ロシア語での月を覚えよう。年月日の言い方、日付を使った例文もご紹介

前回のロシア語の曜日に続いて、今回はロシア語での、年月日、日付の言い方をご紹介します。

ロシア人にとっては、日本語での月の言い方が1月、2月、…と「数字+”月”」で成り立っているのは結構驚きのようで、何度かロシア人に「なんで?」と聞かれたことがあります。思い出せば、日本にも昔は「卯月、睦月」など独特の呼び名があったな~なんていうことを思い出したり。

少し脱線しましたが、ロシア語の月は、英語での月の言い方と似ているので覚えるのはそんなにつらくないと思います。記事の後半では、年月日の言い方、日付にまつわる会話例文などもご紹介していきます。

 

ロシア語の月

  ロシア語 読み方
1月 Январь ヤンヴァー
2月 Февраль フェヴラー
3月 Март マールト
4月 Апрель アプリェー
5月 Май マー
6月 Июнь ユー
7月 Июль ユー
8月 Август アーフグスト
9月 Сентябрь センチャーブリ
10月 Октябрь アクチャーブリ
11月 Ноябрь ヤーブリ
12月 Декабрь カーブリ

響きは英語とずいぶん違いますが、何となく似ていますよね!?ただ、ロシア語の問題は、これらの月を会話の中で使おうとすると、例によっていちいち格変化させないといけないことです。どんな風に変化するのか、例文で見ていきましょう。

 

年を言うときのロシア語例文

「何年生まれですか?」「95年生まれです」

Вы какого года рождения? – Девяносто пятого года.

発音:「ヴィ カコーヴァ ゴーダ ラジヂェーニヤ?」「ヂヴィノースタ ピャータヴァ ゴーダ」

※какого と聞かれているので、答えるときの年号の最後の数字はそれに合わせて生格(ここではпятого)になります。

 

「いつ大学を卒業したの?」「2014年の春に。」

Когда ты завершил(а) университет? – В две тысячи четырнадцатом году.

発音:「カグダー ティ ザヴェルシール(女性:ザヴェルシーラ) ウニヴェルシチェット?」「フ ドゥヴェー ティーシャチ チッティールナッツァッタム ガドゥー

 

「2014年から2017年までモスクワに住んでいました」

Я с две тысячи четырнадцатого до семнадцатого года жил в Москве.

発音:「ヤー ス ドゥヴェー ティーシャチ チッティールナッツァッタヴァ ド シムナーツァタヴァ ゴーダ ジール ヴ マスクヴェー

 

ロシア人はとにかく「いつ何があったか」という話をするときに、「●年前に…」という言い方ではなく「20xx年に…」と年号でいう人が多いです。歴史の出来事(いつ革命が起きたかとか)っていう話はもちろん、いつ学校を卒業したかとか、いつからこの仕事に就いたかとか、いつトルコに旅行に行ったかとか、自分のことに関してもです。

自分の履歴書がいつも頭に入っているんじゃないか…というくらい、詳細に「何年に何があった」といえる人が結構いて、ただひたすら驚いていました。私といえば、そういう質問をされても…「えっと…あれは確か5年位前だったかな」という感じでしか答えられず「それは何年?」と聞き返されてまた頭がぐるぐる回ってしまうことも多々…。しかも、年号を言うのにあの長ったらしい「ドゥヴェー ティーシャチ チッティールナッツァッタヴァ…」みたいなのを発音しなくてはならないかと思うと、それだけでもうガクッと疲れが…。

ロシア人とこういう会話をするときは要注意ですね(笑)

 

月に関するロシア語例文

「8月にハワイに行くんだ」

Я полечу в Гавайи в Августе.

発音:「ヤー パレチュー ヴ ガワーイ ヴ アーフグスチェ」

※「~に行く」というとき、ロシア語では歩きで行くのか、乗り物(陸上)でいくのか、飛行機で飛ぶのかによって、使う単語が違います。ハワイには基本飛行機で行くので、今回は「飛ぶ」という単語を使います。

 

「10~12月まではものすごく忙しくなりそう」

С Октября до Декабря месяца возможно буду очень занят(а) .

発音:「ス アクチャブリャー ド ヂカブリャー ヴァズモージュナ ブードゥー オーチン ザーニャト(女性:ザニター)」

 

「毎年1月の初めに帰省しているんだ」

Каждый год в начале Января я возврашаюсь на родину.

発音:「カージディー ゴッド ヴ ナチャーレ ヤンヴァリャー ヤー ヴァズヴラシャーユシ ナ ローヂヌ」

 

「2月のロシアはどれくらい寒いの?」「僕が住んでいるところはマイナス15度くらいだよ。」

Насколько холодно в России в Феврале? – Где я живу обычно минус пятнадцать градусов.

発音:「ナスコーリカ ホーラドナ ヴ ラッシーィ ヴ フェヴラリェー?」「グヂェー ヤー ジヴー アブィッチナ ヌス ピャトナッツァッチ グラードゥサフ」

 

日付に関するロシア語例文

「生年月日を言ってください。」「1995年3月12日です。」

Скажите пожалуйста, вашу дату рождения? – Двенадцатого Марта, тысяча девятьсот девяносто пятого  года.

発音:「スカヂーチェ パジャールィスタ ヴァーシュ ダートゥ ラジヂェーニジャ」「ドヴェナッツァタヴァ マールタ ティーシャチャ ヂヴャチソート ヂヴィノースタ ピャータヴァ ゴーダ」

 

「毎月10日が給料日です」

Я получаю зарплату десятого числа каждого месяца.

発音:「ヤー ポルチャーユ ザルプラートゥ ヂヴァータヴァ チスラー カージダヴァ メーシャッツァ」

 

「8月1日~15日まで夏季休暇をとります。」

У меня будет летный отпуск с первого до пятнадцатого Августа.

発音:「ウミニャー ブーヂェット トニィ オートプスク ス ピェールヴァヴァ ド ピャトナッツァタヴァ アーフグスタ」

 

「今日は何日だっけ?」「12日だよ」

Какое сегодня число? – Сегодня двенадцатое.

