行機で行くので、今回は「飛ぶ」という単語を使います。

 

「10~12月まではものすごく忙しくなりそう」

С Октября до Декабря месяца возможно буду очень занят(а) .

発音:「ス アクチャブリャー ド ヂカブリャー ヴァズモージュナ ブードゥー オーチン ザーニャト(女性:ザニター)」

 

「毎年1月の初めに帰省しているんだ」

Каждый год в начале Января я возврашаюсь на родину.

発音:「カージディー ゴッド ヴ ナチャーレ ヤンヴァリャー ヤー ヴァズヴラシャーユシ ナ ローヂヌ」

 

「2月のロシアはどれくらい寒いの?」「僕が住んでいるところはマイナス15度くらいだよ。」

Насколько холодно в России в Феврале? – Где я живу обычно минус пятнадцать градусов.

発音:「ナスコーリカ ホーラドナ ヴ ラッシーィ ヴ フェヴラリェー?」「グヂェー ヤー ジヴー アブィッチナ ヌス ピャトナッツァッチ グラードゥサフ」

 

日付に関するロシア語例文

「生年月日を言ってください。」「1995年3月12日です。」

Скажите пожалуйста, вашу дату рождения? – Двенадцатого Марта, тысяча девятьсот девяносто пятого  года.

発音:「スカヂーチェ パジャールィスタ ヴァーシュ ダートゥ ラジヂェーニジャ」「ドヴェナッツァタヴァ マールタ ティーシャチャ ヂヴャチソート ヂヴィノースタ ピャータヴァ ゴーダ」

 

「毎月10日が給料日です」

Я получаю зарплату десятого числа каждого месяца.

発音:「ヤー ポルチャーユ ザルプラートゥ ヂヴァータヴァ チスラー カージダヴァ メーシャッツァ」

 

「8月1日~15日まで夏季休暇をとります。」

У меня будет летный отпуск с первого до пятнадцатого Августа.

発音:「ウミニャー ブーヂェット トニィ オートプスク ス ピェールヴァヴァ ド ピャトナッツァタヴァ アーフグスタ」

 

「今日は何日だっけ?」「12日だよ」

Какое сегодня число? – Сегодня двенадцатое.

発音:「カコーェ セヴォードニャ チスロー」「セヴォードニャ ドヴェナッツァタェ」

※日にちを聞くときはКакое число?、曜日を聞くときはКакой день?となります。

 

いやはや、今回の例文を作って夫に添削してもらったら、数字の語尾変化を結構直されました。。普段会話で使う分にはтысачаかтысачиかなど全く意識せずに言ってるので(そもそもネイティブが話すと速すぎて-aなのか-иなのかなど聞き取れないことも多々)、たまに書くと「あれ…?」となってしまいました。

ロシア語はこういうところが難しくて面倒くさい…。お疲れ様でした。

ロシア語で曜日を覚えよう。覚え方、例文もご紹介

今回はロシア語で、曜日の単語をご紹介します。英語と違って馴染みがなく覚えにくいロシア単語ですが、曜日を覚えるのはちょっとしたコツをつかむと比較的簡単に覚えられました。その覚え方も併せてご紹介したいと思います。

ロシア語の月曜日~日曜日

ロシア語 読み方
月曜日 понедельник パニヂェーリニク
火曜日 вторник トールニク
水曜日 среда スレダー
木曜日 четверг チェトヴェールク
金曜日 пятница ピャートニッツァ
土曜日 суббота ボー
日曜日 воскресенье ヴァスクレセーニェ

 

ではここから、私自身が覚えたときの覚え方をご紹介します。かなり「こじ付け」なところもありますが、あしからず…。

Понедельник(月曜日)の覚え方

まず月曜日、Понедельник(パニヂェーリニク)です。

一週間のことをロシア語ではНедель(ニェヂェーリ)というのですが、月曜日は週の始まりなのでこの週という単語Недельを使ってПо-недель-ник → Понедельник (パニヂェーリニク)と覚えます。

ちょっと最初から「こじ付け」間半端ないですが、火曜日からはもっと覚えやすいはずです。。

 

Вторник(火曜日)の覚え方

火曜日は週の2番目の日。ロシア語で2番目はВторой(フタィ)といいます。週の2番目の日なので、Втор(ой) + ник → Вторник(フトールニク)と覚えます。

 

Среда(水曜日)の覚え方

水曜日は週の半ばですね。ロシア語でСредный(スレードニィ)は真ん中とか平均とかいう意味があります。週の真ん中の日なので、Сред(ный) + a → Среда(スレダー) と覚えます。

 

Четверк(木曜日)の覚え方

木曜日は週の4番目の日。ロシア語で4番目はЧетвертый(チェトヴョールティ)といいます。週の4番目の日なので、Четвер(тый) + г → Четверг(チェトヴェールク)と覚えます。

 

Пятница(金曜日)の覚え方

金曜日は週の5番目の日。ロシア語では5番目はПятый(ピャーティ)といいます。週の5番目の日なので、Пят(ый) + ница → Пятница(ピャートニッツァ)と覚えます。

 

Суббота(土曜日)の覚え方

Суббота(スボータ)という単語は、もともとはユダヤ人の「安息日」を意味する言葉です。それと関連付けて、土曜日は5日間の仕事を終えて休息をとる日(そうじゃない人もいっぱいいますが…)はСуббота(スボータ)と覚えます。

あと、ロシアや旧ソ連圏では、春先や秋口の土曜日に、住民や学校の生徒たちが皆で街のごみ掃除をする日というのがあります。昔(ソ連時代)は土曜日に行われるのが習慣だったので、Субботник(スボートニク)と呼ばれています。

 

Воскресенье(日曜日)の覚え方

Воскресенье(ヴァスクレセーニェ)は、「復活」の意味のВоскресение(ヴァスクレセーニイェ)や「復活させる、元気を取り戻させる」という意味のВоскрешать(ヴァスクレシャーチ)といった単語と関連があります。なので、Субботаでゆっくり休んで、Воскресеньеに元気を取り戻すみたいなイメージで覚えました。

 

といった感じですが、まぁ何もヒントがないよりは覚えやすいかと…。参考にしてみてください。以下では曜日にまつわる例文をいくつかご紹介します。

 

曜日を使った例文集

「今日は何曜日?」「月曜日だよ」

Какой день недели сегодня? – Сегодня – понедельник.

