バルカン半島のお酒ラキヤのお祭りにいってきました

セルビアの首都、ベオグラードでは今年も12月初旬にラキヤ・フェスティバルという催し物が開催され、私たち夫婦も「待ってました!」とばかりにウキウキしながら行ってきました(笑)

ラキヤ(rakija)とは

ラキヤ フェスティバル

セルビアを含むバルカン半島諸国ではラキヤと呼ばれるお酒がよく飲まれています。日本の「酒」、ロシアの「ヴォッカ」のような感じですね。バルカン地域のブランデーともいわれています。

(ラキヤは)発酵させた果実から作られる蒸留酒であり、バルカン半島諸国で一般的に生産・飲用されている。通常、ラキヤのアルコール度数は40%程度であるが、自家製のものではより度数の高いものもあり、典型的には50%ないし60%程度である。(中略) ラキヤは、南スラヴ人たちの国民的飲料であると見られている。幅広くみられるものとしては、スモモから作られるシュリヴォヴィツァや、ブドウから作られるグロズドヴァ(grozdova)などがある。それ以外では、モモやアンズ、リンゴ、ナシ、サクランボ、イチジク、マルメロなどを用いたものもある。

Wikipedia

Wikipediaにもあるとおり、果物から作られているため、40度とかなり度数が高いのですが、ただエタノールの匂いがするだけとしか思えないウォッカと比べても、ずいぶん美味しくいただけます(といっても、私は舐める程度しか飲めませんが)。

私のようにお酒にあまり強くなく、また甘いお酒が好き、という女性の方(男性の方も^^)、ラキヤより度数が低く(20%程度)で、フルーツの甘ーい味がとんでもなく美味しいリキュールがオススメです。去年も実はこのラキヤフェスティバルにきて、初めてバルカン半島のリキュールを試飲したのですが、一口味見した瞬間に大ファンになりました。

ラキヤ・フェスティバルとは

ラキヤ・フェスティバルは、バルカン地域(セルビア、モンテネグロがおそらく中心)の酒造メーカーが、自分たちの自慢のラキヤやリキュール、またチーズなどの名産品を展示し、セルビアの伝統的な音楽やモダンな音楽とともに、お酒と音楽と会話を楽しめる場所。入場料は今年は300ディナールで、入場料だけであとは自由に色々なメーカーのお酒を試飲することができます。もちろん、販売も行っていて、気に入ったお酒があればその場で購入することも可。

時期は大体12月ごろに毎年開催され、ベオグラードの鉄道駅やサヴァ川のブランコフ橋からさほど遠くないMIKSER HOUSEという場所で行われます。(ラキヤフェスティバルの公式サイトはこちら

ラキヤフェスティバル@MikserHouse

ラキヤフェスティバル@MikserHouse

ラキヤフェスティバル@MikserHouse

ラキヤフェスティバル@MikserHouse

 

初日に顔を出したロシア人の夫は、フレンドリーなセルビア人たちに囲まれ、お酒を飲みつつセルビアがいかにロシアを大切に思っているかを熱く語られたそうです。この日は最終日の終わりの時間帯だったので人もちょっと少なめでしたが、いい感じのJazzやラウンジ系の音楽が流れてよいひと時でした^^

私が個人的にオススメなのは、ラズベリー(セルビア語ではマリーナという)かサクランボ(セルビア語でヴィシニャ)のリキュール、あとは、ハチミツを使ったリキュールです。フルーツやハチミツからできていると思うと、何だか体にもよさそうな感じ。(と言って飲み過ぎないよう注意。。)

下の写真のメーカーさんのがすごく美味しかったので「ヴィシニャのリキュールを買いたい」と言ったら、なんと売り切れてしまい電話注文になると。。名刺をいただいて帰ってきました。ちなみにお値段は0.7リットルのボトルで1000ディナールというところが相場(100ディナール=110円くらい。2015年12月初旬)

DSCN0301

 

下の写真はお隣の国モンテネグロ産のチーズ。ハーブと一緒になっているチーズ(sir sa travama)がとても美味しかったので購入して帰りました。(1キロ1500ディナール。1パックあたりだと大体400グラムくらいで、現在の為替レートで660円くらい)

DSCN0310

 

こちらはサラミや生ハムなどで有名なメーカーのコーナー。

DSCN0308

 

こういうセルビアの伝統工芸品も売っていました。

DSCN0306

 

美味しいお酒とチーズがリーズナブルな価格で楽しめる、セルビア一押しのイベントです。冬頃にベオグラードを訪れる方はぜひぜひ立ち寄る計画を立ててみてください!