発音:「カコーェ セヴォードニャ チスロー」「セヴォードニャ ドヴェナッツァタェ」

※日にちを聞くときはКакое число?、曜日を聞くときはКакой день?となります。

 

いやはや、今回の例文を作って夫に添削してもらったら、数字の語尾変化を結構直されました。。普段会話で使う分にはтысачаかтысачиかなど全く意識せずに言ってるので(そもそもネイティブが話すと速すぎて-aなのか-иなのかなど聞き取れないことも多々)、たまに書くと「あれ…?」となってしまいました。

ロシア語はこういうところが難しくて面倒くさい…。お疲れ様でした。

ロシア語で曜日を覚えよう。覚え方、例文もご紹介

今回はロシア語で、曜日の単語をご紹介します。英語と違って馴染みがなく覚えにくいロシア単語ですが、曜日を覚えるのはちょっとしたコツをつかむと比較的簡単に覚えられました。その覚え方も併せてご紹介したいと思います。

ロシア語の月曜日~日曜日

ロシア語 読み方
月曜日 понедельник パニヂェーリニク
火曜日 вторник トールニク
水曜日 среда スレダー
木曜日 четверг チェトヴェールク
金曜日 пятница ピャートニッツァ
土曜日 суббота ボー
日曜日 воскресенье ヴァスクレセーニェ

 

ではここから、私自身が覚えたときの覚え方をご紹介します。かなり「こじ付け」なところもありますが、あしからず…。

Понедельник(月曜日)の覚え方

まず月曜日、Понедельник(パニヂェーリニク)です。

一週間のことをロシア語ではНедель(ニェヂェーリ)というのですが、月曜日は週の始まりなのでこの週という単語Недельを使ってПо-недель-ник → Понедельник (パニヂェーリニク)と覚えます。

ちょっと最初から「こじ付け」間半端ないですが、火曜日からはもっと覚えやすいはずです。。

 

Вторник(火曜日)の覚え方

火曜日は週の2番目の日。ロシア語で2番目はВторой(フタィ)といいます。週の2番目の日なので、Втор(ой) + ник → Вторник(フトールニク)と覚えます。

 

Среда(水曜日)の覚え方

水曜日は週の半ばですね。ロシア語でСредный(スレードニィ)は真ん中とか平均とかいう意味があります。週の真ん中の日なので、Сред(ный) + a → Среда(スレダー) と覚えます。

 

Четверк(木曜日)の覚え方

木曜日は週の4番目の日。ロシア語で4番目はЧетвертый(チェトヴョールティ)といいます。週の4番目の日なので、Четвер(тый) + г → Четверг(チェトヴェールク)と覚えます。

 

Пятница(金曜日)の覚え方

金曜日は週の5番目の日。ロシア語では5番目はПятый(ピャーティ)といいます。週の5番目の日なので、Пят(ый) + ница → Пятница(ピャートニッツァ)と覚えます。

 

Суббота(土曜日)の覚え方

Суббота(スボータ)という単語は、もともとはユダヤ人の「安息日」を意味する言葉です。それと関連付けて、土曜日は5日間の仕事を終えて休息をとる日(そうじゃない人もいっぱいいますが…)はСуббота(スボータ)と覚えます。

あと、ロシアや旧ソ連圏では、春先や秋口の土曜日に、住民や学校の生徒たちが皆で街のごみ掃除をする日というのがあります。昔(ソ連時代)は土曜日に行われるのが習慣だったので、Субботник(スボートニク)と呼ばれています。

 

Воскресенье(日曜日)の覚え方

Воскресенье(ヴァスクレセーニェ)は、「復活」の意味のВоскресение(ヴァスクレセーニイェ)や「復活させる、元気を取り戻させる」という意味のВоскрешать(ヴァスクレシャーチ)といった単語と関連があります。なので、Субботаでゆっくり休んで、Воскресеньеに元気を取り戻すみたいなイメージで覚えました。

 

といった感じですが、まぁ何もヒントがないよりは覚えやすいかと…。参考にしてみてください。以下では曜日にまつわる例文をいくつかご紹介します。

 

曜日を使った例文集

「今日は何曜日?」「月曜日だよ」

Какой день недели сегодня? – Сегодня – понедельник.

発音:「カコーイ ヂェーニ ニェヂェーリ セヴォードニャ?」「セヴォードニャ パニヂェーリニク」

 

「金曜日に会うって約束してたっけ?」「いや、木曜日だよ」

Мы договорились встретиться в пятницу? – Нет, в четверг.

発音:「ムィ ダガヴァリーリシ フストレーチッツァ フ ピャートニッツ?」「ニェッ、フ チェトヴェールク」

※「●曜日に」というときは、в + (体格) なので、女性形のсреда, пятница, субботаは、а が у に変化します。それ以外の男性・中性形はそのままです。

 

「今週の水曜ではなく、来週の水曜日にお会いしましょう。」

Увидимся не в эту среду а в следующую.

発音:「ウヴィーヂムシァ ニェ フ スレードゥ ア フ スレードゥユシュユ」

 

「火曜日から土曜日まで雨になるらしいよ」

Говорят что со вторника до субботы будет дождь.

発音:「ガヴァリャット シト サ フトールニカ ド スボーティ ブーヂェット ドーシチ」

※「~から」は с (со) + (曜日の生格)、「~まで」は до + (曜日の生格)です。

 

「毎週日曜日に市場で買い物するんだ。」

Я делаю покупки на рынке по воскресеньям.

発音:「ヤー ヂェーラユ パクープキ ナ リィンケ パ ヴァスクレセーニャム」

※「毎週●曜日に」という場合は、по +(曜日の複数形の前置格)となります。

 

次回は曜日に続いて、ロシア語の月と日時の言い方をご紹介したいと思います!

基本単語なのに随分まぎらわしい!?「学ぶ」という意味のロシア語 Учить, Учиться, Изучать の違い

ロシア語を学んでいる人なら、かなり早い段階で教わるであろう「学ぶ」「勉強する」を意味するロシア語の単語、 Учить と Учиться と Изучать。特に深く考えずに使っていたのですが、ふと先日、この場面ではあの場面では…と考え始めたら深い深い。

特に、Учить という言葉は場面によっては「学ぶ」ではなく「教える」という意味にもなってしまう、かなり意味不明な単語です(汗)。以前、ロシア人の友達に英会話の練習相手をさせられることが時々あったのですが、I study English. というべきところを、I teach English. と間違えるケースがよくあり、頭の中が「????」でいっぱいになっていました。今考えると、辞書を見てこのУчитьの英訳をTeachと間違えていたんだろうなぁと…。

ということで、今回はУчить と Учиться と Изучать の違いについて調べた結果から、特に分かりやすかった説明をピックアップしてまとめてみました。良かったら記事最後の原文のサイトも併せてチェックしてみてください。

 

まず初めに読み方と格変化をおさらい

まずはУчить, Учиться の変化形をおさらいの意味を含めて載せておきます。

  • Я учу / учусь  ヤー ウチュー/ウチュー
  • Ты учишь / учишься ティ ウーチシ/ウーチシシャ
  • Он / Она учит / учится ン/アナー ウーチッ/ウーチッツァ
  • Мы учим / учимся ムィ ウーチム/ウーチムシャ
  • Они учят / учятся アニー ウーチャッウーチャッツァ

 

Учить と Учиться の違い

Если «учить», то мы можем «что-то учить»- «я учу немецкий язык, ты учишь русский язык, кто-то учит английский язык», но мы не можем сказать: «Я учусь английский язык», тогда мы, правда, можем сказать: « Я учусь английскому языку», но это будет очень литературно.