発音:「カコーイ ヂェーニ ニェヂェーリ セヴォードニャ?」「セヴォードニャ パニヂェーリニク」

 

「金曜日に会うって約束してたっけ?」「いや、木曜日だよ」

Мы договорились встретиться в пятницу? – Нет, в четверг.

発音:「ムィ ダガヴァリーリシ フストレーチッツァ フ ピャートニッツ?」「ニェッ、フ チェトヴェールク」

※「●曜日に」というときは、в + (体格) なので、女性形のсреда, пятница, субботаは、а が у に変化します。それ以外の男性・中性形はそのままです。

 

「今週の水曜ではなく、来週の水曜日にお会いしましょう。」

Увидимся не в эту среду а в следующую.

発音:「ウヴィーヂムシァ ニェ フ スレードゥ ア フ スレードゥユシュユ」

 

「火曜日から土曜日まで雨になるらしいよ」

Говорят что со вторника до субботы будет дождь.

発音:「ガヴァリャット シト サ フトールニカ ド スボーティ ブーヂェット ドーシチ」

※「~から」は с (со) + (曜日の生格)、「~まで」は до + (曜日の生格)です。

 

「毎週日曜日に市場で買い物するんだ。」

Я делаю покупки на рынке по воскресеньям.

発音:「ヤー ヂェーラユ パクープキ ナ リィンケ パ ヴァスクレセーニャム」

※「毎週●曜日に」という場合は、по +(曜日の複数形の前置格)となります。

 

次回は曜日に続いて、ロシア語の月と日時の言い方をご紹介したいと思います!

基本単語なのに随分まぎらわしい!?「学ぶ」という意味のロシア語 Учить, Учиться, Изучать の違い

ロシア語を学んでいる人なら、かなり早い段階で教わるであろう「学ぶ」「勉強する」を意味するロシア語の単語、 Учить と Учиться と Изучать。特に深く考えずに使っていたのですが、ふと先日、この場面ではあの場面では…と考え始めたら深い深い。

特に、Учить という言葉は場面によっては「学ぶ」ではなく「教える」という意味にもなってしまう、かなり意味不明な単語です(汗)。以前、ロシア人の友達に英会話の練習相手をさせられることが時々あったのですが、I study English. というべきところを、I teach English. と間違えるケースがよくあり、頭の中が「????」でいっぱいになっていました。今考えると、辞書を見てこのУчитьの英訳をTeachと間違えていたんだろうなぁと…。

ということで、今回はУчить と Учиться と Изучать の違いについて調べた結果から、特に分かりやすかった説明をピックアップしてまとめてみました。良かったら記事最後の原文のサイトも併せてチェックしてみてください。

 

まず初めに読み方と格変化をおさらい

まずはУчить, Учиться の変化形をおさらいの意味を含めて載せておきます。

  • Я учу / учусь  ヤー ウチュー/ウチュー
  • Ты учишь / учишься ティ ウーチシ/ウーチシシャ
  • Он / Она учит / учится ン/アナー ウーチッ/ウーチッツァ
  • Мы учим / учимся ムィ ウーチム/ウーチムシャ
  • Они учят / учятся アニー ウーチャッウーチャッツァ

 

Учить と Учиться の違い

Если «учить», то мы можем «что-то учить»- «я учу немецкий язык, ты учишь русский язык, кто-то учит английский язык», но мы не можем сказать: «Я учусь английский язык», тогда мы, правда, можем сказать: « Я учусь английскому языку», но это будет очень литературно.

учить という単語を使うなら、учить что という形で使う。例えば、

я учу русский язык. 「ロシア語を学んでいる」

 

一方、учиться の場合は以下のような形、учиться чему になる。

〇 正しい: Я учусь русскому языку. 「ロシア語を学んでいる」

× 間違い: Я учусь английский язык

 

つまり文法的には、учить что = учиться чему です。ただし、учиться чему の言い方はとても文学的だそうなので、日常会話では、учить что を使ったほうがよさそうです。

 

「どこで」「どんな具合に」学んでいるかを言う時はかならず Учиться を使う

мы всегда говорим «учиться», если мы говорим, где мы учимся, скажем: «Я учусь в школе», «Она учится в университете». И также мы употребляем «учиться», когда мы говорим «как»: «Он учится хорошо, она учится плохо»- вот тогда мы можем… «где и как?»- вот тогда мы употребляем «учиться»

以下のように、どこで学んでいるか、どんな具合に学んでいるか(=成績がいいか悪いか)を言う場合には、учитьсяを必ず使う。

私は学校で勉強している(=学校に通っている/小(中, 高)校生だ の意も含む)

〇 正しい: Я учусь в школе.

× 間違い: Я учу в школе.

 

彼女は大学で勉強している。(=彼女は学生だ の意も含む)

〇 正しい: Она учится в университете.

× 間違い: Она учит в университете.

 

彼はよく勉強している(成績が良い)、彼女はちゃんと勉強していない(成績が悪い)

〇 正しい: Он учится хорошо, она учится плохо.

× 間違い: Он учит хорошо, она учит плохо

 

Изучатьは学問的、Учитьはより具体的

Можно «изучать немецкий язык», можно «учить немецкий язык». Но если, скажем, какие-то слова, то мы «учим слова», не «изучаем слова, а учим». «Изучать» – это более масштабно, более большое.

