ビーツとリンゴのサラダ

美容や健康にいいと注目のビーツとリンゴの簡単で美味しいサラダレシピ

ビーツとリンゴのサラダ

ロシアや周辺諸国、ヨーロッパでは手頃な値段で買えて栄養価が高いということで、普段の食卓によく出てくるビーツですが、最近は日本でも美容に良いNO(エヌ・オー、一酸化窒素)が含まれているとか、抗酸化成分があるとか、ビタミン・ミネラル豊富、などといった美容健康効果の高さが注目されてるようですね。今日はそのビーツを使った簡単で美味しいレシピを見つけたのでご紹介します。

 

ビーツを使う料理ではこれまでヴィネグレットボルシチを作っていましたが、どちらも時間がかかるので手軽さがないんです。。

が、このリンゴとビーツのサラダは、ビーツを茹でるのに時間がかかるくらいで、茹であがってしまえばささっと10分くらいで完成します!そして、なんといっても飽きのこないおいしさ。ロシア人の偏食気味の夫も「ン~フクースナ!(おお、美味しい!)」といってお代わりしてくれます。

 

ちなみに、ビーツを使ったロシア料理といえばボルシチが代表的ですが、実はロシア人はビーツをただ茹でてそのまま(あるいは塩を振って)食べることもよくあるんですよ^^ そのほか、マヨネーズとすりおろしニンニクとあえてピンク色のサラダにしたり、ジューサーでジュースにして飲んだり・・・と色々な食べ方ができます。生ビーツのジュースでは独特の土臭さが残るものの、しっかり茹でたりローストすればその土臭さも無くなり、甘味がしっかり出てくれて断然食べやすくなります。

 

ということで前置きが長くなりましたが、以下、レシピです!

ビーツとリンゴのサラダ

材料

  • ビーツ: 250g(中3~4個)
  • リンゴ: 大1個(または中1.5~2個)
  • 玉ねぎ: 中1個(半分くらいでもOKです。お好みで調整してください)
  • ワインヴィネガー(または穀物酢): 大さじ2
  • サラダ油(またはオリーブ油): 大さじ1~2
  • 塩・コショウ: 適量

 

作り方

  1. ビーツを洗って皮をむかずに鍋に入れて、水をビーツが半分以上かぶるくらい入れて中火にかける。(ビーツは茹であがるのに1時間くらいかかります。できれば小ぶりのものを使うほうが茹であがりが早くなります。大きくても二つに切ったりしないで皮ごと茹でてください)
  2. ビーツを鍋にかけたらすぐに玉ねぎを薄切りにし、ワインヴィネガーを振りかけて置いておく。
  3. ビーツを竹串で刺して中まで刺せるようになったら火からおろし、皿に取って冷ます。
  4. リンゴの皮をむき1cm弱くらいの角切りにする。
  5. ビーツの皮をむき1cm弱くらいの角切りにする。
  6. リンゴとビーツと酢漬けにしておいた玉ねぎをボウルで混ぜ合わせる
  7. 塩、コショウで味をつける(味を見て酸味が足りない場合はワインヴィネガーをさらに足します)
  8. サラダ油をまわしいれて全体に味がなじむように混ぜ合わせる

出来上がり!

ビーツとリンゴのサラダ

 

リンゴもほんのりピンク色になって、かわいらしい感じのサラダになります。ビーツとリンゴの甘味に玉ねぎとヴィネガーの酸味が効いて美味しいですよ^^ ぜひ作ってみてください。

オリジナルのレシピ: Салат со свеклой и яблоком

ロシアのヴィネグレット

ロシア人が作るビーツを使った赤いサラダ「ヴィネグレット」のレシピ

ロシアのヴィネグレットこんにちは!しばらくロシア料理をご紹介していなかったので今日はВинегрет(ヴィネグレット)というサラダの作り方をご紹介したいと思います。

ヴィネグレットという名のサラダは他の国にもあるようなのでロシア発祥なのかどうかは微妙なところですが、ロシア人が大好きなサラダの一つであることは間違いなし。好き嫌いの多い我が夫もヴィネグレットはいつも喜んで食べてくれます。

