WordPressの投稿エディタを開くときに必ずテキストモードで表示させる方法

この記事では、Wordpressの投稿エディタでビジュアルモードが有効になっている場合に、必ず最初の表示をテキストモードにする設定方法について書いています。

テキストモード設定

 

WordPressエディタは前回のモードを継承する

WordPressのエディタには「ビジュアル」モードと「テキスト」モード(Htmlエディタともいう)がありますよね(上の画像を参照)。

 

WordPressのダッシュボードでは、エディタのある画面(投稿画面や固定ページ作成画面など)を開くと、基本的にエディタは前回のモードで開かれます。

前回ビジュアルモードを最後に使ったなら、次回エディタを表示したときにはビジュアルモードで開かれる、というわけですね。

 

普通に投稿画面から記事を投稿する分にはそれで全く問題なかったのですが、メルマガ配信用のWordpressプラグインBFT-Proを使いはじめてから、ビジュアルモードが最初に表示されると困ったことが生じたため、今回のように「テキストモード」をデフォルト表示する方法を探すことになりました。

 

BFT-Proをお使いの方以外は、詳しい現象の説明はいらないと思うので以降は読み飛ばして、最後の解決方法のところを見ていただければと思います。

 

テキストモードをデフォルト表示にしたくなった理由

で、BFT-Proで何が問題になるか、というとテキスト形式で作成しておいたメール本文を再編集しようと思ってエディタを開いたときに、ビジュアルモードが表示されるとメール本文の改行がぐちゃぐちゃに崩れてしまうときがあるんです。

  1. 保存しておいたステップメールをテキストモードで保存
  2. 再度編集しようとしてメール本文を開く
  3. ビジュアルモードでエディタが開かれ「ああ!改行が崩れている!!」と急いで「テキスト」モードに切り替え
  4. テキストタイプのメールに不要のhtmlタグが入り込んでしまった・・・

っていう。。

こうなると、せっかくテキストモードできれいに作って置いたメールの改行もすべて水の泡・・・(T_T)。

 

WordPressでテキストモードとビジュアルモードの切り替え時に、改行が崩れて困ったことになるという話はもう有名で、対策用のプラグインもありますが(記事の最後で紹介します)、それを使ってもWordpressのダッシュボードでメルマガの本文を開くときに「ビジュアル」モードで開かれちゃうと本当に困ってしまうんですね。

 

何言っているか分からなかったら申し訳ない。。。使っている人はわかると思います。。たぶん・・・

 

で、プラグインでも制御しきれないし、じゃあプログラムを変更しないといけないのかと思い、BFT-Proのphpファイルなどを眺めてみたものの、なんだかズブズブ深みに入る感じで、しっくりくる解決方法が浮かばなかったんですね。。

でも今後Wordpressのエディタでメール本文を作成するならこの問題は見過ごせないし・・・ということで、あーだこーだと考えた挙句・・・

 

WordPressの管理画面でエディタが開かれるときは

必ずテキストモードで開かれる設定にすればいいんじゃない!?

と思いつきました^^(思いついてしまえば何とも簡単だ)

 

デフォルトでテキストモードなら、自分で「デザイン」タブを触らなければメルマガを書くときや編集するときにも問題は起こらないわけですし、BFT-Proの設定画面以外でエディタが使われるとき(投稿画面など)でも必ずテキストモードが最初に表示されるようにするのは特に問題ないですので。

 

というわけで、前置きが長くなりましたが以下、デフォルトでテキストモードを表示させる方法です。

WordPress投稿エディタでデフォルトをテキストモードにする

具体的には、まずダッシュボードから「外観」>「テーマ編集」でfunction.phpを開き、一番最後(?>の手前)に以下のコードを追加して保存すれば完了です。3分もあれば設定できます^^

 

悩んだ割には、すごく簡単なカスタマイズのみで解決(応急措置的だけど十分でしょう^^)してよかった。

悩んでいる間にまた少しWordpressについての知識も増えたので、めでたしめでたしです。

 

参考記事How to Set HTML Editor as the Default Post Editor in WordPress

 