英語と比較すると、
Изучать = to study, to master something
Учить = to learn something

Изучатьには「研究する」というような意味合いも含まれ、大学で何かの学問を学ぶときや、何かの科学分野について勉強するときなどに使われることが多い。言語についても изучать немецкий язык 「ドイツ語を勉強する」というように使うことはできるが、大学の外国語学科でドイツ語を勉強している、というようなニュアンスに近くなる。

一方、Учитьはより具体的でスケールの小さいことについて使うことが多い。例えば、「単語を学ぶ(=覚える)」というようなときは、я учу слова. と言うのが正しい。

 

言語を学ぶということについては、Я изучаю русский язык. よりも  Я учу русский язык. (ロシア語を学んでいます)ということのほうが断然多いように思います。

 

場合によっては「教える」の意味になる Учить

if I say, “Я учусь разговаривать по-английски”, it will mean “I ‘ve been learning to speak English” (I’m a student), but if I say,” Я учу разговаривать по-английски”, it will have the different meaning “I ‘ve been teaching to speak English” (I’m a teacher).

具体的な行動・活動が後に続く場合

前述のとおり、Учить には「学ぶ」という意味がありますが、具体的な行動・活動が後に続く場合は「教える」という意味になります。例えば、次のような場合。

「私は英語で話すことを(生徒に)教えている(=英会話を教えている)」

Я учу разговаривать по-английски.

この時の「私」は教える立場の先生ということになります。

 

一方、私は英語で話すことを学んでいる(=英会話を学んでいる)と言いたい場合は、

Я учусь разговаривать по-английски

と、Учитьсяを使うことになります。

 

誰に何を教えているかを具体的に示す場合

例えば以下のように、「誰に」「何を」という具体的な情報が入る場合も「教える」の意味になります。

文法的に言うと учить кого-что чему の場合です。

「お母さんは息子に読むことを教えている」

Мама учит сына читать.

この場合も「お母さん」は学ぶ側ではなく教える立場となります。

 

Учитьの完了体のВыучить(習得する)と Начуить(教える)

«выучить» – это глагол, когда ты учишь до конца, до какого-то результата

Учитьは継続した過程を表す不完了体の単語なので、「学ぶ」という過程にしても、「教える」という過程にしても、まだ完全に学びきっていない、教えきっていない状態になります。これに対し、完了体のВыучить(習得する)は、学ぶ過程が完了した、つまり習得した状態について使います。

例)あなたはロシア語を完璧に習得しました

Вы савершенно выучили русский язык.

 

Учитьのもう一つの完了体、 Начуить(教える)も、教える過程が完了した状態について使います。

例)お母さんは娘にケーキの作り方を教えた。(娘はもうケーキの作り方を知っていることになる)

Мама научила дочке приготовить торт.

 

 

まとめ

1.「ロシア語を学んでいる」は、Учить, Учиться の両方が使えるが、その後に来る単語の格変化に注意。

Я учу русский язык. ←こっちのほうが一般的

または Я учусь русскому языку.

 

2.どこで、どんな具合に学んでいるかを言う場合は、Учитьсяを使う

Я учусь в университете. 「私は大学で学んでいます。(大学生です)」

Я учусь очень хорошо. 「私はとてもよく学んでいます。(成績がよいです)」

 

3.Изучать は研究する・マスターするといった意味合い

Я изучаю русский язык. だと、ロシア語を学問として学んでいる、本格的に学んでいるという感じになる。

 

4.誰に何を教えているか、具体的に教える内容が説明される場合、Учитьは「教える」の意味になる。

Я учу студентом разговаривать русский язык.「私はロシア語会話を生徒たちに教えています」

 

5.Учитьの完了体 Выучить(習得する)とНаучить(教える)

Я выучил русский язык. 「僕はロシア語を習得した」

Я научила ей готовить кушать. 「私は彼女に料理を教えた」

 

参考サイト

対話形式でУЧИТЬ, УЧИТЬСЯ, ИЗУЧАТЬ の違いについて解説しています。
→ https://www.lingq.com/ru/lesson/uchit-uchitsia-i-izuchat-272851/

учить, учиться, изучить и выучить, начуить の違いについて色んな人が答えを書いているページ
→ https://www.italki.com/question/224495?hl=ru

 

注:この記事を読んでよけいに混乱したらゴメンなさい。

ロシア語をできる限り早く習得するための5つのヒント

ロシア語では世界の言語の中でも最も習得が難しい言語のひとつに数えられています。もちろん、「母語が何か」によって言語習得の難易度は変わってきますが、少なくとも日本人にとっては、英語よりハードルがずいぶん高いのは間違いないと思います。

ロシア語を日常的に使うようになって久しいですが、先日ふと、学び始めた当初の苦労を振り返って、どこが壁になりやすいのかについて考えていました。

「どこが難しいのか」というポイントが分かっていれば、そこを重点的に解決していけばロシア語を習得するスピードも上がるかも? ということで、これからロシア語を学び始める方の参考になればと思って今回の記事にしてみました。

目も耳も慣れないロシア単語は興味のあるところから

英語が日本人にとって比較的習得しやすいのは、もちろん学校で教えられるからというのもありますが、それ以上に、外来語として日常的に見聞きする英単語が非常に多いからという部分が大きいと思います。

例えば、身近にあるものでも

  • ドア Door
  • バッグBag
  • カップCup
  • アップルApple

など、挙げればきりがありません。

上記の4つの単語をロシア語にすると

  • ドア→ Дверь(ドヴェーリ)
  • バッグ→ Сумка(スームカ)
  • カップ→ Стакан(スタカン)
  • アップル→ Яблоко(ヤーブラカ)

となります。

全然聞きなれない単語ばかりですよね。。なので、基本単語を覚えるのにも、まずキリル文字を覚えて、基本単語の読み方、書き方、意味を覚えるのにそれなりの時間がかかります

ですが、どの言語習得にも単語力は必須ですから、ここは頑張って、単語帳や参考書、音声教材などを駆使してひたすら覚えていくべし!です。

ロシア語を学んでいるあなたには何かしらそのきっかけがあるはずです。ロシアの芸術に興味があるとか、ロシア人の友達ができたとか、ロシア人との商談があるとか、でしょうか。

