4月18日のGoogle検索アルゴリズム変更からPV数が2/3に激減。アクセスが戻るまでに検討した原因5つ

先月後半(4月17~18日ごろ)のGoogle検索アルゴリズムのアップデートで、急にこのブログのPV数がそれまでの2/3程度にまで落ち込むという事態に陥りました。

しばらくブログを更新していなかったのですが、アクセス数はこれまでわりと安定していて、これほど急激に変動することがなかったので、心の中では結構(いや相当)焦りつつ、原因を探りつつ…、もうアクセスはしばらく戻ってこないかもと半泣きになりながら…という感じでしたが、ありがたいことに5月の始めにはアクセスが戻ってきました。そんなに一生懸命ブログを書いている訳じゃないのに、いざアクセスがこんなに落ち込むと気分も落ち込むものですね。。

特にSearch ConsoleにGoogleからの警告メッセージが届いていたわけではないので、いわゆる「自動ペナルティ」を受けたと考えてよさそうです。

自動ペナルティについてはデジ研さんのサイトの説明が分かりやすかったです。

自動ペナルティの場合はGoogleからのメッセージは届きません。また、Search Consoleの「手動による対策」のページにも表示されないため、確実にペナルティを受けていると判断することができません。

そのため、突然順位が落ちたという際には、アルゴリズムにより自動ペナルティを受けたと考えて、サイトに問題がないか確認するという対応をとったほうがいいでしょう。

 

ということで、ハッキリと「これが原因だった」と100%言えることは何もないのですが、幾つか考えられる原因はありました。最終的には、まず最初に取り掛かった改善策を実施したあとにアクセスが戻ってきたので、それまでの経緯をこの記事に書いておきたいと思います。

 

アクセス激減の原因として考えられたこと

今回アクセスが落ち込んだ原因として考えたことには以下のようなものがありました。

1.コンテンツが低質なものとみなされた
2.昨年10月にブログを統合したあと、統合元のブログのドメインが切れてバックリンクが減った
3.ブログ記事の更新頻度が著しく低い
4.ページの表示スピードが遅い
5.コンテンツに対し広告の数が多すぎた

上記の5つの原因について一つずつ、思っていたことを書いていきます。手っ取り早く、何をやったかが気になっている方は読み飛ばしてください。

 

1.コンテンツが低質なものとみなされた可能性

アクセスが落ち込んだあと、4/18日ごろのGoogleのアップデートの内容はどんなものだったのか、ということを知りたくて色々情報をあたっていました。そんな中、幾つかのブログ記事で「4/17~18の大変動で順位が落ちたサイト・ブログはコンテンツの質が低いと判断された可能性あり」というようなことを目にしたので、ちょっとショックではありましたが、「当ブログもコンテンツが低質なものとみなされてペナルティを受けたのか…?」と思ってはいました。

ただ、コンテンツの質を改善するのは数日、1~2週間で改善できるものではありません。「もし本当に質が問題なのだったら、今後時間をかけて見直していくしかないな」と考え、ひとまずこれについては早急な対策作業から外しました。

 

2.バックリンクが減ったことが原因の可能性

これも気にはなっていました。というのも、昨年10月に二つのブログを現ブログ一本に統合したのですが、それに伴って消えたのは古いほうのドメインで、さほど多くないとはいえ、良質なバックリンクがついていました。

その古いほうのドメインからは、しばらく301リダイレクトで当ブログにアクセスが来るようにはしていたのですが、3月の更新時にバッサリ、ドメインを廃止したため、古いドメインについていたバックリンクの効力(参照アクセス)も途絶えることとなりました。

さほどバックリンクの効力はないと思っていましたが、ちまたでは結局バックリンクはいまだに結構重要という話も見かけますので、なんとなく気になっていた部分ではあります。

 

