去年の今頃にちょうど旅行で3週間ほど滞在したセルビアですが、実は9月末にカザフスタンから引っ越してきました!!

いやぁ、まさか本当に移住できるとは・・・。

Sponsored link

[ad_large_banner]

もちろん半年後どうなるかはまだ分かりません(海外暮らしには二転三転がつきものですので^^;)が、心づもりは、できるだけ長くいる(主人は国籍をいずれ取る?)つもりでこの土地にやってきました。移動前後のドタバタと、移住してからのビザの手続き、仕事、新生活であっという間に2か月半が過ぎようとしています。

 

ベオグラードの秋
ベオグラードの一番お洒落な通りクネズミハイロヴァ(Knez Mihailova)

 

あっという間だったのですが、今一度振り返ってみると、2か月半どころじゃなくもう半年以上ここにいるような気分です。去年の旅行のあと書いた「セルビアに私たちがべた惚れした3つの理由」という記事の最後に、移住したいという願望があることは書いていたのですが、本当に1年後の今、この国に来ているのが不思議な感じで、ただただ「ここに来れてよかった」と思っています!

つまり、今のところ期待は裏切られていません(笑)

 

今年は去年よりも寒くて曇りの日が多かったり、湿度が高くて洗濯物が乾きにくい、たまに外国人だからと値段をふっかけてくる人がいる、まだ言葉の壁があって時々困る、といったことはありますが、そんなのは時間が解決してくれるか、対策してどうにかなる問題ですよね。

どうにもならないカザフスタンでの厳しい冬と厳しい経済状況、その他もろもろを考えれば、まさに楽園のような場所だなと^^

 

セルビア人は基本的に外国人が好きな人が多く、日本人に対しても友好的。さらに政治的な背景もあってロシア人のことは超~大好きで、「ロシア人は我々の友だ」「我々の兄弟だ」などと口に出していう人がいるほど。主人がロシア人で私が日本人なので、そういう意味でもありがたい土地に来たなと思います。

 

とはいえ、この土地の食、文化、人々についてはこれから色々見えてくると思いますので、このブログを通してこの国で発見した面白いこともお伝えしていきたいと思います。

 

では、ひとまず「移住しました」報告まで。

 

2016.4.10 先月、ビザを1年分更新できました。まだこの土地で楽しくやれそうな感じです。