エディタのビジュアルモードとテキストモードの切り替え時の崩れを防ぐのに役立つプラグインは以下の記事が参考になります。

PS Disable Auto Formatting – WordPressのHTMLタグの自動除去を停止できるプラグイン

かなり本格的なメルマガ・ステップメール配信ができるWordPressプラグインArigato Proのメリット・デメリットまとめ

前回の記事(ステップメールが使えるメルマガ配信スタンドを改めて探してみた)では

  • ステップメールが使える
  • コストがなるべく低い
  • 到達率がそこそこ
  • 月間配信数やリスト数の制限がゆるい

っていうような、なんともワガママな条件をもとにメルマガ配信スタンド探しをしてみた結果まで書きました。

ステップメールが使えるメルマガ配信スタンドを改めて探してみた

 

ASP型だとどのあたりが候補になるかとか、サーバー設置型はどうかとか、そのあたりは私の記事より全然良い比較記事を書いているブログがたくさんあると思います。

 

が、今回の調査の末、私がついに選んだ配信ツール(Wordpressプラグイン)の日本語の記事は実際まだ見かけてないんで・・・

もしかして一番乗り!!?」

な~んて思っちゃってます。(どうでもいいことですが。。ちょっと書いてみたかった・・・^^;)

 

ではいよいよ!!私が選んだステップメール配信ができるWordpressのプラグインをご紹介します!

ステップメール配信ができるWordpressプラグインArigato Pro(旧名BFT Pro)

公式サイトArigato Pro(Broad Fast Pro Autoresponder、旧名BFT Pro)

ダッシュボードではBroad Fast PRO AutoPremium とBFT Proという風に表示されています。上の公式サイトではPremium Auto-Responder Plugin For WordPressという表示になっているかと思います。

2015.04.07追記: どうやら最近名称が変わってBFT Pro と書かれていたところは Arigato Proという風になっているようです。呼び方が色々ありすぎ(笑)

一言でいうと、ステップメール配信、一括メール配信(スポット配信)がWordPressのダッシュボードから行える有料プラグインです。無料版もありますが、配信時刻の設定ができないなど、機能が制限されているので有料版を購入しました。有料と言っても、他の選択肢と比べてかなりコストダウンできましたので私的には大満足です^^

 

BFT-Proを使う13のメリット

かなり機能が豊富なので、色々メリットに書きたくなってしまうのですが、特にこれはいい!と思ったものを以下に挙げてみました。

 値段が安い!一回ぽっきり47$(約5500円)

すでにWordpressのブログやサイト用に借りているレンタルサーバーを使うので、メルマガのためだけにかかる月々のランニングコストがかかりません。 これはありがたい。以前アスメルの配信スタンドに月々3000円かかっていたことを考えると、その2か月分のコスト分で、BFT-Proはずっと使用できます。サーバー代は月々500~1000円くらいですから、かなりのコストダウンですね。

 

ステップメール可能、一括配信も可能

一括配信だけなら他にも安い配信ツールがありますが、BFT-Proの肝はステップメールも作れるところ。最強。

 

シナリオ数無制限

ステップメールは複数のシナリオを作成できますし、一つのシナリオの中に何通でもメールを設定できます。一括配信メールの方も、いくつでも作ることができます。無料版だとステップメールは一種類(一シナリオ)しか組めないのでちょっと不便ですが、Pro版はこういうところに制限がないのも嬉しい。

 

メルマガリスト数無制限

メルマガの購読者をリストとか読んだりしますが、購読者数(リスト数)にも制限がありません。無料のメルマガ配信スタンドだと100人までとか、かなり制限がキツかったり、また購読者数が増えるとコストも増えることが多いです。そういう制限やコスト面での問題がないのもBFT-Proのいいところだと思います。

ただし、レンタルサーバーのほうで一日の配信数に制限が設けられていることがあります。大抵は1000~2000通くらいまでの規模なら大丈夫だと思いますが、お使いのサーバーの制限事項はチェックする必要ありです。

 

サーバーに負荷がかからない設定ができる

前述のリスト数ともかかわっていますが、BFT-Proでは、一回あたりのメール配信数と1日当たりの配信数制限が設定できるようになっています。例えば一回あたり50通、一日あたり2000通と設定している場合、2000人の購読者にメルマガを送信したい場合は、2000/50=40回に分けてメルマガを配信してくれます。この機能のおかげでサーバーに負担をかけず、制限事項を破ることなくメルマガを配信することができます。このあたりの設定については以下の記事で解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

ステップメール・メルマガ予約配信に必須のcron設定(さくらサーバー)

 