3.ブログ記事の更新頻度が著しく低い

1か月くらいブログを放置していたし、毎月1~2記事くらいしかアップしていないのがずーっと続いているので。ただ、最近はブログの更新頻度よりも記事の質のほうが重要視されているので、これはアクセス低下の直接的な原因ではないかもとは思いつつ、更新頻度もやっぱり大事なのかもしれないと。

 

4.ページの表示スピードが遅い

本業の忙しさにかまけて自分のブログにアクセスしたり、読み直したり、使い勝手をスマホやタブレットで見てみたり…ということをしばらく怠っていたのですが、今回のことで、自分のブログを色々見ているうちに、気づきました。「表示がかなり遅い。イライラする」と。

Gtmetrixで試しにチェックすると、なんとすべての読み込みが完了するのに20秒以上かかっているページがある…。これはかなり問題。表示速度が遅いと離脱率が上がりますからね。

自分でアクセスして自分でイライラするくらいなので、きっと多くの訪問者さんはかなりイライラされたことでしょう。。。

この表示速度が問題でここまでガクッとアクセスが減るとは思えなかったのですが、ユーザビリティが悪いと判断された可能性は大いにあります。また、表示速度が遅いために離脱率が高くなり、その離脱率の高さが原因で自動ペナルティとなった可能性も考えられます。

 

5.コンテンツに対し広告の数が多すぎたかも

広告の数がコンテンツに対して多すぎるのはよくないですよね。Googleアドセンスの広告の表示数の制限が解除(以前はディスプレイ広告3つ、リンク広告3つまでだった)されて、広告の配置数を少し増やしていたのですが、当ブログは一記事の分量が3000~5000文字くらいのことも多いので、そんなに広告が多すぎるという気は(自分としては)ありませんでしたが、少し気にはなっていました。

また、広告数が増えることで表示速度にも影響がでているとしたら問題だと思い、再検討事項に含めました。

 

 

まず取り掛かった改善策は…

以上のような原因を考えていたのですが、まずは一番手っ取り早く改善できて、自分としても一番気になったことから始めました。それはページの表示速度の改善です。

で、実際にページ表示速度の改善から始めて良かったと思っています。今回アクセスが戻ってくるために必要だったことは、これだけ(ページ表示速度の問題を解決すること)だけでした。Google Analyticsのグラフで見るとこんな感じで、高速化してから比較的すぐにアクセスが戻ってきています。

アクセス減と回復

その他の原因については特に今回は何もせず、コンテンツは一切変えていませんし、アクセスが下がって戻ってくるまで記事も特にアップしていません。バックリンクはそもそも何もしようがないですし。(広告数は減らしていませんが、配置を少々変えました。)

ページの読み込みは速ければ速いほどいいですし、せっかくアクセスしてくれた方々に表示速度が遅くてイライラさせてしまうのは申し訳ないので、今回気づいて良かったと思っています。(それでちゃんとアクセスが戻ってきたから本当に良かったですが(涙!)

 

このブログを高速化するために具体的に何をやったかについては次の記事にまとめたので、特にMixhostを使っている方、Mixhostへの移転を検討している方はよかったら参考にしていただければと思います。

次の記事: WordPressサイト高速化!GTmetrixでA判定までの6つのプロセス【Mixhostサーバ】

 

以上、ダラダラと書いてしまいましたが、お読みくださりありがとうございました!

Contact Form7の問い合わせをGoogle Analyticsでトラックできなかった原因と解決法

定番プラグインContact Form7で作った問い合わせフォームからメッセージが送信されたときに、そのイベントをGoogle Analytics側で取得して、目標値として計測したかったのですが、色々思うようにいかずハマってしまったので、その状況と解決に至った道をまとめたいと思います。

contactform7-googleanalytics

 

今回やりたかったのは、前述のとおり

Contact Form7の問い合わせが送信されたときにGoogle Analyticsでイベントとして取得したかった

ということで、そのあたりの具体的な方法は以下の二つのサイトが参考になります。

【Googleアナリティクス】目標設定とイベントトラッキングを設定しよう!