учить という単語を使うなら、учить что という形で使う。例えば、

я учу русский язык. 「ロシア語を学んでいる」

 

一方、учиться の場合は以下のような形、учиться чему になる。

〇 正しい: Я учусь русскому языку. 「ロシア語を学んでいる」

× 間違い: Я учусь английский язык

 

つまり文法的には、учить что = учиться чему です。ただし、учиться чему の言い方はとても文学的だそうなので、日常会話では、учить что を使ったほうがよさそうです。

 

「どこで」「どんな具合に」学んでいるかを言う時はかならず Учиться を使う

мы всегда говорим «учиться», если мы говорим, где мы учимся, скажем: «Я учусь в школе», «Она учится в университете». И также мы употребляем «учиться», когда мы говорим «как»: «Он учится хорошо, она учится плохо»- вот тогда мы можем… «где и как?»- вот тогда мы употребляем «учиться»

以下のように、どこで学んでいるか、どんな具合に学んでいるか(=成績がいいか悪いか)を言う場合には、учитьсяを必ず使う。

私は学校で勉強している(=学校に通っている/小(中, 高)校生だ の意も含む)

〇 正しい: Я учусь в школе.

× 間違い: Я учу в школе.

 

彼女は大学で勉強している。(=彼女は学生だ の意も含む)

〇 正しい: Она учится в университете.

× 間違い: Она учит в университете.

 

彼はよく勉強している(成績が良い)、彼女はちゃんと勉強していない(成績が悪い)

〇 正しい: Он учится хорошо, она учится плохо.

× 間違い: Он учит хорошо, она учит плохо

 

Изучатьは学問的、Учитьはより具体的

Можно «изучать немецкий язык», можно «учить немецкий язык». Но если, скажем, какие-то слова, то мы «учим слова», не «изучаем слова, а учим». «Изучать» – это более масштабно, более большое.

英語と比較すると、
Изучать = to study, to master something
Учить = to learn something

Изучатьには「研究する」というような意味合いも含まれ、大学で何かの学問を学ぶときや、何かの科学分野について勉強するときなどに使われることが多い。言語についても изучать немецкий язык 「ドイツ語を勉強する」というように使うことはできるが、大学の外国語学科でドイツ語を勉強している、というようなニュアンスに近くなる。

一方、Учитьはより具体的でスケールの小さいことについて使うことが多い。例えば、「単語を学ぶ(=覚える)」というようなときは、я учу слова. と言うのが正しい。

 

言語を学ぶということについては、Я изучаю русский язык. よりも  Я учу русский язык. (ロシア語を学んでいます)ということのほうが断然多いように思います。

 

場合によっては「教える」の意味になる Учить

if I say, “Я учусь разговаривать по-английски”, it will mean “I ‘ve been learning to speak English” (I’m a student), but if I say,” Я учу разговаривать по-английски”, it will have the different meaning “I ‘ve been teaching to speak English” (I’m a teacher).

具体的な行動・活動が後に続く場合

前述のとおり、Учить には「学ぶ」という意味がありますが、具体的な行動・活動が後に続く場合は「教える」という意味になります。例えば、次のような場合。

「私は英語で話すことを(生徒に)教えている(=英会話を教えている)」

Я учу разговаривать по-английски.

この時の「私」は教える立場の先生ということになります。

 

一方、私は英語で話すことを学んでいる(=英会話を学んでいる)と言いたい場合は、

Я учусь разговаривать по-английски

と、Учитьсяを使うことになります。

 

誰に何を教えているかを具体的に示す場合

例えば以下のように、「誰に」「何を」という具体的な情報が入る場合も「教える」の意味になります。

文法的に言うと учить кого-что чему の場合です。

「お母さんは息子に読むことを教えている」

Мама учит сына читать.

この場合も「お母さん」は学ぶ側ではなく教える立場となります。

 

Учитьの完了体のВыучить(習得する)と Начуить(教える)

«выучить» – это глагол, когда ты учишь до конца, до какого-то результата

Учитьは継続した過程を表す不完了体の単語なので、「学ぶ」という過程にしても、「教える」という過程にしても、まだ完全に学びきっていない、教えきっていない状態になります。これに対し、完了体のВыучить(習得する)は、学ぶ過程が完了した、つまり習得した状態について使います。

例)あなたはロシア語を完璧に習得しました

Вы савершенно выучили русский язык.

 

Учитьのもう一つの完了体、 Начуить(教える)も、教える過程が完了した状態について使います。

例)お母さんは娘にケーキの作り方を教えた。(娘はもうケーキの作り方を知っていることになる)

Мама научила дочке приготовить торт.

 

 

まとめ

1.「ロシア語を学んでいる」は、Учить, Учиться の両方が使えるが、その後に来る単語の格変化に注意。

Я учу русский язык. ←こっちのほうが一般的

または Я учусь русскому языку.

 

2.どこで、どんな具合に学んでいるかを言う場合は、Учитьсяを使う

Я учусь в университете. 「私は大学で学んでいます。(大学生です)」

Я учусь очень хорошо. 「私はとてもよく学んでいます。(成績がよいです)」

 

3.Изучать は研究する・マスターするといった意味合い

Я изучаю русский язык. だと、ロシア語を学問として学んでいる、本格的に学んでいるという感じになる。

 

4.誰に何を教えているか、具体的に教える内容が説明される場合、Учитьは「教える」の意味になる。

Я учу студентом разговаривать русский язык.「私はロシア語会話を生徒たちに教えています」

 

5.Учитьの完了体 Выучить(習得する)とНаучить(教える)

Я выучил русский язык. 「僕はロシア語を習得した」

Я научила ей готовить кушать. 「私は彼女に料理を教えた」

 

参考サイト

対話形式でУЧИТЬ, УЧИТЬСЯ, ИЗУЧАТЬ の違いについて解説しています。
→ https://www.lingq.com/ru/lesson/uchit-uchitsia-i-izuchat-272851/

учить, учиться, изучить и выучить, начуить の違いについて色んな人が答えを書いているページ
→ https://www.italki.com/question/224495?hl=ru

 

注:この記事を読んでよけいに混乱したらゴメンなさい。

ロシア語の数字を覚えよう100~1000、そして億まで

largenumbersこんにちは!ロシア語での0~100までの数字をご紹介した前回に引き続いて、今回もロシア語の数字の話です。

100から始まって、1000、1万、1億、10億までの大きな数字を載せました。普段どれくらい必要になるか・・・というと、さすがに億の話はそんなにでませんが(笑)

でもロシア人が大好きな(?^^;)金額の話や、年代、人口、距離を話題にするときにきっと役立ちますのでぜひ頭にいれておきたいですね。では早速始めましょう!