自分の興味がある分野の単語なら覚えやすいので、まずはそこから始めるのがおススメです。

人にもよりますが、私はロシア語の響き、そしてキリル文字の並びがとても好きなので、覚えるのは大変でしたが、楽しくもありました。覚えようと思った単語を紙に書いて家じゅうに貼って少しずつ単語量を増やしていきました。

 

発音の練習はマスト

アクセントの位置を覚えるのに一苦労します。もちろん規則は存在するのですが、例外も多くて、ある程度単語力がついてくるまで、どの位置にアクセントが来るのか見当が付かないことが多かったです。

さらにひどいことに、同じoのアルファベットでも、アクセントが来る場所は「オー」と発音し、それ以外は軽く「ア」の発音になる、といった風に、アクセントの場所を間違えると全然違った響きになってしまうことがあります。

簡単なたとえで言うと、

Спокойной ночи おやすみなさい

の発音。

Спокойной のкоのところがアクセントになるので発音は「スパコーイナイ ノーチ」となります。

これをもし最初のпоがアクセントだと勘違いすると「スポーカイナイ ノーチ」という風になってしまうわけですね。。

 

ある程度慣れてくれば予想というか勘が働くようになるので、とにかく最初のうちは面倒くさくてもイチイチ辞書や単語帳でアクセントの位置を確認し、できればネイティブの音声で発音も耳で確認するのが近道です。

 

日本人に発音しにくい子音の連発がある

そもそもЗдравствуйте(こんにちは)が「ズドラーストヴィーチェ」と長くて発音しにくく、ネイティブっぽく言えるようになるまでに結構な時間がかかりました。。

カタカナで書くとズドラーストヴィーチェですが、英アルファベットで発音を書くと Zdravstvytye というような感じで母音はa,y,yeの3か所のみ、他は全部子音。。最初のZdraは勢いよく一気に発音する感じになります。

こういう子音が2つ3つ連続するのとか、あとはш,х,жなどの発音も口の筋肉の使い方が慣れで分かってくるまで(と言っても未だにロシア人と同じレベルでは発音できていませんが!)練習が必要になってきます。

カタカナ読みでも通じないわけではないので、そこまで気にしすぎることもないのですが、やはり発音がちゃんとできていると言いたいことが伝わりやすいし、ネイティブの話を聞き取るのにも役立つと思います。

会話を重視してロシア語を習得したい場合は特に発音の練習をがんばってください。

参考:これはおススメ!ロシア語ネイティブの発音を真似しながら楽しく会話の練習ができるオンラインコース

 

格変化は表を折に触れて見返しながら徐々に覚えていく。

格変化を覚えるのも一苦労どころか、十苦労くらいありました。超人的に記憶力のいい人以外は、最初はめちゃくちゃでもしょうがない。何度も格変化表を見ながら、使いながら徐々に覚えていくしか方法はないかなと思います。

最初は格変化の概念自体も良く分からなかったのですが、個人的には読む練習よりも、日記とかでもいいので、自分で文章を作成してみようとするときにだんだんと分かるようになっていったように思います。文章を組み立てようとすると「あれ、ここの格変化はどうなるんだっけ?」と疑問が湧いてきます。その疑問に自分で調べたり誰かに聞いたりして答えを確認していくプロセスが私にとっては非常に役に立っています。

 

ネイティブと接触する機会を自分から作る

ロシア語は英語のように需要が多くないため、日本にいるとなかなかスクールに通ったり、いい教材に出会うということが難しいです。

私は学生時代に第二外国語としてロシア語を学び始めましたが、当時はロシア語会話というより文法などを中心としたものだったため、ソビエト時代の例文を無理やり辞書で単語を調べながら翻訳するという頭の痛くなる宿題に追われて、身に付くのか身に付かないのか…良く分からないまま授業が過ぎていきました。

文章が読めるようになることが目的ならいいのですが、会話で使えないと、なかなか楽しめないし、興味のない例文を和訳するばかりではモチベーションもイマイチ上がりません。

ロシア語ネイティブが目の前にいるかどうかでも随分気合の入り方がかわります。

なので、本当にロシア語を身に付けたいけど、現状、周りにネイティブがいないという環境なら、

  • ロシア人の先生を探す(オンラインでもOK)
  • 現地(ロシア語圏)に数か月でも滞在する計画を立てる
  • ロシア人の友達を作る

といった工夫が必要だと思います。

今はYoutubeでも日本語を話せるロシア人が基本会話のレッスンを収録していたりするので、最低限、そういうのを活用するといいと思います。無難なところであとはNHKラジオでしょうか。

 

ロシア語を学ぶメリットを考える

大変だよ~難しいよ~というアピールの強い記事になってしまいましたが…そういう難しい言語だからこそ勉強しがいがあるし、何だかメラメラと意欲が湧いてくるというのもきっとあると思います(笑)

それだけでなく、ロシア語を学んで習得することで得られる世界について考えるのも良いモチベーションになるはず。私が考えるロシア語を学ぶメリットは…

  1. ロシア人とのコミュニケーション、ロシアのメンタリティ、文化、生活から新しい世界観を知ることができる。(特に彼らがソビエト時代について語ることは日本の学校の歴史で学んだのとはずいぶん違っていて「世界を裏側から見ている」ような気分になります。)
  2. 英語が通じにくいロシア語圏への旅がしやすくなる(モスクワやサンクトペテルブルグなら英語を話せる人たちもそこそこいるでしょうが、基本的にロシア語圏はあまり英語が通じないので、少しでもロシア語を知っていると旅も楽しくなるし、不安も若干和らぎます。鉄道のチケットを買う時とか、街中の地元人が通う食堂、総菜屋さんなどで買い物したいときとか、トイレの場所を聞きたいときとか。)
  3. ロシア語と同じルーツを持つスラブ語系の言語を学びやすい(セルビア語、クロアチア語、マケドニア語などのバルカン半島の言語、ブルガリア語、チェコ語、ウクライナ語など。ロシア語で相当苦労した分、セルビア語はかなり楽に学べています。)
  4. ほかの言語を学ぶハードルが下がる(スラブ語系言語に限らず、英語の文法にはない完了体・不完了体といった文法、格変化などの概念が理解できるようになることで、似たような文法体系をもつ言語を学ぶハードルはぐっと下がります)
  5. 日本とは違う視点からニュースを見聞きできる(どの国も情報は操作されているのでどこが正しい情報源かという意味では何とも言えませんが、日本で報道されていないことや、同じニュースでも違ったトーンで報道されているのは興味深くもあり、ニュース報道に対して距離を置くのに役立つかなと思います。といっても、そんなにニュース見ているわけではありませんが!)
  6. 番外:ロシア美女・美男と知り合えるかも(ロシア人、特に女性はやっぱりきれいな人が多いです。街中を歩いていても、モデル・女優のようなスラっとした美しいロシア人の女の子たちにはハッとさせられることがよくありました。でも10年後にはガタイが良くて強いロシアのオバチャン、ただの酒飲みのオジチャンになってしまうかもしれませんので…そのことはお忘れなく)