ロシア人の酒癖の悪さが酷すぎて悲しくなる件

drinking-925288_640

「ロシア」「ロシア人」と聞いてまず思い浮かべる言葉。

女の子なら「マトリョーシカ」、ニュースに関心のある方なら「プーチン」、主婦の方ならロシアの伝統料理「ボルシチ」あたりでしょうかね。

そういうロシアのイメージを形作る代名詞のなかでも、世界共通で「ロシアといえば…」で出てくる言葉があります。

 

それが「ウォッカ」。ロシアの強いお酒ですね。

ロシア語ではВодка(ヴォートカ)といいます。

ロシアは寒い国なのでウォッカのように強いお酒を飲んで体を温める必要があるとか。まあそうなのでしょうが、そんなに強いお酒じゃなくてもいいんじゃないか、と私は思います。

ちなみにどれくらい強いかというと、お店で売っているのは大抵アルコール度が40度くらい。ロシアや旧ソ連の国カザフスタンでは、町中のちっちゃい商店にさえ、かならず何種類かのウォッカがおいてあります。お店に入れば、しょっちゅうウォッカを買っていく人を目にします。

さらに、ロシア本国や周辺国では自宅でお酒を造ることも禁止されていないので、「サマゴンカ」と呼ばれる自家製ウォッカを造っている家庭もあります。そういう「サマゴンカ」はアルコール度60度以上になることも。。一度チビリと味見させてもらったことがありますが、アルコールの匂いが一気に鼻にまで上がって喉はジュワっと熱くなり、ゴホゴホむせかえりました。

美味しいとか美味しくないとか、そういうのとは違う次元。

そんなロシア人と切っても切れないウォッカですが、ご想像のとおり、コイツはかなりの厄介者でもあります。

ロシア語圏の一番の社会的問題といってもよい、アルコール中毒者の多発の原因になっているからですね。

 

私は旧ソ連の国の一つ、カザフスタン共和国の中部地方に最近まで住んでいたのですが、住んでみて、いかにアル中が蔓延しているかを目の当たりにしました。

以下に、ほんの一例ですが、その様子を書いてみたいと思います。

ある寒い冬の日に道端で見かけた酔っ払い

その日は気温がマイナス5度くらい。当然、普通の人なら厚手のダウンコートや革ジャンなどを着て、帽子・手袋・マフラーをしっかりつけて歩くくらいの気温です。

街を歩いていると、 上半身裸で汚い上着だけ羽織ったまま、塀づたいにやっとこさっとこ歩きながら(いわゆる重度の千鳥足)オジサンがこちらに向かってきました。

 

「ちょっと、50テンゲでもいいからめぐんでくれないか?」
と手を出してくる。

 

彼(現在の夫)が「何を買うつもりなんだ?」
と聞くと、

 

「いやあ~それは…ほら!ちょっとだけ飲もうと思って。今日は俺の誕生日なんだ」

 

明らかに酒が切れていてもたってもいられなくなり、誕生日という嘘をついて金を恵んでもらう作戦。

もちろん、そんな作戦にのってお金をめぐむことなどしませんでしたが、寒さとか、もう感じないほどに酔っぱらって、それでもさらに酒を求めているその姿が衝撃的で、今でも時々あのおじさんのことをふと思い出してしまいます。

 

このオジサンはかなり見え見えで、自分からお酒にお金を使うつもりだということも正直に話してしまっていたが、見てすぐにアル中とわからないこともあるので、注意が必要。

結構厄介なほどに、さも本当にあったかのように色んなストーリーで攻めてくるらしいのです。

  • 子供に食べさせるパンがなくて…
  • 家に戻るためのバス代がなくて…
  • 母が亡くなってしまって…(涙)

などと同情を誘う演技力には目を見張ることも・・・。

 

他人ごとで笑ってられるうちはいいですが、こんなのが家族にいたらたまったものではありません。

 

両親がアル中の家庭で懸命に生きる女の子

知り合いの十代の女の子の両親は二人してアル中。とっても可愛い女の子で、四人兄弟の一番年上。一番下は生まれたばかり。ちょっとした生活保護のような感じで赤ん坊のミルク代にと支給されたお金さえ酒に消えてゆくらしい。