簡単で完璧!WordPressの問い合わせフォームのプラグイン『Contact Form7』にGoogle Analyticsのコンバージョンタグを設定する方法

 

上のサイトの手順通りにやっていけば普通ならそれでイベントがトラックできるはずです。が、私の場合はトラッキングできなかった。。その時の状況としては

  • Thank youページには飛ばない設定で送信ボタンをクリックすると、送信完了メッセージが表示されない
  • Contact Form7で利用できるアクションフック(ユニバーサルアナリティクス用)を設定
  • Google Analyticsではユニバーサルアナリティクスになっていることを確認済み

という感じでした。

順に詳細を記述していきます。

 

Google Analyticsでイベントが取れなかったときの状況

Contact Form7では送信ボタンをクリック後、thank you ページ(送信完了ページ)に遷移するのではなく、フォームのあるページ内に「送信完了しました」というメッセージを表示させる方法を推奨しています。

Thank youページに遷移させるなら、そのページへの遷移をGoogle Analytics側でイベント計測すればいいので問題はないのですが、今回はわざわざThank youページに飛ばすのではなく、送信完了メッセージを同一ページ内に表示させたいという希望がありました。

Contact Form7では、以下のようなon_sent_okアクションフックを使うことで送信イベントを取れるようになります。

 

が、このアクションフックを設定すると、問い合わせの送信完了メッセージが表示されなくなってしまいました。

問い合わせ自体は送信されているのですが、「送信完了しました」というメッセージが表示されないと、送った側は「アレレ、送信されたのかな??」と不安になりますよね。

 

で、この状況を調べてみたところ、以下のサイトに「Javascriptのコンフリクトの可能性がある」という情報がありました。

Contact Form7でコンバージョンを計測する方法

on_sent_okフックを使うとメッセージが表示されないのは他のプラグインで使われているjavascriptとのコンフリクトが起きている可能性があるため、これを解決するには、使用中のプラグインを全部止めてどれが原因なのか調べる必要があると。。

「ええー、面倒くさいよ・・・」と思いつつ、止められるプラグインは全部止めてみたものの、変化なし。

 

必須プラグインとコンフリクトしているとしたらどうしようもないな・・・と思い、半ばあきらめモードになりました。

が、ふと思い立って、ブラウザのデベロッパーツール(Windowsの場合 Ctrl + Shift + i または F12キー)を開いてみたところ、こんなエラーが発生していることが判明。

Reference Error: ga is not found 

 

gaという変数がありませんよ、というエラーですよね。これ。調べてみると、Google Analyticsでユニバーサルアナリティクスに設定されているかいないかで、gaだったり_gaqだったりするらしいです。

ユニバーサルアナリティクスに変更したときは、Contact Form 7のコンバージョン設定も変更するべし! http://hamatte-wataru.com/analytics_contact_form_7/

しかし、私の場合はGoogle Analyticsはユニバーサルアナリティクスになっているし、これはちょっと違う話だなと。

 

解決に至った道。原因はYoast Google Analyticsだった!

問題が起こると最近はデベロッパーツールで中身を覗くことが多いのですが、生のソースコードを一覧するっていうのも時には大切なんだなということを学びました。

 

コンタクトフォームを設置しているページのソースコードを見てみると… なんと、gaとなっているはずのところが、__gaTrackerになっている!!

 

なんでだろう!??と思い、よくよく見てみると、このトラッキングコードはプラグインGoogle Analytics by Yoastが吐き出しているものだと分かる。

 

そこでこの件について調べてみたところありました!こんな情報が。

Yoast Google Analytics Reassign ‘__gaTracker’ Tracker to ‘ga’ Variable

 

つまり、このプラグインはga変数を__gaTrackerにリアサインしているということらしい。そんなぁ。。。なんでわざわざ。。

解決方法は上のサイトにもありましたが、

 

このコードをYoast Google AnalyticsプラグインのAdvancedタブにあるカスタムコードに追加すればOK。

Yoast Google Analyticsプラグインを使用している方は要注意ですね。

 

これでContactForm7からの送信イベントがGoogle Analytics側でトラックできるようになり、送信完了メッセージも表示されるようになりました!