100~1000まで

1~9と100を覚えていれば規則性があるのでさほど難しくないです。発音は大きな文字のところを強く発音し、それ以外は軽く言います。

数字 ロシア語 発音(カタカナ) 発音(ラテン文字)
100 сто スト sto
200 двести ヴェースチ dvye-sti
300 триста リースタ tree-sta
400 четыреста チェティーリスタ chye-ty-rye-sta
500 пятьсот ピャチソー pyat-sot
600 шестьсот シェスチソー shest-sot
700 семьсот スェミソー syem-sot
800 восемьсот ヴォスェミソー vo-syem-sot
900 девятсот ヂェヴャチソー dye-vyet-sot
1000 тысяча ティースャチャ ti-sya-cha

 

1000~10000まで

2000は2と1000、3000は3と1000を組み合わせて言えばいいので難しくありません。ただし、тысячаの語尾が1000と2000~4000、5000以上で変化することに注意です(ロシア語ではこのように、1つ、2つ~4つと5つ以上で語尾が変わることが非常によくあります。)

数字 ロシア語 発音(カタカナ) 発音(ラテン文字)
1000 тысяча ティースャチャ ti-sya-cha
2000 две тысячи ヴェー ティースャチ dvye?ti-sya-chi
3000 три тысячи リー ティースャチ tree?ti-sya-chi
4000 четыре тысячи チェティーリ ティースャチ chye-ty-rye?ti-sya-chi
5000 пять тысяч ピャーチ ティースャチ pyat?ti-sya-ch
6000 шесть тысяч シェースチ ティースャチ shest?ti-sya-ch
7000 семь тысяч スェーミ  ティースャチ syem?ti-sya-ch
8000 восемь тысяч ヴォースェミ  ティースャチ vo-syem?ti-sya-ch
9000 девять тысяч ヂェーヴャチ  ティースャチ dye-vyet?ti-sya-ch
10000 десять тысяч ヂェースャチ  ティースャチ dye-syet ti-sya-ch

1万から10億まで

普段必要になるのは1万円台くらいですが、日本の「万」という単位からロシア語の単位に直すときに(英語もそうですが)大きい数字ほどゼロが足りなかったり多かったりと桁を間違えやすいので要注意。

数字 ロシア語 発音(カタカナ) 発音(ラテン文字)
10.000(1万) десять тысяч ヂェースャチ  ティースャチ dye-syet ti-sya-ch
100.000(10万) сто тысяч スト ティースャチ stoti-sya-ch
100万 миллион ミリ million
1000万 десять миллионов ヂェースャチ ミリオーナフ dye-syet?million
1億 сто миллион スト ミリオーナフ sto?million
10億 миллиард ミリアールド milliard

 

ロシア人は数字を使って話すのが好き

ロシア人は数字を使って会話をすることが好きな国民だと思います。「何年前の話か」ではなく西暦の年号で「1975年に結婚して、1978年に二人目の子供が生まれて・・・」のように自分の経歴までも履歴書を覚えているかのように何も見ずに皆さん話せます。(記憶力いいな、と思うこと多々あり)

なので、私も自分が西暦何年にカザフスタンに来て、何年に留学生活を終えて、何年に結婚して(あ、これはもちろん知ってますけど)っていうように全部覚えてないといけない。

お金の話も好きで、アパートを購入するのが5年前は平均1万ドルだったのが、今は3万ドルだしてもいいのは見つからないだの、というような値段の話は日常茶飯事。だから現地の人の会話を理解するのに大きな数字を覚えていることは結構重要だったりします。

さらに、日本の人口はどれくらいか、東京の人口はどれくらいかなどと、中学校や高校の記憶を掘り出さないといけないような質問をされることもあるので、そういうことを聞かれたときに「13 миллионов」とパシッとすぐに答えられると話がはずみます。

「ええっと、東京は1300万だから、100万単位にすると…」などと考えていると、話はどっか違う方向へ。。(何度も経験済み)

ということで、この二つの数字は最低限覚えておくといいと思います。

日本の人口:1億2730万人 ⇒ 約1.2億人とすると 120 миллионов людей(スト ドヴァッツァッチ ミリオーナフ リュヂェイ)
東京の人口:1335万人 ⇒ 約1300万人とすると 13?миллионов людей (トリナッツァッチ ミリオーナフ リュヂェイ)

(以上は本日2016.1.07付にGoogleで調べた検索結果に表示された数字です)

お疲れ様でした!何かわからないことや「ここ間違ってない?」っていう疑問がありましたらご連絡いただけると嬉しいです。ではまた!

ロシア語の数字を覚えよう!0と1~100まで

number1

こんにちは!今回はロシア語の数字1~100までをご紹介します。

旅行などでも数字が分かると買い物など役立つ場面が色々ありますし、基本会話でも数字が必要になることってよくありますよね。何歳だとか、何カ月滞在するとか、何人家族だとか、数字を使って言いたい事はたくさんあります。

ちょっと慣れるまでがややこしいですが、頭のトレーニングで繰り替えしながら覚えてください^^ では早速始めましょう!

ロシア語の数字0と1~10まで

一番基本になる部分です。1~10を覚えれば、これをベースにして11以降の大きな数字も規則的に覚えやすくなるので、まずはここをしっかり覚えましょう^^ 何となく英語と似ているところもありますね。発音は大きい文字で表示しているところをしっかり発音し、他は軽く言う感じです。

ロシア語 カタカナの発音 ラテン文字での発音
0
ноль
ノー
nol
1
один
a-dín
2
два
ヴァー
dva
3
три
リー
tri
4
четыре
チェティー
chye-tý-rye
5
пять
ピャー
pyat
6
шесть
シェースチ
shest
7
семь
スェー
syem
8
восемь
ヴォースェミ
vó-syem
9
девять
ヂェーヴャチ
dyé-vyet
10
десять
ヂェースャチ
dyé-syet

ロシア語の数字11から19まで

11~19は、1~11をベースに-надцать(ナッツァッチ)が後ろについた形です。

例えば
11の場合、один → один + надцать
12の場合、два → две + надцать
という感じですね。

アクセントがつく場所に気を付けて覚えてください。

ロシア語 カタカナの発音 ラテン文字での発音
11
одиннадцать
ンナッツァッチ
a-dí-na-tset
12
двенадцать
ドヴェナッツァッチ
dvye-ná-tset
13
тринадцать
トリナッツァッチ
tri-ná-tset
14
четырнадцать
チェティールナッツァッチ
chye-týr-na-tset
15
пятнадцать
ピェトナッツァッチ
pyet-ná-tset
16
шестнадцать
シェスナッツァッチ
shes-ná-tset
17
семнадцать
スェムナッツァッチ
syem-ná-tset
18
восемнадцать
ヴァスェムナッツァッチ
va-syem-ná-tset
19
девятнадцать
ヂヴェトナッツァッチ
dye-vyet-ná-tset

 

ロシア語の数字10~100まで

20~90もある程度規則的に覚えられます。2~9をベースに-дцать(ッツァッチ)が後ろにつく感じです。

 

例えば
20の場合、два + дцать → двадцать
30の場合、три + дцать → тридцать

 