 

ロシア語を習得することで広がる世界は思った以上に大きいはずです。

公共の乗り物を利用するときに知っておくと便利なロシア語単語と表現

久々にロシア語会話の記事です。今回は公共の乗り物を現地で利用するときに知っておくと便利なロシア語表現をご紹介します。

言葉があまりよく分からないときに公共の乗り物を利用するって結構勇気がいりますよね。

地下鉄なら、方向さえ間違わなければ、何個目の駅で降りればよいとかも路線図で分かるのでいいですが、私が苦手なのはタクシーとバスの利用。

ぼったくられるんじゃないかという恐怖に襲われながら乗るタクシー、停車駅のアナウンスが聞こえにくかったり、あるいはアナウンス自体がなかったりして乗り越してしまうんじゃないかとドキドキする市内バスなどは結構慣れるまでストレスだったりします。

以前住んでいたカザフスタンの地方都市では、時刻表もなくルートの変更もしょっちゅうだったので、「着かないな~」と思ったら終点まで来てしまった…みたいなことも何度かありました。トホホ

 

前置きが長くなりましたが、この記事で紹介する単語や簡単なフレーズを覚えておくだけでも、ちょっと心の準備をして乗れるかなと思い、懐かしい思い出をふりかえりながらまとめてみました。

記事はカザフスタンでの情報をベースにしており、国や地方によって乗り方が異なることがありますが、単語やフレーズは参考にしていただけると思います。

 

鉄道、長距離バスのチケットを購入するとき

知っておきたい単語(カッコ内は発音)

Билет(ビリェット): チケット

Багаж(バガージ): 大きなカバン

※スーツケースなど、バスの車内に持ち込めない大きな荷物は別途料金が取られる場合があり、チケットを購入する際にカバンの料金(個数や重量などで決まる)を支払う必要がある

Удостоверение личности(ウダスタヴェレニエ・リッチノスチ): 身分証明書

Паспорт(パースポルト): パスポート

鉄道チケットを購入する際には大抵身分証明書を見せる必要がある。パスポールトと言ってもられば分かるが、身分証明書の意味のウダスタヴェレニエ・リッチノスチ(またはウダスタヴェレニエ)と言われることのほうが多い。日本でいうマイナンバーに相当するものがかかれた身分証明カードを成人は皆持っているため。初めて鉄道チケットを購入するときに「ん、何のことだ…???」と固まっていたら「パースポルト!!!!」と受付のオバチャンに怒鳴られました。。。

Фамилия Имя Очество(ファミリヤ・イーミャ・オーチェストヴァ) 氏名(苗字・名前・ 父称)

※あまり必要ないかもしれないけれど、もし聞かれたら、自分の氏名を言って最後に「父称はありません」”У меня нет очества”(ウミニャー ニェット オーチェストヴァ)と付け加える。書類やチケットなどに略してФИОと書かれていることもあり。

Поезд(ポーイェズド): 鉄道・列車

Платформа(プラットフォールマ): プラットフォーム

Вагон(ヴァゴーン): 車両

Плацкарт(プラッツカールト): 夜行列車の一番安いタイプ。個室になっていない。周りがいい人たちだと楽しい。

レトロな雰囲気(よく言えば)の車内。プラッツカールト。

Купе(クペー): 夜行列車の個室タイプで4人一組。プラッツカールトより寝心地はよいが、一緒になる人たちがハズレだとある意味プラッツカールトより居心地が悪い。

Люкс(リュクス): 夜行列車の個室タイプで2人一組。値段は張るが、一番設備もいいし、安心。私は乗ったことありません(笑)

Автобус(アフトーブス): バス(大型のバスのことを言うことが多い)

Бусик(ブシク): 小型バス(大型より速く移動できる。決まった時刻表がなく、人数が集まり次第出発することが多い)

 

チケット購入のためのフレーズ

Билет в 行き先 (ビリェット ヴ…) : ~行きのチケット(1枚)

Два билета в 行き先 (ドヴァー ビリェータ ヴ…) : ~行きのチケット2枚

例)
Пожалуйста, билет в Москву. (パジャールィスタ、ビリェット ヴ マスクヴー)
モスクワ行きのチケットをください。
 
Два билета в Петербург.(ドヴァー ビリェータ ヴ ピチルブールグ)
ペテルブルグ行きのチケットを2枚。
 

鉄道駅や長距離バスのターミナルでの注意点

カザフスタンの首都アスタナの長距離バスターミナル付近
 
鉄道や大きな長距離バスターミナルなどではしつこいタクシーの勧誘が待っていることがあるので要注意です。 見るからに外国人とわかると、すごい値段をふっかけてくることがあります。タクシーはタクシー乗り場から乗るのが賢明。
 
カザフスタンの場合、首都アスタナは空港付近は全く静か、鉄道&バスターミナル付近もさほどしつこい勧誘はないです。だから私はアスタナの空港を利用するほうが好きでした。
 