借りていた家の家賃が払えなくなり、真冬(外気温マイナス20~30度)の中、家具と荷物をそりに乗せて歩いて別の家に引っ越したこともあるという。。。

ある時などお酒欲しさにお父さんが家にあった洗濯機をたったの500テンゲ(当時の為替レートだと日本円で300円くらい!)で売り払ってしまった。

幸い、普通の家庭を営んでいる親族が近く住んでいるので、どうにか助けられているようだが、そんな中でどうやって生きているんだろう!!??と本当にいたたまれない気持ちになりました。

 

でも、こういうのは「例外」というほどの例外でもなく、私がカザフスタンに住んでいた四年間のなかで、似たような状況に遭遇したり、アル中を親族にもつ人がいかに苦労しているかという話はしょっちゅう、嫌になるくらい耳にしました。

 

日本人もお酒は好きですが、ロシア人の酒の飲み方は本当によくないと思います。飲み方を知らないと駄目ですね。。

 

そんな酒癖の悪いロシア人をネタにしたアネクドート(小話)を一つご紹介します。

泥酔して朝目覚めたら・・・

ある人が、ある時、ウォッカでべろんべろんに酔っぱらって家に帰ってきました。翌日、目を覚ますと、泥酔していたのがウソのように体は清潔、新しいパジャマを着て、ベットの上で目覚めていたのです。妻の機嫌はすこぶる良く、わざわざ美味しそうな朝食をベットわきに運んでくるほど。

あまりに怪訝になり、息子を呼び寄せてこっそりとこう尋ねました。

「昨日はいったい何があったんだ??」

息子は答えました。

「覚えてないの?酔っぱらったパパのコートをママが脱がせようとしたらパパは『僕に近寄るな!触るな!俺は妻帯者だ!!!』って言って暴れだしたんだよ」

 

 

以上です。分かりました?(笑)

一応解説すると、あれだけ泥酔していたのに女性に近寄られても頑なに断る態度を見て妻は大満足だったということですね。

 

風邪に効く食べ物・飲み物-ロシア人はこれで治す!

ここ一週間、38度以上の熱と咳で夜もろくに寝れない風邪にやられていたのですが、ようやく回復してきました。

日本にいたころは風邪を引けば即、近くのクリニックに行って風邪薬をもらって2日で回復する、という、抗生物質にお世話になりまくりな生活を送っていましたが、そのツケが今になって回ってきている感じです。(「日本人は抗生物質漬けになっていて良くない」「風邪くらいで抗生物質は使うべきではない!」と言われているのは知っていても、日本の仕事を休めない生活パターンでは抗生物質にすがるくらいしか早く治す方法なんてない。ですよね??)

そんな自分も、効かない風邪薬しか売っていないこの土地では、風邪をひけば治るまで安静に、風邪に効くものを食べて飲んでひたすら寝る、という人間らしい(?)治し方をしていますが、風邪を引くと決まって「これを飲みなさい」「あれを食べるといい」などと、世話好きのロシアのおばちゃん、おばあちゃんが色々教えてくれます。

せっかく風邪を引いたので(笑)、今回はこれをネタに、風邪に効く食べ物・飲み物(ロシア編)をお届けしたいと思います!

 

風邪のひき始め・風邪予防にはやはり・・・

寒いロシアでは当然、体の冷えが風邪の一番の原因だと考えられています。逆にいえば、体が冷えたなと思ったら、風邪を引かないように体を温めるものを飲むというのが風邪予防の基本。

じゃあロシアで体を温めてくれる飲み物って・・・と言えば、やっぱりあれですよ、あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、「ロシアと言えば・・・」に続く言葉トップ5には絶対入るであろうウォッカですね!