いろんな予約配信機能

ステップメール配信に必須な「登録後●日後に配信」という設定のほかに、「毎週●曜日に定期配信」とか、「毎月の●日に配信」などといった設定もできます。使い道は色々ありそうですね。週末セールとか毎月●日のセールとかの案内も簡単にできそうです。

 

メールはHTML形式とテキスト形式が選べる

私は基本テキスト形式で配信するのが好きなのですが、HTML形式でもメールが作成できます。

 

メール内に広告が入らない

メルマガ配信スタンドでも無料だったり激安だったりするものは大抵広告が入ってしまいますが、BFT-Proならもちろん勝手に広告が挿入される心配もなし。自分の思い通りのメール本文が作れます。

 

登録フォーム(入力項目)のカスタマイズができる

メルマガ登録フォームには名前、メールアドレスのほかに、入力項目を追加したり、ドロップダウンリストやチェック項目などを追加することもできます。また、入力項目をメール本文や件名のなかに埋め込むこともできます。

 

ダブルオプトイン形式の読者登録が可能

フォームにて登録後、自動返信メール内のリンクをクリックすることで正式に登録が完了するダブルオプトイン形式の読者登録も設定できます。フォームからの登録で本登録になるシングルオプトインももちろん可能です。

 

WordPressの管理画面でデータを管理できる 

作成したステップメールや読者リストなどすべての情報はWordpressのダッシュボードで管理できます。これが結構便利だったりします。

 

自分でDBをチェックできる

何かのデータを編集するときに、Wordpressの管理画面からだけでなくphpMyAdminの方からも編集できたり、データをチェックできるのはありがたいです。

 

価格面でのメリットをまず考えたのですが、この価格に対して、上に挙げているような機能の豊富さが私は本当に気に入りました。

 

実際、すでにアスメルから配信していたステップメールを、このプラグインに移行して再始動しましたが、ちゃんと問題なく配信されています^^ 最初慣れるまではちょっと大変でしたがそれはどの配信スタンドでも同じ。一度慣れてしまえばかなり使える優秀プラグインだと思います!!

 

 

とはいえ、どんなツールも完璧ではない。Arigato Pro(BFT-Pro)にもデメリットはあります。私が使ってみて「このあたりがイマイチだな」と思った点を以下に挙げてみました。

Arigato Pro(BFT-Pro)のデメリット

大量のメール送信によってアフィリエイトをしたい人には向かない

プラグイン自体の問題ではないのですが、レンタルサーバーは基本的に一日当たりの送信数や一回当たりの送信数を制限していて、これがちょっと問題になる方がいるかもしれません。

メルマガアフィリエイトをしている人だと万単位のメルマガ発行が必要になることが多いですが、そういう目的には残念ながら向いていません。本当に興味を持ってくれる人にだけ送るつもりのある方で、規模は2000リストくらいまでなら大丈夫でしょう。(念のためお使いのサーバーの公式サイトで制限数についてチェックするか、問い合わせてみてください。)

 

サーバーによってはメール配信によるアフィリエイト行為がグレーゾーンだったりするので注意

上の話と絡みますが、お使いのレンタルサーバーによってはメール配信によるアフィリエイト行為を禁止、制限しているところがあります。アフィリエイトがメルマガ配信の主な目的の場合、特にこのあたりはしっかりチェックしておいてください。さくらサーバーでのメルマガ配信とアフィリエイト広告についてはこちらのサイトかなり詳細に説明してくれていますので、さくらサーバーをお使いの方は一読することをオススメします。

さくらのレンタルサーバ(さくらインターネット)のメールの制約について問い合わせてみた(制限、メルマガ設置など)

 

 

経由するサーバーが送信元になる

こだわる方はNGかもしれませんね。下の画像キャプチャを例にすると、本当は「送信元」のところには送信者情報にあるメールのドメイン(locatimefree.com)が表示されてほしいのですが、そうはならずに、レンタルサーバーのドメインが表示されてしまいます。

私も最初「あ・・・」と思いましたが気にしないことにしました(笑) bftpro1

 

2015.5.31追記:

この問題はSMTP経由でメール配信をすることによって解決できることが分かりました。プラグインWP Mail SMTPEasy WP SMTP などを使うと比較的簡単に設定ができます。

WP SMTP Mailを使った結果

2015.6.27追記: 具体的な手順を解説しました。

自分の配信するメルマガが迷惑メールにならないためのプラグインWP Mail SMTP

 

表示がすべて英語

難しい英語を解読しなくてはいけないわけではないですが、英語が大っ嫌い!という方にはちょっとキツイかもしれません。

 

2016.07.16追記)

このプラグインのほぼ完全な日本語翻訳ファイルが完成しました。詳細は以下の記事をどうぞ。

→ メルマガ配信プラグインArigatoProの日本語化が可能になりました!