40だけなぜか全然違うのでそれだけ例外的に覚える必要がありますが・・・(本当に、何でだろうっていつも思う。笑)

 

発音のポイントは、大きく表示された文字をしっかり言うことと、「スャ」のところは「シャ」ではなく「ス」と「ャ」を一度に言うような感じです。「シャ」でも通じるのですが、「スャ」の意識でいると、よりロシア語っぽくいい感じになると思います。

 

ロシア語 カタカナの発音 ラテン文字での発音
10
десять
ヂェースャチ
dyé-syet
20
двадцать
ヴァッツァッチ
dvá-tset
30
тридцать
リッツァッチ
trí-tset
40
сорок
ソーラク
só-rak
50
пятьдесят
ピェヂェスャッ
pyet-dye-syát
60
шестьдесят
シェスヂェスャッ
shes-dye-syát
70
семьдесят
セーミヂェスャット
syém-dye-syat
80
восемьдесят
ヴォースェミヂェスャット
vó-syem-dye-syat
90
девяносто
ヂェヴェノースタ
dye-vye-nós-ta
100
сто
sto

 

 

お疲れ様でした!
こちらの英語のサイトだと発音付きで確認できるので、音を聞いて覚えたい場合は参考にしてみてくださいね。
キリル文字 цからя

ロシア語のアルファベットЦからЯまでの発音と基本単語・例文集

キリル文字 цからяこんにちは!ロシア語のアルファベットの読み方や発音を解説するシリーズも今回が最後。今回はЦから最後のЯまでのアルファベットについてまとめました。ちょっと癖のあるキリル文字のロシア語アルファベットですが、基本的な読み方が分かると、読める単語もグンと増えて楽しくなるのでぜひ基本単語や例文と一緒に覚える練習をしてみてくださいね!

これまでのアルファベットについては以下の記事にまとめてありますので併せてどうぞ^^

 

では早速今回のアルファベットの解説を始めます。

礼儀正しくない日本語の「つ」に近いЦ「ツェー」

キリル文字のцここ数年日本に戻っていない私は最近の若い子たちがどういう日本語を使っているのか分からない「浦島太郎」的存在になりつつありますが、ちょっと前は年の離れた弟と妹が「というか」の代わりに「つーかさ、・・・」とか、驚きや呆れた感情を表すのに「ッツー!」と言っていたのを思い出しました。(うちだけ?)
そのときのちょっと力の入った「ツー」というのに近いのがこのロシア語のЦ「ツ」です。分かりにくかったらすみません。

※こんな解説を書いた後になって、英語のnuts(ナッツ)の「ツ」と同じだという説明が辞書に載っていました。。。^^;

上の歯と下の歯をくっつけて「ツ」と音を出すとそれっぽくなります。

 

アルファベットЦの単語例

Цена

発音: ツェナー tsena

意味: 価格、値段

 

Цветы

発音: ツヴェティ tsvety

意味: 花

※花は常に複数形

 

Цの例文

Дайте эти цветы. Какая цена будет?

発音: イチェ エーチ ツヴェティ。カカーヤ ツェナー ブーヂェット?

意味: この花をください。値段はいくらになりますか?

 

チェブラーシカのЧ「チェー」

ч日本でも人気のあるロシアのアニメ「チェブラーシカ」の主人公、「チェブラーシカ」の「チェ」はこのアルファベットで始まります。上の歯と下の歯をくっつけて「チー」と音を出す感じで、日本語で「チ」という時よりもクリアな音です。

 

Чの単語例

Чебурашка

発音: チェブラーシカ cheburashka

意味: チェブラーシカ
※ロシア(ソビエト時代からの)アニメの主人公。大きな目とちょっと悲しげな眉毛とくるっとした目が特徴

cheburashka
ЧЕБУРАШКА

 

Чай

発音: チャーイ Chai

意味: お茶

 

アルファベットЧの例文

Чебурашка пригласил Гену на чай.

発音: チェブラーシカ プリグラシーゲーヌ ナ チャー

意味: チェブラーシカはゲーナをお茶に誘った(招待した)

 

ショップのシを勢いよく言う感じのШ「シャー」

キリル文字のш発音が柔らかい日本人には難しい発音の一つです。英語のshop(ショップ)のシを強く、勢いよく言うとこのアルファベットの発音に近くなります。Жの発音を無音化したのがこのШなので、やはり口を四角っぽく開けて上の歯と下の歯の間を少しだけ開け、舌は下の方にくっつけて「シュッ」と勢いよく空気を出す感じですかね。単体では何とかそれっぽく発音できても普段の会話ではついつい怠けて普通に日本人風の「シ」になってますが。。。伝わるからまあいっか・・・と^^;

 

アルファベットШの単語例

школа

発音: シュコーラ shkola

意味: 学校

 

наш

発音: ナーシュ nash

意味: 私たちの

 

アルファベットШの例文

Наша школа находится в первом квартале.

発音: ナーシャ シュコーラ ナホージッツァ フ ピェールヴァム クヴァルタレ。

意味: 私たちの学校は第一地区にあります。

 

日本語の「シー」に限りなく近いЩ「シシャー」

キリル文字のщ英語のshould(シューッド。「~すべきだ」の意味)のシューに近い音です。日本人がシャーシューショーというときの発音に限りなく近いので、力を抜いて発音してOKなありがたいアルファベット^^

 

アルファベットЩの単語例

ещё (またはеще)

発音: イェッショー yeshcho(イッショーと聞こえることが多い)

意味: さらに

 

Борщ

発音: ボールシ borshch
意味: ボルシチ(ロシアの代表的な料理)

 

アルファベットЩの例文

Борщ еще будете?

発音: ボールシ イッショー ブーヂェチェ?

意味: ボルシチのおかわりはいかがですか?

 

手前の子音を柔らかくするЬ「ミャーヒキーズナーク」

キリル文字ъミャーヒキー(=柔らかい)ズナーク(印)ということで、このアルファベットの手前にくる子音の音を柔らかく発音するための記号です。「柔らかくする」という意味が私にはハッキリとよく分からないのですが、小さな「イ」が付いたような聞こえ方になります。

 

アルファベットЬの単語例

Мать

発音: マーチ mat’

意味: 母親

※チはできるだけ弱めに発音するとそれっぽくなります。

 

Морковь

発音: マルコーフィ Morkov’

意味: 人参

※В「ヴ」が柔らかくなって「フィ」のような発音になります。

 

アルファベットЬの例文

Мать купила морковь

発音: マーチ クピーラ マルコーフィ

意味: 母親は人参を買った

 

手前の子音を硬くするЪトゥヴョールディズナーク

今度はトゥヴョールディ(=硬い)ズナーク(印)ということで手前の子音を「硬く発音する」ための記号です。またまた「硬く」ってなんだ?と思ってしまいますが、要はЪで区切られた前と後のアルファベットを一緒に発音しない、ということだと思います。以下の単語例を参考にしてみてください。

 

アルファベットЪの単語例

объявление

発音: アブヤヴニエ ob”yavleniye

意味: お知らせ、広告、告示

※Ъの手前のбと後のяを分けて発音します。ъがなければбя「ビャ」と発音するわけですが、その間にъがあるため、「ブヤ」と分けて発音することになります。

 

объяснить

発音: オブヤスニーチ ob”yasnit’

意味: 説明する

 

アルファベットЪの例文

Директор объяснял почему нужно подать объявление.