 

Wikipediaより引用:

ウォッカ(ロシア語: водка ヴォートカ;ポーランド語: wódka ヴートカ;ウクライナ語: горілка ホリールカ)は、ロシアやウクライナやエストニアなど東欧旧ソ連圏、スウェーデンやノルウェーなど北欧圏、ポーランドやスロヴァキアなど中欧圏で製造されている蒸留酒。日本の酒税法上はスピリッツに分類される。大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなど穀物を原材料とし、蒸留後、白樺の炭で濾過して作る。このため、エタノール成分を除けばほぼ無味無臭無色である。

 

日本だとモスコミュールなどのカクテルにして飲むことが多いですが、本場ロシアでは当然、ストレートでいくのが一般的。日本酒のように小さなグラスに入れてチビチビと飲むことが多いです。しかしアルコール度40%が普通のウォッカは、そこそこいい銘柄を選んでも消毒液のような臭いがするような気がしてしまい、私は未だあまり好きにはなれません。。

うちの主人は普段はあまりウォッカよりもワインとかのほうが好きですが、「なんか風邪っぽい」と思ったときはすぐ、ウォッカを飲んで寝るようにしています。なんでも、「ウォッカを飲むと血の巡りがすごくよくなって体が温まる」のだそうだ。

その他にも、

紅茶にコニャックを入れて飲む

(また酒かい!)

っていうレシピもあります。

 

とことん酒好きの多いロシアならではの、風邪予防のレシピ。「風邪予防だから」って、なかなかいい「飲む言い訳」になりますもんね・・・。

 

鼻がぐずつくと思ったら・・・玉ねぎの汁

日本でも風邪を引くとねぎをたくさん食べるとか、ねぎ入りのみそ汁を飲むのがいいとかって聞きますが、ロシアでは長ネギよりも玉ねぎが一般的。例えば、鼻がぐずつくなーと思ったら、

  1. 玉ねぎをみじん切りにする
  2. スプーンの裏などでつぶして汁を出す
  3. その汁とサラダ油を混ぜて鼻の奥に塗る

っていうような民間療法があります。鼻づまりが酷かったり、鼻の奥と喉の間が痛くてしょうがなかった時に試したことありますが、効果もまあまああったような気がします。ちなみにサラダ油を混ぜるのは、刺激が強すぎないように緩衝材の役目として混ぜるみたいです。

玉ねぎの使い方としては、他にも「玉ねぎを半分に切って枕のそばに置いて寝る 」っていう方法を効いたことがあります。試してみたこともあるんですが、鼻のつまりは一時的に楽になったような気がします。その代り、寝室が玉ねぎ臭~くなっちゃいます(笑)

 

咳が酷い時に。蜂蜜とバターと牛乳

今回の私の風邪は高熱+咳で、特に空咳が酷かったので、そんな様子を見かねたお祖母ちゃんが教えてくれたレシピ。温めた牛乳に蜂蜜とバター(適量)を加えて出来上がり!な簡単ドリンクです。そういえば、留学初年度に風邪ひいたときも同じレシピをロシア語の先生が教えてくれたような・・・。

ただし、ネットで情報を見ていたら乳製品は咳を悪化させるとの情報もありましたので、自己責任で・・・。私はもともと牛乳があまり好きじゃないので、試していません(苦笑)。(ごめんね、お祖母ちゃん)。。。 乳製品が好きなロシア人はこういうの、好んで飲みそうですが^^;

咳止め効果なら蜂蜜をそのまま食べる(ゆっくりと口の中で溶かしつつ飲む)ほうがいいような気がしました。

 

風邪を引いたときの定番ドリンク 蜂蜜+紅茶+レモン

これは別にロシアとかじゃなくても普通にあるレシピかと思いますが、風邪を引くたびにほぼ100%

Ты пиешь чай с лимоном с медом? 

(レモンとはちみつ入りの紅茶飲んでる?)

って必ず誰かに言われるので、一応挙げておきます。風邪を引いたときの超定番ドリンクっていうところですね。これは風邪予防の意味でも私も普段から飲んでいます。

 

ちなみに、ロシア人夫に蜂蜜入りのお茶を淹れてもらうと、口に含んだ瞬間

ウホッ!ゴホッ!!