作り方は家庭によりちょっとずつ違いますが、一番典型的で個人的にも好きな味のレシピです。よかったら作ってみてください^^

こちらのサイトのレシピを参考にしました。

ヴィネグレットの材料

  • グリーンピース(缶詰または冷凍でもOK) 150g
  • ジャガイモ 大きめ3個
  • ビーツ 中1個
  • ニンジン 中1本
  • 玉ねぎ 中1個
  • ピクルス 3本
  • 塩漬け発酵キャベツ(ザワークラウトで代用可) 200g
  • お好みでディル、パセリなどのハーブ
  • 塩、コショウ、サラダ油(またはオリーブ油) 適量

※野菜の大きさや個数はあまり気にしすぎずに、大体で大丈夫です。

 

ビーツと塩漬け発酵キャベツについて

生のビーツが日本だとなかなか手に入らないですが…できれば缶詰ではなく生のをゆでたほうが断然おいしくできると思います。ビーツはかなり長持ちする(冷蔵庫で2週間は多分OKです)ので、まとめて購入して、ヴィネグレットやボルシチ、またフレッシュジュースにしてもいいと思います。

塩漬け発酵キャベツと書いたのは、ロシアではКувашеная капустаと呼ばれ、秋~冬にかけて一般家庭で保存食として食べられている「漬物」です。キャベツを細切りにしたものを塩であえて、2~3リットルの瓶にぎゅうぎゅうに詰めて室内で2~3日置いておくと出来上がります。日本ではザワークラウトが売っていると思うので、それで代用できます。あえて使わない人もいますが、個人的にはこれが入ると味が断然バシッと決まる気がします。ぜひ使ってみてください。

 

ではいよいよ作り方に入ります!

 

ヴィネグレットのレシピ

vinegrette1ニンジン、ジャガイモ、ビーツは軽く洗って鍋で柔らかくなるまでゆでます。ビーツは火が通るまで結構時間がかかるので、ビーツを鍋の下に、次にジャガイモ、一番上にニンジンを乗せてゆでるようにしています。

ゆでている間に、他の野菜をみじん切りにしていきます。玉ねぎはみじん切りをしたら塩を振って軽くもみ、しんなりさせます。グリーンピースは冷凍の場合は解凍して軽く湯通ししておきます。ピクルスはみじん切りにします。

 

竹串がスッと通るようになったら鍋から取り出し、粗熱が取れたら皮をとり、全て7-8mmくらいの角切りにしていきます。少し面倒ですが、大きさがそろっているほうがよく混ざって見た目もキレイです。

 

全て切れたら、ボウルにザワークラウトを除くすべての材料をいれ、塩コショウをして混ぜ合わせます。全体が混ざったら最後にザワークラウトを入れ、味見をして塩気が足りなかったら塩を足します。形が崩れないように気を付けながら菜箸やスプーンなどで混ぜてください。

最後にサラダ油かオリーブオイルをまわしいれて混ぜ合わせます。全体に照りがでるくらい、ちょっと日本人の感覚では多いかな、と思うくらいが適量です。私はロシア人と比べたら結構少なく入れているほうだと思います。

ロシアのヴィネグレット

これで完成!

お好みで飾りにディルやパセリを散らしてもいいです。料理があまり得意ではない私でも、ゆでて切って、混ぜるだけで美味しく完成します。オススメです^^

 

 

ブリヌィの出来上がり

激ウマなロシア版クレープ「ブリヌィ」の簡単で美味しい作り方

ほのかな甘みと酸味が食欲をそそり、ついつい手が伸びてしまうロシア版クレープ「ブリヌィблины」。

 

簡単だろうと思って作ったら、最初の2回は散々な失敗に終わりました(トホホ)。ロシア人の友人たちにコツを聞いて、レシピを何種類か試して、3度目にしてようやく成功。そんな始まりでしたが、最近はロシア人の夫にも太鼓判を押してもらってますよ♪

今回は失敗と成功の分かれ道を知った管理人が、しっかりコツをおさえた作り方を伝授します!