発音: ヂクトル アブヤスニール パチェムー ヌージュナ パダーチ オブヤヴニエ

意味: 社長はなぜ広告を出す必要があるのか説明した

 

舌を後ろに引っ込めて「ウー」と言う感じのы「ウィ」

キリル文字のыカタカナで発音を書くと「ウィ」になりますが、より近い音は口をぽかんと開けて舌を後ろに引っ込め(下にくっつけて)「ウィ」と発音したときの音です。

 

 

アルファベットЫの単語例

вы

発音: ヴィ vy

意味: あなた

 

мы

発音: ムィ my

意味: 私たち

 

アルファベットЫの例文

Вы поедете, а мы потом догоним.

発音: ヴィイェーヂェチェ、ア ムィ ム ダゴーニム
意味: あなたたちは出発(乗り物で)してください、私たちはあとから追いかけます。

 

日本語の「エ」と同じЭ「エ」

キリル文字のэеは「イェ」でしたが、こちらのэは純粋に「エ」と発音します。外来語の単語でよく見かけるような気がします。

 

 

アルファベットЭの単語例

Экзамен

発音: エクザーメン ekzamen

意味: 試験、テスト

 

Это

発音: エータ eta

意味: これ

 

アルファベットЭの例文

Это что? – Это экзаиен!

発音: エータ シトー? ― エータ エクザーメン!

意味: 何これ?(不満げに) - これはテストですよ!

 

日本語の「ユー」に限りなく近いЮ「ィユー」

キリル文字のю日本語で「ユ」という時に限りなく近いですが、人によって、また、単語によっては「ィユー」と最初に小さな「ィ」が入っているように聞こえることがあります。

 

 

アルファベットЮの単語例

Юбка

発音: ユープカ yupka

意味: スカート

 

Юг

発音: ユーク yuk

意味: 南

 

アルファベットЮの例文

На юге девушки одевают короткие юбки.

ユーヂェーヴシュキ アヂェヴァーユット カロートキエ ユープキ

南部では女の子たちは短いスカートをはいている

 

日本語の「ヤー」の発音のЯ

キリル文字のя「Rが反対になった単語」ということで形を知っている人も多いかもしれないアルファベットЯですね。読み方は単純に「ヤー」です。

 

 

アルファベットЯの単語例

Я

発音: ヤー ya

意味: 私

 

Яблоко

発音: ヤーブラカ yabloko

意味: リンゴ

 

アルファベットЯの例文

Я хочу есть яблоко

発音: ヤーチュー イェスチ ヤーブラカ

意味: 私はリンゴを食べたい。

 

 

お疲れ様でした!これでロシア語のアルファベットの最後まで来ましたねー。アルファベットを覚えるのは語学学習のなかでもちょっとつまらないところではありますが、会話だけ習うにしてもアルファベットを知っていれば聞いて話すだけじゃなくて読んで書けるようになりますので、覚えておいた方が後々楽しくなると思います。

RuuSkiでもロシア語の会話表現をちょこちょこ増やしていこうと思うのでぜひ楽しみにしていてください!

 

※この記事のアルファベットの発音の解説は、地元のネイティブスピーカーから教わったことに加え、電子辞書EX-Wordロシア語モデルに搭載されているOxford Russian Dictionaryを参考に書きました。ロシア語を勉強するなら基本単語の発音を音声で確認でき、露和・露英・和露・英露・露露がそろっている電子辞書の使用がオススメです。普通の辞書を使うよりロシア語学習のスピードが数倍速上がります。

 

ロシア語のアルファベットОからХまでの発音と基本単語・例文集

o-tkhこんにちは!今回はアルファベットОからХまでの発音や基本単語、例文をまとめました。単語や例文は割と日常でよく使うものを挙げていますのでぜひロシア語の勉強にも役立ててみてください。これまでのアルファベットについては以下の過去記事もあわせて見てみてくださいね。

ロシア語のアルファベットАからЁまでの発音と基本単語・例文集

ロシア語のアルファベットЖからНまでの発音と基本単語・例文集

英語のOと同じО「オー」

キリル文字 оこの「オー」ですが、アクセントがОにない場合、発音が「ア」になります。なので、単語の中に二つ以上оがある場合、どこにアクセントがくるか分からないと、「オ」と読めばいいのか「ア」と読むのか分からないという…。ちょっと面倒くさいですが、最初は一個一個覚える感じで単語数を増やしていくと、新しい単語に出会った時もそのうち何となくどこにアクセントが来るか予測がつくようになります。(例外も多いので、予測が外れることもアリ。。)また、格変化や複数形でアクセントの位置が変わることもあるのでそのあたりも要注意。(ロシア語って面倒くさい…ですね^^;)

アルファベットОの単語例

Озеро

発音: オーゼラ Ozera

意味: 湖

※最初のОにはアクセントがあるので、「オー」と発音。最後のОにはアクセントがないので、「ア」と発音します。

 

Отец

発音: アチェーツ otyech

意味: 父親

 

アルファベットОの例文

Отец ловит рыбу на озере.

発音: アチェーツ ローヴィット ルィーブー ナ オーゼレ

意味: 父親は湖で魚を捕まえている(=釣りをしている)

 

英語のPの発音のП「ペー」

пロシア語ではПが英語のPの発音になります。Рは英語のRに似た発音でこの後に紹介しますが紛らわしいので慣れるまでは要注意。(すでにこの説明が紛らわしくてスミマセン。)Пは英語のPと同じようにと唇を閉じた状態から「プッ」と息を出す感じの子音になります。

 

アルファベットПの単語例

Песня

発音: ペースニャ pesnya

意味: 歌

 

Петь

発音: ペーチ pet’

意味: 歌う

 

アルファベットПの例文

Петя поёт песню.