 

Google Analyticsリアルタイム解析で瞬間的に異常なアクセス増加!ならリファラスパムを疑え

リアルタイム解析で異常にアクセスがきてる今までも何度か見かけてきたのですが、Google Analyticsのリアルタイム解析で、ある瞬間だけアクセス数がびょ~~んとすごい数になるときがあります。

 

当ブログでは今のところ同時アクセスは多いときで10人弱。なので27件もの同時アクセスは通常ありえないし、もしこれがSNSなどで拡散された結果だとしたら数時間~一日くらいはアクセスがガーッと増えるはずなので、上のようなアクセスの増え方は奇妙ですよね。。

一度なら見過ごせても、何回か同じような現象がおきていたので、どうも気持ち悪くて原因を調べてみることにしました。

原因はリファラスパムだった

Google Analyticsのアクセスレポートで、集客 > 全てのトラフィック > 参照元/メディア というところを見てみたところ、social-buttons.com という覚えのないサイトからの参照が26件ありました。

リファラスパムからのアクセス

 

「これが原因っぽい。」と思いGoogle先生に聞いてみたところ、

Social-buttons.com Referral Spam

という記事を発見。どうやら今回悪さをしているのはReferral spam(リファラスパム、参照スパム)というものだということが分かりました。

 

リファラスパムの目的

そもそもリファラスパムの目的は何なのか。

幾つか読んだ記事によると、Google Analyticsのレポートに参照元としてサイトが残るようにし、管理者が参照元からそのサイトを訪問するように仕向けることのようです。

The purpose of this spam is to trick webmasters into visiting the sites reported as referrers.

引用元:Understanding and eliminating referrer spam in Google Analytics

そうやって仕向けてアクセスを増やしたいんでしょうかね・・・?自分もsocial-buttons.comにアクセスしちゃったので何だかムカつきます。

 

リファラスパムを除外すべき理由

リファラスパムを送りつける側の意図が何であろうと、「スパム」という名がついている以上、放っておいてはいけない感じがします。

リファラスパムを除外すべき一番の理由は、

Google Analyticsによるアクセス集計結果にスパムによるアクセス数が入り込んでしまうこと

正確な分析ができなくなります。

そしてもう一つは、

リファラスパムによって同時アクセスが急激に増えることにより、サーバーへの負荷がかかり、ページのロード時間が長くなる。ページの読み込み時間が長くなるとSEOの評価も下がるし、ユーザーにも迷惑がかかる

ということです。

参考How to Stop Spam Bots from Ruining Your Analytics Referral Data

今回のように20~30件程度なら大きな問題にはならないでしょうが、幾つものリファラスパムからアクセスがガンガン来るようになる可能性だってありますので、そうなるとGoogle Analyticsの統計が役立たずになってしまいます。。

 

リファラスパムを除外する方法

リファラスパムを除外する方法ですが、二つの方法があるようです。

  1. .htaccessでアクセス拒否する
  2. Google Analyticsのフィルタ機能を利用する

以下のサイトでは、上の二つの方法でそれぞれどのようにリファラスパムからのアクセスを除外できるかが解説されています。日本語で書かれていますし、今のところ(2015年3月現在)存在しているリファラスパムを全部除去できる方法を紹介してくれていますので、ぜひ参考にしながらやってみてください。

アクセス解析データを掻き乱すリファラ偽装スパムへの対策

 

どっちの方法がいいのかは、英語のサイトを色々読み漁ってみたのですが、Google Analyticsのフィルタ機能を使うのがいいという人もいれば、.htaccessのほうがいいという人もいます。自分がやりやすいほうでやってみてください。