 

日本語化の対応はまだない

そのまま使うとメール内とか登録・解除フォーム、エラーメッセージなどに英語が出る可能性があります。(ただし自分でローカリゼーション(日本語化)することは可能で、一例として私が作った日本語化用ファイルも配布しています。詳細はこちらの記事で。)

 

2016.07.16追記)

このプラグインのほぼ完全な日本語翻訳ファイルが完成しました。詳細は以下の記事をどうぞ。

→ メルマガ配信プラグインArigatoProの日本語化が可能になりました!

 

 

 

こうやって見ていくと、メリット・デメリット両方ありますね~。

アフィリエイトをガンガンやる目的での配信を考えている方以外は、さほど大きなデメリットはないかなと思いますが。

 

私が考えるArigato Pro(BFT-Pro)の対象者

「使ってみたいけど自分に向いているんかな~」 と思ってしまった方は、BFT-Proプラグインをオススメできる対象者の条件を挙げてみましたのでチェックしてみてください。

  • ステップメールを配信したい人
  • できるだけ経費を抑えたい人(お金がかかってもいいなら普通のメルマガ配信スタンドでいい)
  • WordPressブログ・サイト運営者
  • メルマガ配信の主な目的がアフィリエイトでない人
  • すでにメルマガ配信を経験している人(あるいは未経験でもHTMLやphpの知識がある人)

もちろん、私の考える対象者なので、上に全部あてはまっているから絶対良いっていうこともないし、当てはまらない項目があるから使わないほうがいいというわけでもないです。あくまで参考までに・・・^^;

 

早速インストールしてみたいというあなたは、こちらにインストールまでの手順を解説していますので参考にしてみてください。

ステップメール配信ができるWordPressプラグイン-Arigato Pro(BFT-Proのインストール手順

 

もう少し使い方や機能をしっかりチェックしたいあなたは、当ブログの中でも、このプラグインの使用方法に関する情報を記事にしていますので、BFT-Proについての記事一覧ページからチェックしていただければと思います^^

Arigato Pro(BFT-Pro)についての記事一覧

 

「ちゃんとメルマガ送信できるの?」と半信半疑なあなたは、よかったらArigato Pro(BFT-Pro)で配信している当ブログの公式メルマガに登録してみてください。「配信できるんだ」って分かると思います^^

公式メルマガに登録する

ただ、最近サボり気味で週1回~月2回ベースでの配信なので、すぐにメルマガが配信されなくても「配信できないんじゃン」って思わないでくださいね笑

 

 

2016.10.30追記:

多忙につき、メルマガ配信を停止しています。その代わりと言っては何ですが…ArigatoProをご検討中の方に、このプラグインでちゃんとメール配信ができることを確認していただけるよう、サンプルメールマガジン(全3回のステップメール)を配信しています。

内容はArigatoProに関するほんのちょっとしたヒントが書いてある感じであまり期待できるものではありませんが、どんな風に届くのか見ていただくには良いかなと。。登録・登録解除自由です。よかったら申し込んでみてください。

→ サンプルメール配信申込み

 

 

ステップメールが使えるメルマガ配信スタンドを改めて探してみた

2013年4月、右も左もわからぬまま、見よう見まねで「メルマガ配信」というマーケティングの世界に飛び込んでから早くも1年。

毎日同じことを繰り返してくると大体これくらいの時期に「飽き」を感じて何かを変えたくなる自分の性格もあってか、メルマガ配信スタンドもそろそろ検討しなおしてみようかと思い立ちさっそく色々と情報を漁ってみました。

newsletter
photo credit: FontShop via photopin cc

1年前は「メルマガ配信スタンド」が何かさえもよく分からなかったのにたった1年使うだけで、いいところ悪いところ、色々見えてくるものだななんて思っちゃいます^^

「行動しながら考えろ」とか「走りながら考えろ」とかいわれますが、全くその通りで、最初知識がない状態ではどれががいいのか、何が自分に合っているのかも分からないもんです。

 