 
南部のアルマティの空港、鉄道駅付近は相当にしつこい人たちがいるので十分注意しましょう。大きな荷物を持っていると、荷物運びやが無理やり荷物を運んでお金を取ろうとしたり、ぼったくりタクシー運転手がずーっとしつこくついて来たりします。
 
こういうときは返事をせずに全く無視するか、ニェッ、スパシーバとだけ言ってわき目も降らず進むのがベスト。
 

道が分からない、どこに言ったらいいか分らない、というようなときは、同じく旅行者の比較的若くて英語もわかりそうな人のところに近づいて聞くのがベスト。あとはキオスクや売店の人に尋ねるのもいいかも。

タクシー運転手や変に助けようとする人は怪しいことがおおい。私は「警備員」と大きく書かれたジャンパーを着た人に「僕はこの駅の係員だから」みたいなこと言われて助けてもらい、まんまと騙されたことがあります(T_T)

 

市内バスやタクシーの利用

知っておきたい単語(カッコ内は発音)

Автобус(アフトーブス):バス(大型のことを指すことが多い)

Маршрутка(マルシュルートカ): 街中を特定のルートで周っている小型のバス。乗降者が少ないため大型よりスピード感がある。

Такси(タクシー): タクシー

Проездной(プライェズノイ): 乗り放題パス

Проезд(プライェズド): 運賃

※バスに乗るとコンドゥクトル(車掌さん?)が運賃を集めにくる。大型バスの場合は運賃を払う引き換えにチケットをくれるので降りるまで大事に持つ。時々チェックが入る。

 

市内バスのよくある乗り方

市内のバスは日本のバスのように、「危険ですので停車してからお立ちになり、下車してください。」みたいなことはない。自分の下車するバス停が次になったらあらかじめ出口付近に移動し、ドアが開き次第すぐに降りれるように準備をする。

ロシアもカザフスタンも大都市ではバスカードで運賃を払うシステムが導入されているが、地方都市になるとまだそのシステムがなく、Кондуктор(コンドゥクトル)という運賃集めの人がいて、お金を集めに来るというシステム。

 

Передайте проезд(ペレダーイチェ プライェズド): 「運賃を手渡してください」の意味。

※満員バスの場合は隣の人に運賃を渡して、コンドゥクトル(運賃を集めに来る人)または運転手まで手渡しする必要がある場合もあり。こういう言葉が聴こえたらペレダイチェと近くの人にお願いする。

Есть …バス停の名前? (イェスチ バス停の名前?): …下車の人はいますか?

※あまり下車する人が多くないバス停はあらかじめこのように車内で聞かれることがある。誰もいないとそのままそのバス停はスルーする。なので、自分のバス停についてこのように聞かれたら「ダー!」または「イェスチ!」とはっきり答えて降りることをアピールする

Сказите остановку …バス停の名前(スカジーチェ アスタノーフク バス停の名前): …のバス停を教えてください

※いつ降りたらいいか分からない場合は、コンドゥクトル(運賃を集めに来る人)または運転手にあらかじめこのように伝えて、バス停が近づいたときに教えてもらえるようにする。ただし忘れられることもあるので(オイオイ!)、自分で地図を確認するか、近くの人にも再度聞いたりするのが賢明。

Выходите?(ヴィホーヂチェ?): 次降りますか?

※混雑しているときには、降り口付近を下車する人のために空ける必要がある。自分の後ろの人や隣に座っている人にこのように聞かれたら、自分も降りる場合はダ、と言って降りる準備をする。自分は降りない場合はニェットと言って、通してあげる必要がある。

Остановитесь!(アスタナヴィーチェシ!): 止まってください!

※降りようと思っていたのにドアが閉まって発車しそうになったら、大きな声でアスタナヴィーチェシ!というと、多分もう一度止まって開けてくれる。

Помогите(パマギーチェ): 助けてください。

※重い荷物を降ろさないといけないときなどは近くの人にパマギーチェと言って、手伝ってもらう

 

 

タクシーのよくある乗り方

メーターが付いているようなタクシー会社が運営するものはいいが、個人タクシーの場合は「どこどこまでいくらですか?」とあらかじめ聞いて、合意した後に出発する。

Сколько стойт до …行き先(スコーリカ ストーイット ド 行き先): ~までいくらですか?

На этот адрес, пожалуйста(ナエータット アードレス、 パジャールィスタ): この住所にお願いします

 

 

カザフスタンのようなニッチな国に旅行する方はあまり多くないですが、今年(2017年)には首都アスタナで万博が開催されるため、日本からの旅行者も増えるかもしれませんね。「ついでに他の都市も見てみよう」なんていう旅心のある方はこの記事の単語が役に立つかも?

アスタナは急ピッチで開発が進んでおり、ものすごい派手で成金っぽくて圧倒される街(笑)になってきています。夜のイルミネーションは一見の価値ありです。

万博情報はこちら(英語): EXPO 2017

work

初対面でロシア人に聞かれそうな質問と答え方4-教育や仕事について

「初対面でロシア人に聞かれそうな質問と答え方」の第4弾、今回は「教育や仕事について」です。ロシアやその周辺国にはあまり日本人が多くいるわけではないので、現地の人が日本人を見ると、仕事か留学で来ているだろうと思うことが多いようです。

なので「仕事で来ているのか」「ここで何を勉強をしているのか」などと聞かれたときの答え方を準備しておくといいですね。

余談ですが、男性の場合は街中で警察に呼び止められることもあるようです。「ここで何をしているのか」と。そういう時のためにも、自分の滞在目的を言えるといいと思います。女性の私は幸い一度もなかったですが…。

では早速ここから始めましょう!

「何をしているのか」という質問とその答え方

ここで何をしているのですか? Чем вы занимаетесь здесь?

таняЧем вы занимаетесь здесь? 
チェム ヴィ ザニマーエチェシ?」
ここで何をしているのですか? 