 

Google Analyticsフィルタ機能を使うなら比較用のビューを作成しよう

Google Analyticsフィルタ機能を使ってリファラスパムを除外する場合、フィルタの効果を把握するために、新たにビューを作成してからフィルタを適用するとよさそうです。

そうすると、デフォルトのビューはスパムを含んだ状態での集計、フィルタを適用したビューはスパムを除外した状態での集計結果が表示されます。こうすることで、フィルタの効果を把握することができます。

以下に具体的な方法を図解します。

 

Google Analyticsにアクセスし、「アナリティクス設定」のページで「ビュー設定」をクリック。

analytics setting

 

「ビューをコピー」をクリック。

Google Analyticsビューの追加

 

適当なビュー名を設定し、ビューをコピーします。

新たなビューの作成

 

フィルタは、上でご紹介したサイトの解説に沿って追加しました。フィルタは解説の通り、3つ作成しています。

アナリティクスでフィルタ作成

 

「ビューにフィルタを追加」の下のほうにある「ビューにフィルタを適用」のところでは、今回作成したビューを追加します。

filter-view-setting

以上です。この方法は以下のサイトを参考にさせていただきました。

Block Google Analytics Referral Spam From Darodar.com Or Any Spam Domain

 

 

効果のほどについては結果がみえる1~2か月後に改めて報告したいと思います^^

 

——————————

2016.3.13追記)

対策しても対策しても新しいリファラースパムが現れる「いたちごっこ」だったこの問題ですが、「最近落ち着いてきたな~」と思っていたらGoogleがこの対策をついに行ったようです。はぁ~めでたしめでたし。

関連記事: Googleアナリティクスのリファラースパムについに対策か? 

Google AnalyticsとAdsenseのリンク(統合)ができないときの解決法

この記事ではGoogle AnalyticsでGoogle Adsenseのレポートを見るためにリンク付けをしたいのにうまくいかなかった状況とそれを解決した方法について簡単にまとめます。もし同じような状況でお困りであれば何かのヒントになれば嬉しいです。

Googleアナリティクスでアドセンスとのリンクができなかった理由

基本的にGoogleのアカウントが一つであれば、こんな状況は起きないと思うのですが、Googleアカウントを2つ以上持っている場合、私と同じような現象が起きる人もいるかもしれません。

私の場合、Googleアナリティクスは2つのGoogleアカウントから閲覧できるようになっていたんですが、そうなった状況はこんな感じです。

最初にアナリティクスを使っていたGoogleアカウント(「アカウントA」とする)がメインでなくなった

別のGoogleアカウント(「アカウントB」とする)でアナリティクスを閲覧するようになっていた

アナリティクスには最初に使っていたほうの「アカウントA」の情報も残っており、「アカウントA」のほうが「メイン」アカウントに設定されていた。

アドセンスは「アカウントB」で全て設定していた。

 

こんなわけで

アナリティクスのメインアカウント⇒A

アドセンスのメインアカウント⇒B

という風にメインアカウントが食い違っていたためにアドセンスとアナリティクスをリンク付けようとしても「リンク」ボタンさえ表示されなかったんです。

 

以下がGoogleアナリティクスのキャプチャをですが、「ユーザー管理」というメニューを見てみると、二つのGoogleアカウントが登録されていますよね。そして、それぞれアクセス許可の範囲が設定できるようになっています。

ここでAdsenseとのリンク付けを行いたい「アカウントB」で「共有設定」が許可されていないと、リンク自体ができないというわけでした。

google analytics複数アカウント

デフォルトでは最初のアカウントにすべてのアクセス許可があって、その後追加されたアカウントには編集・共有設定のアクセス許可が付かないようになっているみたいです。私みたいに複数アカウントをアナリティクス側で使っている場合は、アクセス許可がどうなっているか、一度チェックしてみてください。