 

酸味の秘密は発酵乳製品ケフィール。牛乳で作るものもありますが、今回はケフィールを使ったブリヌィのレシピをご紹介します。おいしいブリヌィができること間違いなし!コツさえつかめばとっても簡単なので、ぜひ本場の味に挑戦してくださいね。

 

ただ甘いだけじゃなく、ほのかにしょっぱいだけでもない。あの独特の酸味にモチモチ感たっぷり・・・食べ過ぎにはご注意を!

 

ブリヌィの材料

  • ケフィール 200ml
  • 卵 1個
  • 小麦粉 200ml(カップをトントンと軽くたたいて量ります)
  • 熱湯 100ml
  • 砂糖 大さじ2
  • サラダ油 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • 重曹 小さじ1/4

※写真は倍量で作っています。

 

ブリヌィの作り方

1.ボウルに小麦粉、砂糖、塩を入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせます。

 

2.1に卵とケフィールをいれ、なめらかになるまでよく混ぜます。

小麦粉と卵・ケフィールを混ぜた状態

混ぜてすぐの状態(なめらかになっていない)

 

なめらかになるまで混ぜた状態

 なめらかになった状態

 

3.熱湯をコップなどに入れ、そこに重曹をいれてスプーンでさっとかき混ぜます。

 

4.3を2のボウルに入れて、なめらかになるまでよく混ぜます。

 

5.さいごにサラダ油を入れてよく混ぜ合わせ、そのまま5分ほど生地を休ませます。

熱湯・サラダオイルを混ぜて生地の完成

生地は少しとろみのある液状でモッサリとしてません

 

6.テフロンのフライパンを中火にかけ、しっかり熱します。手をフライパンの上にかざして熱さをしっかり感じるようになったらサラダ油(分量外)をいれ、ペーパーナプキンなどで油を全体になじませます。

 

7.生地をおたまですくい、フライパンの真ん中に流しいれ、素早くフライパン全体に広げます。私はフライパンを傾けて広げますが、お玉の底の部分で薄く広げてもOKです。

 

8.表面に小さな気泡がふつふつと出てきて、周りに焦げ目が少し出てきたら、フライ返しを優しく生地の下に入れ込んで素早くひっくり返します。

フライパンで小さな気泡ができたら返す 裏返した状態

 

 

※フライ返しが生地の下に入っていかずふにゃっとなったり破けてしまう場合:

考えられる原因は、

  • 小麦粉の量が足りない
  • 火力が弱い
  • サラダ油を入れていない
  • 小麦粉の量が多すぎて分厚くなり、しっかり焼けない

まずは火力が十分かを再確認し、よく熱したフライパンで再度試してみてください。

それでも破けてしまう場合、生地が分厚いと感じる場合は(生地を流しいれた時にフライパンを傾けてもなめらかに生地が広がっていかない場合は水が足りない証拠です)、少量のぬるま湯を足します。生地が水っぽいと感じる場合は、小麦粉を少量ふるいいれてよく混ぜ、様子を見てみてください。

私の場合は火力が弱かったことと、生地に水分が足りず分厚くなってしまっていたことが原因でした。

 

 

9.お皿に取り出し、次の生地を流しいれる。お皿に取り出したブリヌィに薄くバターを塗る。

 

10.以上の要領で7~9を繰り替えしていきます。

※途中、片面焼いたときに生地の周りの部分があまりにもぱりぱりしている場合は、油を再度フライパンにしいてください。

 

 

さてさて、この記事を書きながら仕上がったブリヌィがこちら↓

ブリヌィの出来上がり

 

 

食べるときは4つ折りにして、蜂蜜やジャム、スメタナ(サワークリーム)などを付けていただきます。もちろんそのままでも美味しいですよ^^

炒めたひき肉やトヴォーラクというカッテージチーズのような乳製品をを春巻き風に巻き込んで食べるとさらにウマ~~です!