Я путешествую.
「ヤー プチェシェーストゥヴユ」
旅をしています。

ЛенаЯ учусь в университете.
ヤー ウチューシ ヴウニヴェルシチェーチェ」
大学で勉強しています。

ЛенаЯ работаю.
「ヤー ラボータユ」
仕事しています。

質問は直訳すると「ここで何に従事しているのですか?」という意味になりますが、 「何をしているのか?」ということを聞かれているので、答え方は上のような感じで通じます。

 

学生ですか? Вы учитесь?

таняВы студентка?
ヴィ ストゥヂェントカ?」
あなたは学生ですか?

ЛенаДа, я студентка.
ダー、ヤーストゥヂェントカ」
はい、学生(女子)です。

таняВы учитесь? 
ヴィ ウーチチェシ?」
あなたは勉強しているのですか?(=学生ですか?)

ЛенаДа, я учусь.
ダーヤー ウチューシ」
はい、学んでいます。(=学生です)

Нет, я учился в Японии.  Здесь работаю.
ニェッ、ヤー ウチールシャ ヴヤポーニィ。 ズヂェシ ラボータユ」
いいえ、日本で教育を受けました。ここでは働いでいます。

どちらも同じ「学生かどうか」を聞かれる質問ですが、個人的には二番目のУчитесь? という言い方のほうでよく聞かれたたような気がします。

 

どこかで働いているんですか?Вы работаете где-нибудь?

таняВы работаете где-нибудь?
ヴィ ラボータエチェ グヂェーブーチ?」
どこかで働いているんですか?

Да, работаю в японской фирме.
ダー、 ラボータユ ヴヤンスカイ フィールメ」
日系企業で働いています。

ЛенаНет, не работаю. Я здесь учусь.
ニェッ、 ニェ ラボータユ。 ヤー ズヂェーシ ウチューシ」
いいえ、働いていません。ここでは学生です。

 

教育の背景について

どんな教育を受けたのですか?Какое у вас образование?

таняКакое у вас образование?
「カコーエ ウヴァース オブラゾヴァーニェ?」
どんな教育を受けたのですか?

У меня высшее образование.
「ウミニャー ヴィスシェイェ オブラゾヴァーニェ」
私は高等教育を受けました(=大学を卒業しました)

Я закончил университет.
ヤー ザンチル ウニヴェルシチェート」
大学を卒業しました

ЛенаУ меня среднее образование.
「ウミニャー スレードニェイェ オブラゾヴァーニェ」
私は中等教育を受けました(=高卒です)

 

専門は何ですか? Какая у вас специальность?

таняКакая у вас специальность?
「カカーヤ ウヴァース スペツィアーリノスチ?」
専門は何ですか?

Архитектура
「アルヒテクトゥーラ」
建築です。

ЛенаПедагогика
「ペダギカ」
教育学です。

その他の例を挙げると…

  • 法学 「ユリヂーチェスカイェ」 Юридическое
  • 情報工学 「インフォルマーティカ」 Информатика
  • 医学 「メディツィーナ」 Медицина

など。

 

どんな専門ですか? На кого учитесь?

таняНа кого учитесь?
「ナカヴォー ウーチチェシ」
どんな専門ですか?

直訳は「何になるために勉強しているのですか?」という意味の質問です。学生さんは必ず覚えておいてください。かなり頻繁に聞かれるはずです。

ЛенаНа учителя.
「ナ ウチチェリャー
教師 です。

На инженера.
「ナ インジェニェーラ」
エンジニアです。

その他

  • 法律家 「ナ ユスタ」 На юриста
  • プログラマー 「ナ プログラスタ」 На программиста
  • 医師 「ナ ヴラチャー」 На врача

など。

 

仕事について

何の仕事をしているのですか? Кем работаете?

таняКем работаете?
ム ラボータエチェ」
何の仕事をしているのですか?

直訳だと「誰として働いているのか?」。「誰として」という問いに対して、どんな仕事上の立場で働いているか答えます。

ЛенаРаботаю учителем.
「ラボータユ ウチチェリェム」
教師として働いています。

Работаю инженером
「ラボータユ インジェニェーラム」
エンジニアとして働いています。

その他…

  • юристом 「ユスタム」 法律家として
  • программистом 「プログラスタム」 プログラマーとして
  • врачом 「ヴラチョム」 医者として
  • директор компании 「ディクトラム コンパーニイ」 社長として

あるいは У меня свой бизнес. 「ウミニャー スヴォイ ズネス」 自分のビジネスがあります(自営業などの場合)

 

給料はどれくらいですか?Сколько получаете зарплату?

таняСколько получаете зарплату?
「スコーリカ ポルチャーエチェ ザルプラートゥ?」
給料はどれくらいもらっているの?

Это секрет
エータ スェクレート」
秘密です

ЛенаВ месяц около 3000 долларов.
「ヴ メーシャツ オーカラ トリー ティーシャチ ドーララフ」
月3000ドルくらいです。

給料のことなんて初対面で聞いてくるか!?と思うかもしれませんが、ロシア人は結構平気でお金の話をするので一応。そのほかにも、家賃はいくら払っているのかとか、大学の授業料はいくら払っているのかとか、色々聞いてきます(笑)

 

 

以上、今回は教育と仕事関係の質問と答えでした。お疲れ様でした!

初対面でロシア人に聞かれそうな質問と答え方3-家族構成について

family

こんにちは!今回は「初対面でロシア人に聞かれそうな質問と答え方」のシリーズの第3回、家族構成についてです。

ロシア人は初めて会った人にも自分の家族のことを話すのが結構好きだと思います。「うちの息子は成績優秀で、法律家として働いていて、本当に立派なの」と褒めちぎる自慢話なこともあれば、「うちの息子は飲んだくれで仕事もしないし、奥さんと子供に逃げられ・・・」と涙しながら我が息子のダメっぷりを切々と語る人もいます。

あとは嫁の話、あるいは姑の話もよく話題にでてきます。こういう世間話を全部理解するのは結構「難」ですが、夫、妻、親、子供、嫁、姑といった家族の成員の呼び方をロシア語で覚えておくと、誰のことを話しているのか、あるいは誰の事について聞かれているか分かるので押さえておきたいところですね。

親と兄弟について

両親はいますか?Есть родители?