発音: ペーチャ パヨット ペースニュ

意味: ペーチャ(男性の名前)は歌を歌っている

 

ちょっと文法

「~を…する」の「~」にあたる部分の名詞は、対格(動詞の直接的な対象になるもの)と呼ばれる形に変化します。

песня(歌)という名詞の最後がюになっていますね。песняという名詞は、語尾が-яで終わっている女性形のため、女性形の対格の語尾-юに変化します。

ロシア語ではこのように文章の中でその名詞が何の役割を持つかによって単語の語尾の形が変化します。これを「格変化」といいます。これはもう一覧表を見ながら繰り返し書いたり読んだり話したりしているうちに身につけるしかない>_<

ちょっと最初はつらいところですが、ロシア語をマスターするうえでは避けて通れないところなので、本格的に勉強する人はぜひ頑張って少しずつ覚えるようにしてください。格変化表は露和辞典やロシア語の文法書にほぼ必ず載っています。

おススメの辞書や文法書はこちら⇒ ロシア語をマスターするなら必須!なアイテム12選

 

英語のRの発音のР「エル(巻き舌)」

キリル文字 рロシア語のアルファベットРは英語のRと同じなのですが、英語との違いは、少し短めに巻き舌が入ります。スペイン語とかのようにルルルルルルと長く巻きませんが、若干「ルルッ」という感じになりますね。

でも普通に日本語の「ル」の発音でも通じますので、できなくてもあまり気にしすぎずに。気長に練習しているとそのうちできるようになります。

Рの発音の練習は「ル」の前に「プ」や「トゥ」などを付けて、「プル」「トゥル」と言うところから始めます。プル、トゥルのルの発音の時に巻き舌になるように練習し、それができるようになったら、単体の「ル」だけで巻けるように練習しましょう。(ちなみに私は半年かかりました笑)

 

アルファベットРの単語例

рубль

発音: ルーブリ rubl’

意味: ルーブル(ロシアの通貨)

 

рынок

発音: ルィーナク rynok

意味: 市場

 

アルファベットРの例文

На рынке арбуз продается по сто рублей.

発音: ナ ルィンケ アルブース プラダヨッツァ パ ス ブレイ

意味: 市場でスイカが100ルーブルで売られている

 

英語のSの発音だけど形はCのС「エス」

キリル文字 сこれも慣れるまではややこしいですね。英語でもCと書いて「ス」の発音の時もありますけど(Circleサークルの最初のcとか)、ロシア語の場合はсは常に「ス」の発音です。

 

 

アルファベットСの単語例

Симпатичный

発音: シンパチーチヌィー simpatichnyi

意味: 可愛い

 

Сабака

発音: サバーカ sabaka

意味: 犬

 

アルファベットСの例文

Моя сабака очень симпатичная.

発音: マヤー サバーカ オーチン シンパチーチナヤ

意味: 私の犬はとってもかわいいの。

※動物に対してだけでなく人についても褒め言葉としてつかえます。

英語のTと同じТ「テー」

キリル文字тこれは簡単ですね^^ 発音は英語のTと同じです。ただし、тиの発音は「ティ」より「チ」に近い感じです。小文字は大文字を小さくしたтの形。ただし要注意なのは、筆記体の場合のТは英語の小文字のmに似た形になります。

 

アルファベットТの単語例

ты

発音: ティ tyi

意味: 君

※二人称単数。英語のyouにあたるが、自分より年下の人に対して使う。年上の場合は、友人、家族など親しい人ならOK

 

только

発音: トーリカ tolko

意味: ~だけ(英語のonly)

 

アルファベットТの例文

Я всё время только думаю о тебе

発音: ヤー フショー ヴレーミャ トーリカ ドゥーマユ ア チェビェー

意味: 僕はずっと(いつも)君のことだけ考えているんだ。

※тебе はтыの前置格

 

英語のUの発音だけど形はyなУ「ウー」

キリル文字уまたまたややこしいのがでてきましたね^^; 英語のYに似たУは「ウ」の発音です。ロシア語の場合、大文字と小文字の形が同じでУуという風になります。

 

 

アルファベットУの単語例

Утро

発音: ウートラ utro

意味: 朝

 

Устать

発音: ウスターチ ustat’

意味: 疲れる

 

アルファベットУの例文

Вчера я силько устал, и утром проспал.

発音: フチェラー ヤー シーリナ ウスタール、イ ウートラム プラスパー

意味: 昨日すごく疲れて朝寝坊した。

 

英語のFの発音のФ「エフ」

キリル文字ф英語のFは日本語でフというのとはちょっと違って、「上の前歯を下唇の上につけて息を出す」と中学校で習った様な気がしますが、ロシア語のФも全くそれと同様になります。

 

 

アルファベットФの単語例

Футбол

発音: フトボール futbol

意味: サッカー、フットボール

 

Фотографировать

発音: フォトグラフィーロヴァチ fotografirovat’

意味: 写真を撮る

 

アルファベットФの例文

Я фотографировал как мой сын играет футбол.

発音: ヤー フォトグラフィーロヴァル カーク モーイ スィン イグラーエット フトボー

意味: 息子がサッカーをしている様子を写真に撮った。

 

喉の奥から空気を出そうХ「ハー」

キリル文字хまずは日本語で「ハー」と読まずに、口を開けて喉の奥から勢いよく息を出してみてください。それがこのХの発音に限りなく近い感じだと思います。

実際に発音するときは日本語でハ、ヘ、ヒの発音と同じようでも現地の人は分かってくれますが、喉の奥から息を出すイメージは持っておくといいと思います。

 

アルファベットХの単語例

Хлеб

発音: フリェープ khlep

意味: パン

 

Холодный

発音: ハロードニィ holodnyi

意味: 冷たい、寒い

 

アルファベットХの例文

В такой холодный день, даже не хочеться за хлебом пойти.

発音: フ タッコーイ ハロードニィ ヂェーニ、ダージェ ニェ ホーチェッツア ザ フリェーバム パイチー

意味: こんなに寒い日はパンのためにさえも出たくない(=ロシア人の食卓に欠かせないパンをさえ買いに出るのも嫌だ)

 

 

お疲れ様でした!今回出てきたアルファベットは英語のアルファベットと形は同じなのに発音が違うものが多かったのですが、このあたりを覚えるとロシア語を読めるようになりますので、ぜひ何度か繰り返して覚えてみて下さい。次回はЦ以降から最後までのアルファベットをまとめたいと思います!

ロシア語のアルファベットЖからНまでの発音と基本単語・例文集

zh-to-nこんにちは!前回はロシア語のアルファベットАから、Б В Г Д Е Ёまでの発音の解説と、単語や例文をご紹介しました。

今回は続きのЖからНまでの解説をしたいと思います。

発音の表記は出来る限りネイティブの発音に近くなるようにカタカナで書いていますが、英語でいうLとRの使い分けなど、カタカナでは伝えきれない部分もあるので、ラテン文字での発音も併せて参考にしてみてください。

それでは早速いってみましょう!