 

アナリティクスのアクセス許可を変更しアドセンスとリンクさせる

そんなわけで、上のようにアクセス許可の範囲を設定しなおし、「アカウントB」に共有設定の許可を与えてから、アドセンス側とのリンクに再度挑戦したら、無事にできました。以下、その方法の図解です。

アナリティクス側で「アナリティクス設定」メニューの中から「Adsenseリンク設定」を選択すると、今度は「AdSenseアカウントとアナリティクスアカウントをリンク」というところに青いボタンが表示されますのでクリックします。

analyticsとadsenseをリンク

 

そうすると、一覧にリンクしたいアナリティクスアカウントが表示されますので右側の「リンク」をクリックします。

アドセンス側でブログを選択

 

以下のように表示されたらアドセンス側の設定は完了です。アナリティクスのほうに移ります。

アナリティクスとの統合

 

アナリティクス側で再度「アカウントをリンク」をクリックします。

アナリティクス側の設定

以下の表示が出たら、「1個のビューを選択」をクリックしてリンクするAnalyticsプロファイルを選択します。

アナリティクス側の設定2

 

以下のような表示になればOKです。

アドセンスとのリンク状態

アナリティクスにAdsenseというメニューが表示されるようになりました。まだリンク付けされたばかりなのでレポートの結果は0ですが今後は詳細な分析もできそうです。

analyticsからadsenseのレポートを見る

 

Google Analyticsで直帰率が劇的に低くなった・PV数が劇的に増えたら・・・設定ミスかも

今月のはじめ、このブログのテンプレートを変えてから

Google Analyticsの動きがなんだかおかしいなあ・・・

と思っていたのですが、

 

PV数がいきなり2倍近くに増えていたのでなんとなく嬉しくなり、最強のSEOテンプレートと言われる賢威の効果かな♪などと安易に考えていました^^;

Google AnalyticsでのPV数
Google AnalyticsでのPV数の変化。いきなりウナギ登りになっている・・・

 

しかし、なんだかやっぱりおかしい。

 

というのは、直帰率が明らかに低すぎたから。

Google Analyticsでの直帰率

 

 

 

私のブログの場合、ある日を境に、日が経つほど

直帰率が限りなく0近くになっていったのですが、

あるサイトで「直帰率が10%を下回ることはまずない」という情報を発見。

 

そこで「あ~やっぱりおかしかったんだ><」と自覚し、エラー探しに。

色んなサイトで情報を調べていて

ヘッダーにGoogle Analyticsのトラッキングコードが重複してあると

PVが重複カウントされる

ということが書いてあったのですが、私のブログのヘッダーにはトラッキングコードは一つだけでした。

 

もしかして、GoogleAnalyticsで推奨されているユニバーサルアナリティクスへの移行をしていないことが原因か?などと勝手に考え、ユニバーサルアナリティクスへの移行を開始したものの、その後もPV数,直帰率は正常化せず・・・。

 

その後もあれこれとチェックしているうちにふと気がついたのがあのプラグイン。

 

Google Analytics for WordPressです。

 

テンプレートを変えた時に色んなプラグインを追加したり削除したりしていたのですが、Google Analytics for WordPressはインストール・有効化して、その後、なんだか設定したのかなんだったか、忘れて放っておいてしまいました。

 

どうやら、このプラグインが有効化されていてかつ、ヘッダーにトラッキングコードを載せていたためPV数が重複カウントされていたっぽい。

 

結果、1pvが常に2pvとカウントされるわけだから当然直帰率は0に近づいちゃいますよね。。

 

とりあえず、Google Analytics for WordPressを無効にしたら正常な状態に戻りました^^

 

 

今回の一件ではちょっと調べものに時間が取られちゃいましたが、ついでにユニバーサルアナリティクスにも移行できたのでまあ良かったかなと^^;

 

プラグインの導入にはあらためて気を付けなければと思いました。