 

中身次第でスイーツにも食事にも変身するロシアの大人気の料理ブリヌィでした^^

kvas

ロシアの夏。のどごし爽やかな一杯はビール!じゃなくてクヴァスで!!

sun最近、非常に暑いです。朝8時にはギラギラとした太陽の光が部屋に入り込み、暑さで目が覚めます。冬に味わったマイナス35度をの日々が懐かしくさえなるくらい、この2週間はガンガンの日照りで夜まで息苦しい日が続きました。

 

もちろん東京のうだるような暑さと比べれば大したことはないのですが、基本的にあまり暑くない土地に住んでいていきなり2週間も30度以上の日々が続いてしまうと、体が付いて行かなくなってしまいますね。。しっかり熱中症気味(?)になりました。

そんな大陸性気候のカザフスタンに住んでいる私ですが、暑い夏が嬉しくなる瞬間もあります。

 

その一つが、クヴァスを飲む瞬間!

クヴァス

photo credit: mricon via photopin cc

「プファーッ!!」と、のどごし爽やかで、夏の暑さを癒してくれるロシア(ソ連圏)ならではの夏の飲み物。

それがКвас(クヴァス)。

 

Квас「クヴァス」とは

クワスはライ麦と麦芽を発酵させて作る。また各家庭においてはパンと酵母を原料として手軽に作られる。アルコール度数は1‐2.5%。

ウクライナ、ベラルーシ、ロシアでは伝統的にアルコール飲料ではなくジュースとして飲まれてきた。ソ連時代は大規模な工場で生産されるようになり、町中や公園などでクワスの自動販売機も設置されていた。1991年のソ連崩壊以降、国外から流入してきたコーラなどに押され、一時にクワスは嗜好品としての役目を終えたという説も出るほどであったが、2005年にはニコーラブランドのペットボトル入りクワスが発売されるなど、徐々にクワスの消費量は増加している。

引用元: Wikipedia

黒パン(ライムギ)とイーストを使って自家製クヴァスが作れると聞いたことはあった(というか、一度試して大変なことになった。汗)んですが、アルコール度数が一応あったんですね。知らなかった。。

 

で、肝心のですが、ちょっと酸味があってビールより甘く、麦の甘味と香ばしさが感じられるなんです。発砲しているのでのどごしも抜群。黒ビールにちょっと近いかもしれません。でも苦くなくてビールの味より私は好きです。

 

もちろんスーパーなどに行けばペットボトル入りや瓶入りでも売っているのですが、ビールと同様、やはりおいしいのは「生」!

昔ながらのクヴァス販売機もあるし、スーパーの横によくあるビアースタンドでも売っています。

kvasbeer_stand

 

若い子たちはコーラとかソーダとかが好きだけど、昔ながらのクヴァスは健康的だし断然美味しいですね。お酒に弱い私はビールはガガーッといけませんが、クヴァスは一気飲みできます。非常に爽快♪笑

夏にロシア語圏に旅行する機会があったらぜひぜひクヴァスの味見をお忘れなく!!

やみつきになること間違いなしです^^

写真1:photo credit: spylaw01 via photopin cc  ,写真2:inspiringtraveller

ボルシチ

ロシア料理のレシピと言えばやっぱりここから!本場のボルシチ、教えます

こんにちは!

学生時代、私がロシア語クラスを受講していることを知った友人が「あ、私もロシア語で言える言葉あるよ」と言ってくれた言葉。それがボールシ!

 

そう、日本語で「ボルシチ」と言われるあの有名なロシア料理は、正しく発音すると「ボールシ」になるんです。

ボーに力を込めてボールシ」

 

 

初めてのロシア旅行にて、やっぱり本場のボルシチを味わってみたいよね~ということでモスクワの高級百貨店ГУМ(グム)に行きました。ここです↓

モスクワの百貨店グム

 

食材売り場に行きフランス料理のシェフのような装いをした売り場のお兄さん二人に

「ボルシチはどこで食べられますか?」と聞いたところ。

 

若干吹き出しそうになりながら

「unn..それは難しい質問だ。。たぶん上の階に食堂があるからそこにならあると思うよ」

と。

 

「ボルシチって食堂で食べるもんなのか~」と不思議に思いつつも言われたとおりの食堂に行ってみました。

そして出会ったのがこれ↓↓

 ボルシチinモスクワ

 

ん~庶民的^^; もっと高級なレストランでのお食事をイメージしていた私は若干拍子抜け。。

言ってみればボルシチは日本の味噌汁みたいなもんだってことですね。

 

ってことは、さっきの状況。

日本の新宿伊勢丹のデパ地下にいって、

「あの・・・味噌汁ってどこで食べれますか?」

と尋ねるようなもんです(あぁ恥ずかし!)