最初はあまり考えすぎず誰かがオススメしてくれるものを素直に使ってみて、そこから自分に合ったものを見つけていく方がいいですね。

失敗したくないと思っていると前に進めずに止まってしまうのはよくあることですんで。。

 

 

メルマガ配信スタンドを比較するときの私なりのチェック項目

前置きが長くなりましたが、私が今回の乗り換えでチェックしたポイントは以下の通り。

 

☑ステップメールが使えること

これはもう必須。ステップメールこそがメルマガ配信の醍醐味なんでこれができないのはあり得ないです。

 

シナリオ数・配信数の制限がないか厳しくないこと

数万という規模になることはないと思うのですが1000以下とかになっちゃうとそれはそれで厳しいんで・・2000リスト位までの余裕は欲しいかなと。

 

☑ランニングコスト

無料で使えるのは色々と制限が大きいので選択の対象外なのは分かっているんですが、できればアスメルで支払っていた月額3000円よりは安く上げたいのが本音。

 

☑到達率

これはまあ「できれば」良いに越したことはないってことで。そもそも100%の到達率はあり得ないし、到達率を最優先するとコストは高額になること必至なのは分かってます。。

 

☑ASP型かサーバー設置型か

サーバー設置型はこれまで考えてこなかったんですが、トータルで見て安く上がるならこれも選択肢かななんて思い、比較のチェックポイントとしました。

 

メルマガ配信スタンド比較結果

check
photo credit: Daniel Kulinski via photopin cc

 

色々比較して今の自分のニーズに一番合っていると思った順にメルマガ配信スタンドを紹介していきます。

 

ASP型の配信スタンド

1.エキスパート クラウド

ASP型の配信スタンド。エキスパートメールは到達率が高いと評判が良いですね。

 

メリット

  • ランニングコストが低い(月額1970円で、かつ初期費用が今なら無料
  • メルマガ数無制限・ステップ数無制限で一通り必要な機能が揃っている 
  • 到達率に安心感がある(この一番安い「クラウド」プランだと到達率は80~90%と他の上位プランよりは下がりますが、それでもこのコストなら十分だと思います)

 

デメリット

  • 1メルマガあたりのアドレス数は2万まで。推奨はメルマガ読者数が2000くらいまで

 

私の条件にはちょうどマッチしているのですがそれ以上(数万単位)のメルマガ配信を考えている方は、次に紹介する「アスメル」の方がいいかもしれません。

(そもそも、数万単位のリストがあるならメルマガからの収益もそこそこあるはずなので、さらに到達率が高いエキスパートプロ版かアスメルのプラチナ版を検討するのもいいかも)

 

2.アスメル

私が1年間使っていたASP型のメルマガ配信スタンドです。実際に使った使い勝手としては「バランスが取れている」の一言に尽きます。メルマガを毎日のように定期配信するつもりで、かつ、リスト数をガンガン増やしていきたい方はアスメルを選ぶのがベストだと思います。

 

メリット

  • 月額3333円とお手頃価格
  • シナリオ数、読者数、配信数の制限なし
  • 色々な問い合わせフォームやアンケートフォームなども作成できる

 

デメリット

  • 到達率が実際どうなのか不明(悪くはないですがアスメルを使用しているメルマガが急にほぼ迷惑メールに入るようになったことがありました。到達率を上げる方法などもアスメルさんのサイトで紹介されています。)
  • 初期費用が1万5千円もかかる

 

3.オレンジメール

エキスパートメールやアスメルと比べるとこれといったメリットは感じられないのですが、なんで3位にいれたかというと、広告入りでいいなら100名までは無料で配信可能だからです(笑)

「どうしても無料で始めてみたい!」っていう方のために。ASP型配信スタンドで無料でステップメールが配信できるスタンドはなかなかないので^^;

 

ちなみに2000通までなら月々2480円です。お金を払うんだったらエキスパートクラウドかアスメルのほうがいい気がしますが。。

 

番外:まぐまぐ

メルマガスタンドの超有名どころですね。「まぐまぐ」の発行者アカウントを取得すれば無料で発行できます。

 

私も一応発行者はなっていて、何かの形で使えないかな~とこの機会に再度検討してみましたが、ステップメール機能なし、リスト管理ができない、代理登録がめちゃめちゃ高いということを考えると、なかなか使いにくいなと思います。

ブランディング力と到達率の高さは魅力なんですけどねぇ。。

 

 

そんなこんなで、ASP型ならアスメルのままで行くか、エキスパートクラウドにするかっていうところまでは来ました。

 

