LIFE

日本では馴染みがなかったけど、飲みやすくて体も喜ぶハーブティ4種

セルビアに来てから毎日ハーブティを飲むようになりました。 セルビアでは「チャーイ」(お茶の意)といえば、紅茶ではなくハーブティのことを基本的に指します。さほど大きくないスーパーの場合、ハーブティは15種類くらいは置いてあるのですが、紅茶はないことが多いです。それくらいハーブティがここでは生活に浸透していて、お茶の時間に・・・

LIFE

自他ともに認める?怠惰の国モンテネグロの十戒がすごすぎて笑える

モンテネグロっていう国を知っていますか? 旧ユーゴスラビア連邦の一部であり、2006年にセルビア・モンテネグロ共和国から独立した人口62万人(2013年)ほどの小さな国です。アドリア海沿いの風光明媚な景色が自慢で世界遺産もあり、お金持ちのロシア人がこぞって別荘を持つ観光地でもあります。   私はまだ観光するチ・・・

LIFE

大好きなセルビア。これからも住みたいけど、でもこれだけはちょっと勘弁!な3つのこと

ベオグラードに来てから1年3カ月たちました。セルビア語にもだいぶ慣れてきて、通常の暮らしにはさほど困らなくなったり、現地の人の会話が分かるようになってきたこの頃。 私たち夫婦はベオグラードの生活にはかなり満足しているほうで、今後もしばらくここに滞在し続けたいと思っていますが、慣れてきたからこそ見聞きするセルビアの良くな・・・

LIFE

人参りんご生ジュースを1ヶ月毎日飲んだ効果が思いのほか良かったのでその経過を報告

「ジュースクレンズ」は今やセレブやモデルだけでなく、美容や健康に関心のある男女に広く浸透しているデトックス手段。 正統な「ジュースクレンズ」じゃないけど、それっぽいことを最近続けていて、結構いい効果が出ているので、ちょっとそのことを今回は書いています。効果には個人差があるのであくまで参考にという感じですが、興味があった・・・

LIFE

マケドニアの世界遺産、透明度高く輝くオフリド湖と旧市街は美・安・旨がそろった二度行きたい名所

もう一カ月半前になりますが、9月の初め、セルビア隣国のマケドニアにあるオフリド(Ohrid)という街に行ってきました。この夏初めてその存在自体を知った場所で、多分日本人ならよほど旅行し尽くしたような人が行く場所ではないかと思います。 そんな存在感の薄いオフリドですが、ネットで検索すると「おお~凄い綺麗そう!!!」と他の・・・

LIFE

格安でデザイン・スペックともに良い感じなセルビア国産ブランドTESLAのタブレットを買ってみた

セルビアに来て半年たったころ、何気なくショッピングセンターでスマホやタブレットを見ていたらTESLAという名前がついた製品が幾つかありました。 これ、実はセルビア産のテクニカブランドなんです。   セルビアが誇る天才科学者ニコラ・テスラにちなんでつけられたメーカー名だと思いますが、「そもそもセルビアってこんな・・・

LIFE

ベオグラードの人工島Ada Ciganlijaはふらっと行って自然を楽しめるお勧めスポット

セルビアの首都ベオグラードは夏本番。 子供たちも夏休みに入り、暑さにつかれた大人たちも休みが欲しいな~という気分になっています。   2週間も休暇をとれる人たちは近場で美しい海のあるギリシャやモンテネグロ、クロアチアなどへ出て行ってしまいますが、 ちょっとした空き時間にふらっと自然の空気を吸いに行きたい、 ち・・・

LIFE

ベオグラードの孤島「Veliko ratno ostrvo (大戦争島)」は地元っ子も大好きなお散歩コースだった

暑くなりました。昼間は30度を超える日々が続いています。 曇っていると湿度が高く、日本の東京近辺を思い出すモワっとした暑さ。 初めてのベオグラードの夏ですが、思った以上にカラッとしていません(笑) そんな暑さですが、街行く人々を見るとなんだか夏が来て嬉しそう。 そもそもセルビア人は外の空気を吸いながら休憩するのが大好き・・・

LIFE

絶品ジューシーなセルビアの肉料理を楽しめるベオグラードのお手ごろレストランZavicaj

セルビア人は肉料理をこよなく愛する国民。 この国の肉はどれもおいしいのだが、最もよく食べられているのは豚肉で、最も安く最も美味しい肉だと現地のセルビア人も言っている。豚肉以外では、鶏肉、牛肉、子牛肉、ラム肉などが食されている。 セルビア人は「肉の旨い料理の仕方を知っている。」と心から思う。 現地のセルビア人がこよなく愛・・・

LIFE

海外に長期で住むことになったら…これだけは日本から持っていきたい必需品10選

早いもので海外在住歴が約5年になりました。必要なものはほぼ現地調達できるようになってきましたが、いまだに「日本のものではないと…ツライ」というものが幾つかあります。ほとんどの場合、欲しくなるのは消耗品。 もちろん、日常使う消耗品なので現地でも売っているのですが、 日本と同じくらいの値段で買おうとするとクオリティが低い ・・・

LIFE

ページの先頭へ