 

 ※実はレストランでもボルシチは食べれます。シェフの作ったボルシチはやっぱりおいしい。でも高級料理という感じではないですね^^

 

そんなボルシチですが、ロシア人の食生活とは切っても切れないもの。味噌汁を食べない日本人なんて想像できないのと同じで、ボルシチを食べないロシア人など考えられません。

 

まだうちの主人と付き合っていたころ、「どんな料理が一番好き?」と聞いて真っ先に帰ってきた答えもやはり

「ボルシチだね。ボルシチなら毎日でも食べれる

 

日本男児が「カレーなら毎日朝昼晩食べれる」っていうようなもので、ひたすら愛されている庶民のアイドルなのです。

そんなこんなで私のボルシチ奉行が始まり、大分色んなバージョンも作れるようになりました。

 

本場はやっぱり牛肉っていう感じですが、家庭では毎回牛肉だと家計が持ちませんので。。鶏肉、豆類なども使います。あとは、ビーツ(赤カブ)が入っていないタイプのもよく見かけるんですよね。

 

ビーツが入らないなんてボルシチじゃないんじゃないか、と思ったあなた。

ビーツじゃなくて

キャベツがないボルシチが

ボルシチとは呼べない

のです。

これ、私も意外だったんですが…あるときキャベツが我が家で品切れしていて、キャベツ抜きでボルシチを作っていいかどうか主人に尋ねたところ…

「ボルシチではなくなるけど、いいんじゃない?」

という答えが。。。

 

なんだか腑に落ちないまま「ふーん、そうなのねー。キャベツがないとボルシチにはなれないんだね~」と思いつつキャベツ抜きボルシチを作ったのでした。

 

前置きが長くなりましたが、以下が鉄板ボルシチレシピになります。

地元のおばーちゃんから直伝されたレシピなのでぜひぜひ試してみてくださいっ!!

ボルシチの材料

※分量はあまり気にせず大ざっぱでいいです

・牛肉(煮込み用)300~400g または 鶏もも肉(できれば骨付き)500g

・玉ねぎ 2個

・にんじん 中1本

・じゃがいも 中3個

・キャベツ 1/4個

ビーツ  中2個(なければビーツの缶詰 1個)

・トマトペースト(トマト缶) 大さじ3

・塩・こしょう 適量

・レモン または 酢

・サラダ油

・生のディル(あれば)

・サワークリームかマヨネーズ

 

ボルシチの作り方

1.大きな鍋に肉と水を入れ(鍋の半分くらい)肉が柔らかくなるまで煮込む

2.玉ねぎと人参を千切り(細切り)にし、別のフライパンでサラダ油で炒めめておく

3.ジャガイモは小さめに切る

4.1の肉が柔らかくなったらいったん取り出し、鍋に炒めておいた玉ねぎ・にんじんを加え、ジャガイモも加える。

5.ビーツは皮をむいて千切り(細切り)にし、フライパンでサラダ油で炒め、4の鍋に加える。

6.キャベツを千切りにし、5の鍋に加える。野菜がすべて柔らかくなるまで煮る。

7.4で取りだした肉を小さめに切って、鍋にもどす。

8.トマトペーストと塩・こしょうを加え味を調える。

9.最後にレモンまたは酢を少々加える(レモンを加えるとビーツの色がきれいに残る)

ポイントは、上に書いてある順番で野菜を入れていくことと、玉ねぎ・にんじん・ビーツは別のフライパンでちゃんと炒めることですね。こうすると生のまま鍋に入れるより断然おいしくなります。

お皿にボルシチが用意されたら、最後に生のディルをのせ、サワークリームを添えて出来上がり。(サワークリームの代わりにマヨネーズをいれてもOKです。)

ボルシチ

photo credit: Tanya ! via photopin cc

 

煮込みものなので、1日目もおいしいですが、2日後も旨みが出て美味しいですよ^^

Приятного аппетита!!

プリヤートナヴァ アペチータ!! (召し上がれ!)