が、結論を下すのはまだ早い。

もう一つ考えたいのがこの選択肢↓↓

 

【サーバー設置型】の配信スタンド

サーバー設置型のいいところは何と言っても一度買ったらそれ以降は費用がかからないっていうところですね。

 

ASP型に比べて自分でサーバーに設置して設定などをしなくてはいけないので初心者にはちょっとつらいと思いますが、ある程度プログラミングの知識があったり、すでにメルマガ配信の経験があってどんな機能が自分に必要なのかとか分かっている人は検討してもいいと思います。

 

ただし、レンタルサーバーに設置する場合、サーバー会社ごとに一日当たりの配信数や一回当たりの配信数の制限を設けていることが多いので注意が必要です。

すでにレンタルサーバーを借りている人はそのあたり、チェックしてからにしてくださいね。

 

数万単位のリストを扱う場合はレンタルサーバーの制限に引っかかる可能性大なのでASP型を選ぶのが賢明です。自分の専用サーバーを持っているなら話は別ですが^^;

 

代表的なサーバー設置型のメルマガ配信ツールはこの辺りかと思います↓↓

  • MilkyStep(ミルキーステップ) 24800円※無料版もありますが無料版では残念ながらステップメールは使えません。
  • 楽メールEX 29800円

 

機能は本当に豊富でクリック計測とかもできるのはありがたいですが・・・お安くはないですね(涙)。

ちょっと勇気のいるお値段です。。

 

 

色々比較して達した結論は…

こうやって比較してきて達した結論と言えば…

結局のところステップメール配信はコストがかかる

ですね。。(コラ!何じゃその結論は!というお叱りはなしでm(_ _)m)

 

一括配信だけに絞るならもう少し色々考えようはあるのかもしれませんが、「ステップメール」機能を考えると、ある程度の経費は支払うつもりでいかないとだめそうです。

 

月々3000円なんて大したことないと思えればいいのですが(実際そう思ってきたのですが)、今住んでいる国の感覚になっちゃったのか月3000円のランニングコストは「ちょっとね。。。」と思ってしまったわけです。

 

あと自分の今後の方向性として、

  • ブログ・サイト運営でアドセンス収入をメイン
  • ステップメールは2~3個のシナリオのみ
  • 一括配信のメルマガは不定期(メルマガでのセールスは以前より比重が下がる)

という感じなのに、メルマガに一番ランニングコストがかかるのもな~と。

 

 

本当にどうしようか悩んでしまいました。

 

サーバー設置型は一回買えば何年も使えるのでトータルで見れば安いのかもしれないけど、果たして飽きっぽい自分がさらに2年、3年とメルマガを続けるのかどうか…。毎月2000円~3000円払っていった方がリスクは低いような…とか思ったり。

 

 

で、ふと頭をよぎったのが

 

「何も日本の製品じゃなくて海外製品で

ステップメール配信ができるツールはないんかね!!?」

っていう疑問。

 

基本、日本製品は高いですから、「うまくいけばタダで使えるフリーソフトとかあるんじゃない!!?」なんて期待しはじめちゃったんです^^

 

が…

×メールマガジン=Mail Magazine

×ステップメール=Step Mail

で探しても見つからない。。

メールマガジン、ステップメールって和製英語なんですね。今頃知った。

 

そんなこんなで海外製品情報を調べるにも一苦労したのですが、結局、

海外製品だと日本語化に対応していないものが多くて

日本語での送信に問題が出る可能性がある

なんて情報を見つけちゃって、

 

「ああ・・・やっぱ無理か(そんなうまい話はないだろ)」

と気持ちも萎えかけていたところ…

 

ふとまたこんな疑問がよぎったんです。

 

「ワードプレスのプラグインにメルマガ配信機能ってないんかね?」

 

こんな疑問がどうやって湧いてきたのか私も自分で不思議なんですが、

ダメもとで(でもちょっと期待しつつ)プラグイン検索してみました。

 

ちなみにこの時点では

ステップメール=Auto Responder

メルマガ=Newsletter

メルマガアフィリエイト=Email Marketing

という感じに訳せるということまでは分かるようになりました。

 

で、その結果ですが・・・

 

なんと!!!!

 

あるではないですか!!!

 

ステップメールが配信できるプラグイン!!