口を四角に開けて言ってみようЖ「ジー」

キリル文字 Ж

この文字はなかなか日本人には難しい発音ですね。ネイティブの先生に習っていた時はなかなか正しく発音できなくて何度もやりなおしさせられた記憶が…。私もいまだにうまく発音できませんが、普通にジの発音でも通じちゃったりしますので気にしすぎなくて大丈夫です。

英語のmeasureの単語のsの発音ににています。

この文字の発音で重要なのは空気の出し方です。日本人がジというときは、上下の歯を閉じてジといいますが、
このЖの発音は、上下の歯と歯の間に隙間をつくり、口を四角の形にして「ジッ!」と強く空気を出します。口を四角ってなんだ??と思うかもしれませんが、本当に「口を四角にしなさい」と先生に教わりました笑。ちなみに、ネイティブの人の口の動きを観察していると、本当に四角っぽい・・・^^; 鏡を見ながらやってみてください。あと舌はどこにもくっつきません。

アルファベットЖの単語例

Журнал

発音: ジュルナール zhurnal

意味: 雑誌

 

Ждать

発音: ジダーチ zhdat’

意味: 待つ

 

アルファベットЖの例文

Пока ждал жену, я читал журнал.

発音: パ ジル ジェ、 ヤー チッル ジュるナー

和訳: 妻を待っている間、私は雑誌を読んだ。

 

英語のZは数字の3みたいなз「ズィー」

キリル文字 з

発音は英語のzと同じです。日本語のズよりも強く発音します。上と下の歯をくっつけて、「ズー」という濁音を出します。

 

 

 

アルファベットЗの単語例

Запад

発音: ザーパド zapad

意味: 西

Зонтик

発音: ゾーンチク zontik

意味: 傘

 

アルファベットЗの例文

Я увидел туча на западе, и решил взять зонтик.

発音: ヤー ウヴィーヂェル トゥーチャ ナザーパヂェ、イ レシール ヴジャーチ ゾーンチク。

和訳: 西の方に雨具を見たので傘を持っていくことにした。

 

英語のNの反対はИ「イー」

キリル文字 и

英語のseeの単語のeeの発音に似ています。普通に日本人が「イー」と発音するときと同じです。

 

 

アルファベットИの単語例

Икра

発音: イクらー ikra
意味: イクラ(魚の卵全般を指す)

Или

発音: イーリ ili
意味: または(英語のorに当たる単語)

Инжир

発音: インジール inzhir
意味: いちじく

 

アルファベットИの例文

Что тебе нравится, икра или инжир?

発音: シトー  チェビェー ヌラーヴィッツァ、イクラー イーリ インジール?

意味: 君はどっちが好き?イクラ、それともイチジク?

 

Иの上にスマイルを付けてЙ「イクラートカヤ」

キリル文字 йИの上にスマイルした口のような曲線を付けると短い「イ」の発音になります。
英語のboyのyの発音と同じです。

 

アルファベットИの単語例

Мой

発音: モーイ moi

意味: 私の

 

Йогурт

発音: イォーグルト Yogurt
意味: ヨーグルト
※ йо=ёでどちらも「ヨー」の発音になります。「イォー」がさらに早くなって「ヨー」っていう感じですが、人によってはイォーと聞こえることもあります。

アルファベットЙの例文

Это мой йогурт.

発音: エータ モーイ イォーグルト

意味: これは私のヨーグルトです。

 

英語のKと同じのК「カー」

キリル文字 К

これは簡単ですね^^ 英語のKと書き方もほぼ同じ、読み方も同じです。ただ、日本語の「ク」(ku)とは違うので、子音が重なるときは注意が必要。

 

 

アルファベットКの単語例

Картофель

発音: カるトーフェリ Kartofel’
意味: じゃがいも

Кто

発音: クトー kto

意味: 誰(英語のwhoに相当する疑問詞)

※Ктと子音が重なるためク(ku)ではなくkの発音であることに注意。

アルファベットКの例文

Кто съел картофель?

発音: クトー スイェル カるトーフェリ?

意味: 誰がジャガイモを食べたの?

 

英語のLと同じのЛ「エル」

キリル文字 л英語のlと似た発音ですが、英語よりも粘りが強い感じの発音になります。舌を上あごの前歯の裏にくっつけて強めにウーといった時の発音です。

 

 

アルファベットЛの単語例

Лимон

発音: リン limon
意味: レモン

 

Любить

発音: リュビーチ lyubit’

意味: 愛する、大好きである

 

アルファベットЛの例文

Я очень люблю лимон.

発音: ヤー オーチン リュブリュー リ

意味: 私はレモンが大好きだ

 

ちょっとだけ文法の話

Любитьは動詞の原形で、誰が愛しているのかによって語尾が変化します。

私は君を愛している ⇒ Я люблю тебя.

君は僕を愛している ⇒ Ты любишь меня.

彼は君を愛している ⇒ Он любит тебя.

私たちは君を愛している ⇒ Мы любим тебя.

あなた達は私を愛している ⇒ Вы любите меня.

彼らは君を愛している ⇒ Они любят тебя.

 

英語のMと同じのМ「エム」

キリル文字 М筆記体を見ると分かると思いますが、書くときに真ん中のVのエッジが下の方に鋭くなるように書くのがポイントです。(エッジが浅いとНと間違われる可能性あり)

発音は英語のMと同じ発音。

 

アルファベットМの単語例

Малина

発音: マリーナ malina

意味: ラズベリー

 

Медведь

発音: メドヴェーヂ medvyed’

意味: 熊

※ロシアの元大統領、元首相(2015年7月現在)はМедведев(メドヴェージェフ)ですが、これは「熊」という単語からできた苗字なわけですね^^

 

アルファベットМの例文

Когда собирала малину в лесу, внезапно появился медведь!

発音: カクダー サビらーラ マリーヌ ヴレスー、 ヴニェザープナ パヤヴィールシャ メドヴェーヂ!

意味: 森でラズベリーを集めていたら突然に熊が現れたんだ!

 

英語のNと同じ発音だけど形はHなロシア語のН「エヌ」

キリル文字 нちょっと紛らわしいですが、すぐに慣れると思います。発音は英語のエヌと同じです。

 

 

 

アルファベットНの単語例

Наркоман

発音: ナルコン narkoman

意味: 麻薬中毒者

 

Нельзя

発音: ニェリジャー nyelzya

意味: ~してはいけない(禁止)、~すべきでない、~できない

※多くの場合は「~してはいけない」という意味で使われますが、「~できない」といった意味もあることを頭に入れておくといいと思います。

 

アルファベットНの例文

Нельзя иметь связь с наркоманом.

発音: ニェリジャー イメーチ スヴャーシ スナルコマーナム

意味: 麻薬中毒者とかかわりを持ってはいけない

 

ちょっと寄り道

実はロシアや私が住むカザフスタンでもアル中の次と言っていいくらい問題になっているのが麻薬常習者の存在。若者(だけではないですが)の間でもかなり浸透しているらしく、私もここにきてからかなり早い時期にこのНаркоманという言葉を覚えました。それくらいよく聞く言葉(=問題になっている)ということですね。。現地の人たちとの会話のなかでも出てくる可能性があるので今回単語例にいれてみました。(こういう単語のほうが逆に覚えやすかったりして。)

 

 

以上が、ЖからНまでの発音、単語例、例文でした。次回は続きのО以降をご紹介したいと思います。