ってなるくらい、めちゃめちゃ甘いお茶を入れてくれます。。。ロシア人は基本ものすごい甘党で、普段からお茶には砂糖を小さじ山盛り3杯くらいいれるのが標準なんでこうなっちゃうんですね。。私にはもはやお茶ではなく砂糖湯にしか思えない味です。。

 

高熱のときのロシアンティーはラズベリージャムで

小学生のころ、「ロシア人はジャムをお茶に入れて飲むんだよ」なんていう話を同級生から聞いて、何度か試したものの、あんまり美味しくなくて記憶から葬り去られたロシアンティー。

知っている人も多いと思いますが、ロシア人はジャムを直接紅茶に投入するのではなく、お茶のお供に別の器にジャムを入れてテーブルに出す、というのが本場の正しいロシアンティーになります。

しかもジャムは日本でイメージするのよりも、とろ~っと液体状で、フルーツも原形をとどめていることが多く、フルーツの砂糖煮と言う感じ。ロシア語ではВарение(ヴァレーニエ:「煮たもの」の意味)って言いますね。日本にあるようなジャムはロシア語でもやっぱりジャムといって、ヴァレーニエとは区別して使っています。

ヴァレーニエは、ラズベリーやイチゴなどのベリー類やアプリコットなどを、フルーツ1kgに対し1kgの砂糖で煮、冬場の保存食として瓶詰にしている家庭が多いですね。保存ということを考えてか、とにかくものすごい砂糖の量で、かなり甘い!(こうやって砂糖を大量に摂取するから太っちゃうんだよ・・・ロシア人の皆さん。と心の中で言いたくなります。)

そんなヴァレーニエですが、ベリー類には薬効もあるとされ、ロシア人の間では、特に高熱の時にはラズベリーのヴァレーニエを紅茶に入れて飲むとすごく良いと言われています。

ラズベリーのヴァレーニエはとっても美味しいので、砂糖摂取しまくりで体にいいのか悪いのか・・・と疑問に思いつつも、高熱の時くらいはいいか、と自分に甘く、甘い甘いラズベリーのヴァレーニエを紅茶に入れて飲んでます(笑)

 

 

うがいをするなら塩+重曹のコンビ

飲み物ではありませんが、ぬるま湯に重曹と塩を溶かしてうがいをすると良い、とあるロシア人の友達に教えてもらい、これは結構私も気に入っていて良くやっています。殺菌力が高まるような、そんな感じ?

 

 

足の冷えからくる風邪を撃退!辛子入りの足湯

冷えは万病の元と日本でも言われますが、特に冷えやすいところと言えば足先!つま先のツーンとした冷えはつらいだけでなく風邪や病気の原因にもなると言われ、足を冷やさないようにとよく私も注意されます(分厚いタイツを何枚も重ね履きしてるんですけどね・・・)。

冷え切った足を即効温めて体の血の巡りをよくする方法に、「辛子入りの足湯」があります。日本でよく見かけるチューブタイプの練りからしじゃなくて、粉末タイプの辛子を熱いお湯の中に投入し、足を温めます。ただし、「辛子」なので肌が弱い人はビリビリしちゃう可能性大。

辛子入りシップみたいなのも売っていて、一度友達の家でちょっと咳をしたら「風邪予防になるから!」といって背中に辛子入りのシップを無理やり貼られたこともありますが、数分後からすごいヒリヒリしてきて大変でした(苦笑)。

普通に塩とかで足湯をした方が いいかもしれません。

 

飲むだけじゃなかった!風邪のときのウォッカの使い方

ちょっとウォッカのネタに戻ってしまいますが、実はウォッカを飲む以外にも、結構いろんなところでウォッカは登場します。エタノール濃度が高いだけに「消毒」という役目を果たすことができるらしく、

  • のどが痛む場合はウォッカをのど周りに塗る
  • 体にできものができたらウォッカを塗る
  • 高熱が出たら全身にウォッカを塗る

など、具合の悪いところにウォッカを良く塗ります。高熱のときは体から熱をアルコール分と共に飛ばすためにウォッカを塗るのだそうだ。どこまでもウォッカと離れられないロシア人・・・。

 

 

最後に

というわけで、ロシアの民間療法の紹介(なんだか半分くらいウォッカの話になっちゃった?)でした。ちなみに、本当に効くかはかなり「???」なものもあるので、すべて自己責任でお願いします。なんて言ったって、ロシア人はつい最近まで「リンゴには鉄分がとてもたくさん含まれている」と口をそろえて言っていたくらいなので。。。日本人の私には「リンゴ=鉄分????」と疑問でいっぱいでしたが、ロシア人はリンゴを切った後に茶色く酸化するのをみて「鉄分がたくさんある」と思っていたみたいです。(最近テレビで実は鉄分は多くないと報道されてようやく理解が進んだ模様)

大事なのは栄養のあるものを食べて、しっかり休む!これに尽きますね。