 

 

 

「さすがWordpress~~~アイラブWordpress~~」

i love wordpress

と心の中で叫びながら(テンション高すぎてスミマセン・・・)

早速使用条件をチェック♪

 

これがまたなかなかいいんですよね^^

 

ちょっと長くなってしまったので

次の記事で詳しくレビューしたいと思います^^

 

photo credit: Sicos via photopin cc

アスメルの登録フォームをブログに埋め込みメルマガ登録ページ(LP)を作成

「メールマガジン」と「公式サイト」という媒体は、今やどんなビジネスにおいて欠かせない存在。 店舗にしろ、飲食店にしろ、会社にしろ、公式サイトがない、あるいはメールマガジンを発行していないなんていう方が珍しいんじゃないでしょうか。

もちろん大きな組織ではなくとも個人レベルでメルマガやブログを運営している人も多いですよね。

自分の発信する情報を興味のある人に伝える手段としてはソーシャルメディアもありますが、ソーシャルメディアは情報の【拡散】には強くても、【情報を提供する】という意味ではやはりブログ・サイト、メルマガが強いと思います。

特にメールマガジンは、自分が発信する情報に興味がある人に【ダイレクト】に情報を伝えることができるので、セールスにおいては欠かせない媒体。そのメルマガのよさを十分に引き出す方法がセールスに強いメルマガ集客に強いブログ・サイト(LP、ランディングページ)を連携させることです。

 

LPの作り方やセールスメールの書き方を身に着けるにはそれなりの勉強と実践が必要ですが、メルマガとサイトを連携させる方法そのものは簡単です。

ブログ内にメルマガ登録用のページを作成し、そこにメルマガ登録フォームを埋め込むだけ

です。 いわゆるランディングページ(LP)とゆーものですね。

 

この記事ではメルマガ配信スタンド「アスメル」の登録フォームを使った場合の具体的な方法について図解していきたいと思います。

 

ちなみに「アスメル」はトップアフィリエイターにも利用者が多いですが、

  • 配信部数にかかわりなく定額
  • 幾つ登録フォームを作っても定額
  • 代理登録が無料
  • メルマガ配信先アドレスの管理が自分でできる
  • ステップメールが使える(スポット配信ももちろん使える)

といった、メリットが多く、かつ価格もお手頃なのでオススメです。

WordPressブログに固定ページを作成する

まずはブログに新しい固定ページを作ります。

ダッシュボードで固定ページ>新規追加を選択。

タイトル欄に固定ページの名前を入力します。「メルマガ」とか「メール講座」とかですね。

ページの内容には、

メルマガで扱うテーマや対象者、メルマガから得られるメリットなどを書きましょう。

固定ページ作成

 

メルマガの紹介文が書けたら、

その下にメルマガの登録フォームを埋め込んでいきます。

 

アスメルの管理画面からソースコードを取得する

アスメルの管理画面にアクセスし、

シナリオ管理から今回使うシナリオのHTMLソースをクリックします。

アスメルのシナリオ

 表示されたページに表示されるPC向けのHTMLソースコードをコピーします。

登録フォームのソースコード

WordPressのダッシュボードに戻りましょう^^

 

固定ページに登録フォームを埋め込む

先ほど作成した固定ページで、メルマガの紹介文の下に

コピーしておいた登録フォームのHTMLソースコードを貼りつけます。

ここで注意が一点。

必ず「テキストモード」にしてから貼りつけるようにしてくださいね!

登録フォームのソースを貼りつけ

 

 

貼りつけた後にビジュアルモードにすると、こんな感じになっているはずです。

登録フォーム

 

ちょっとグレーの枠線があまり見た目良くないので、消したいと思います。

やり方は簡単で、「テキスト」モードに切り替えて以下の<fieldset>と</fieldset>いうコードを消すだけです。

ソース編集

ソース編集2

 

ここまでできたら、ちょっとプレビューしてみましょう。

 

もしこんな感じに↓入力欄がはみ出てしまっている場合は

ソースを編集する必要があります。

プレビュー

 

といっても超簡単で、一か所だけ以下の図に示す数値を小さくして下さい。

私は45にしてみました。プレビューしながら調整してくださいね^^

入力欄の長さを編集

 

 

登録ボタンがまだしょぼいのでボタンを目立たせる設定をしていきます。

登録ボタンを目立つように編集

まずボタンを中央配置にします。

以下のソースコードを見つけて、class=”center-text”の部分をclass=”al-c”に変更します。

※このクラス名は「賢威」テンプレートユーザーのみ有効です。他のテンプレートを使っている場合は

class=”center-text”を削除しstyle=”text-align:center;”を追加してください。

 