質問:Есть родители?イェスチ ラヂーチェリ?」(両親はいますか?)

答え:Есть. Они в японии. 「イェスチ。 アニー ヴヤポーニィ」(います。日本に住んでいます。)

У меня только мама. Отец умер.「ウミニャー トーリカ マーマ。 アチェツ ウーメル」(母親だけいます。父親は亡くなりました)

最初こういう質問をされたときは「???親?いるに決まっているじゃないか」と思っていたのですが、ロシアや周辺国では離婚が多かったり、事故や病気で親を早くに亡くすこともあったりで、若くても片親しかいないとか両親ともいない人が結構います。なので、こう質問されたら驚かずにさらっと答えましょう。

 

大家族ですか?У вас большая семья?

質問:У вас большая семья?「ウヴァス バリシャーヤ スィミヤー?」(大家族ですか?)

答え:Да, у нас четвера детей.「ダー。ウナース チェートヴェラ ヂェチェイ」(はい、四人子供がいます)

Нет, только родитель и один брат и я.ニェット、トーリカ ラヂーチェリ イ アン ブラット イ ヤー」(両親と兄一人と僕だけです)

 

兄弟はいますか?У вас есть брат или сестра?

質問:У вас есть брат или сестра?「ウヴァース イェスチ ブラット リ スェストラー?」(兄弟か姉妹はいますか?)

答え:Да, у меня один брат и две сестры. 「ダー、ウミニャー アン ブラット イ ドゥヴェー スェストリィ」(はい、兄(弟)が一人と姉(妹)が二人います)

Нет, я один. 「ニェット、ヤー アン」(いいえ、一人っ子です)

※ロシア語では兄弟、姉妹という場合、従兄弟、従姉妹のことを指す場合もあります。従兄弟はдвоюродный брат、従姉妹はдвоюродная сестраというのですが、単にбрат、сестраだけで従兄弟・従姉妹まで含むことがあるので念のため。。

 

結婚ステータスについて

結婚していますか?Вы женаты? Вы замужем?

この質問は男性に対してか女性に対してかで言い方が変わります。

男性に対しての場合

質問:Вы женаты? 「ヴィ ジェナーティ?」(結婚していますか?)

答え:Да, я женат. 「ダー、ヤー ジェナート」(結婚しています)
Нет, я не женат. 「ニェット、ヤー ニェ ジェナート」(結婚していません)

 

女性に対しての場合

質問:Вы замужем? 「ヴィ ザームジェム?」(結婚していますか?)

答え:Да, я замужем.  「ダー、ヤー ザームジェム」(結婚しています)
Нет, не замужем. 「ダー、ヤー ザームジェム」(結婚しています)

 

結婚したくないんですか?Не хотите жениться/ выйти замуж?

割とこういう質問、平気でしてきます。特に30歳前後で結婚していない(あるいは一度も結婚したことがない)というのはロシア方面では珍しいことなので、独身のころはしょっちゅうこういう質問をされていました。。。

質問(男性に対して):Не хотите жениться?「ニェ ハチーチェ ジェニッツァ?」(結婚したくないんですか?)

質問(女性に対して):Не хотите выйти замуж?「ニェ ハチーチェ ヴィイチー ザームシュ?」(結婚したくないんですか?)

答え:Нет, пока не хочу.ニェット、パカー ニェ ハチュー」(いいえ、今のところしたくありません)
Да, собираюсь.「ダー、サビラーユシ」(はい、そのつもりです ←近い将来に予定がある場合)

 

子供について

子供はいますか?Есть дети / ребенок?

質問:Есть дети / ребенок? イェスチ ヂェーチ/リビョーナク?」(子供はいますか?)

子供が一人の場合はребенок、二人以上の場合はдетиで、質問するときはどちらも使われます。

答え:Да, один мальчик.「ダー、アヂン マーリチク」(はい、男の子が一人)

У меня двое детей.「ウミニャー ドゥヴォーエ ヂェチェイ」(二人子供がいます)

Пока нет. 「パカー ニェット」(今のところいません)

Нет и не будет.ニェット、イ ニェ ブーヂェット)」(いいえ、予定もありません)

 

「~がいる」という表現に使える у меня …

家族についての話で「○○がいる」という表現は、これまでの例文でもよく出てきたように

У меня (家族の成員)

と言えば通じます。

 

「夫がいます」 → У меня муж 「ウミニャー ムーシュ」

「息子がいます」 → У меня сын 「ウミニャー スィン」

「姉がいます」 → У меня сестра 「ウミニャー スェストラー」

など。 У меня… に続く単語は語尾を変化させる必要もないので簡単^^

 

自分が良く使うものだけでもピックアップして覚えておくといいと思います。

家族の成員の単語集

夫:Мужムーシュ」

妻:Женаジェナー」

父:Отец (Папа)「アチェッツ」(パーパも良く使われる)

母:Мать (Мама)「マーチ」(マーマも良く使われる)

娘:Дочь (Дочка) 「ドーチ」(ドーチカもよく使われる)

息子:Сын 「スィン」

兄:Старший брат 「スタールシィ ブラット」

弟:Младший брат (Братишка)「ムラートシィ ブラット」 (ブラチーシュカもよく使われる)

姉:Старшая сестра「スタールシャヤ スィストラー

妹:Младшая сестра (Сестрёнка)「ムラートシャヤ スェストラー」 (スェストリョーンカもよく使われる)

祖父:Дедушка「ヂェードシュカ」

祖母:Бабушка「バーブシュカ」

孫:Внук, Внучка, Внуки「ヴヌーク(男)、ヴヌーチカ(女)、ヴヌーキ(複)」

親:Родитель「ラヂーチェリ」

子供:Ребенок, Дети「リビョーナク(単)、ヂェーチ(複)」

姑(夫の母親):Свекровь「スヴェクローフィ」

嫁: Снаха「スナハー」