ボタン配置を中央に

 

次にボタンを画像に変更していきます。

 

ボタン画像がない場合はここでご自分で用意してほしいのですが、

こちらのサイトは無料でカッコイイボタン画像がダウンロードできるので

よかったら使ってみてくださいね⇒ ボタンマルシェ

 

ダウンロードしたボタン画像に

画像編集ソフトを使って「登録する」というテキストを追加しておいてください。

 

ボタン画像が用意できたら、ダッシュボードで一旦固定ページを下書き保存し

メディア>新規追加から画像をアップロードします。

 

アップロードが完了したら「編集」リンクをクリックし

表示された画像の詳細画面にてファイルのURLをコピーします。

画像URL取得

 

固定ページに戻って、テキストモードで以下のソースを探します。

ボタン編集

 

type=”submit”type=”image”に変更し、さらにsrc=”コピーした画像URLを追加してください。

ボタン画像追加

 

ビジュアルモードでチェックして、画像がちゃんと出てくればOKです。

もしちゃんと表示されない場合は、ソースコードに全角スペースが入っていないかなど

チェックしなおしてみてくださいね。

ボタン画像が表示された

 

ここまでできたら、プレビューをして最終チェックし、OKなら公開ボタンをクリックして完了です。

 

最後に、このページにグローバルメニューからアクセスされるように

メニューに追加していきましょう。

 

メルマガ登録ページへのリンクをグローバルメニューに追加する

外観>メニューを開きます。固定ページの中から先ほど作成したページをチェックし、「メニューに追加」をクリックします。

保存ボタンをクリックして完了です。

グローバルメニューに追加

 

 

テンプレートを使ったブログやサイトでもオリジナリティ溢れる印象するちょっとしたカスタマイズ3つ

無料ブログでも、Wordpressで作った独自ドメインのブログでも、ブログを作るときには「テンプレート」(Wordpressならテーマ)を使うことがほとんどだと思います。

HTMLやCSS、Javascriptなどといったプログラミングの知識がほぼゼロでもテンプレートを使えば即、本格的なブログやサイトが出来上がるのが嬉しいところですね^^

 

このブログは賢威で作っていますが、賢威テンプレートのブログは非常に多い。

自分が使い始めたからよけいに気づくようになったのか、調べものをしていてたどり着いたブログやサイトが「賢威」で作られていたというパターンが最近本当によくあるんです。

「賢威のテンプレートをそのまんま使ってます!」みたいなサイトもありますが、パッと見では気が付かないくらい上手にデザインをカスタマイズしているサイトも多々あります

パッと見で「あ、これ賢威だ」っていうよりは記事を最後まで読んでいって、なんとな~く「このレイアウトとかデザインの雰囲気とかみたことあるな」って思うと賢威だった。っていう場合がほとんどです。

 

個人的に賢威というテンプレートを使っている感想としては、

  • コードが本当にきれいでカスタマイズしやすい
  • SEOに強いと謳っているだけあって内部構造がしっかり設計されている
  • デザインはもうちょっと頑張ってほしい

という感じです。

デザインだけの話だったら、個人ブログはStingerのほうがよっぽどいい感じに 仕上がっていく気がしますし、Wordpressの無料テーマでも「賢威よりいいな」と思うようなデザインはそこそこあるんです。

でも、やっぱりその内部構造の設計とかコーディングのほうを考えると、どうしても賢威から離れられない^^;

 

デザインのカスタマイズをするのと、内部構造を最適化するのとどっちが簡単かといったら、やっぱりデザインを変えるほうかな、と思うので。今のところ賢威をベースにデザインにカスタマイズしてくという方向でこのブログは進んでいます。(もう一つのブログのほうは、今は賢威を使っていますが、自分の勉強のついでにオリジナルテーマを現在作成中。)

 

ちなみに「賢威賢威って連発してるけど何それ?」と思った方は「賢威」公式サイトをご覧ください。アフィリエイトをやっている人は結構知っている人が多いですが、アフィリエイト専用というわけじゃなくて、企業サイトなんかにも結構採用されているテンプレートです。付属のSEO対策マニュアルもかなり勉強になりました。

 

ちょっと脇道にそれてしまいましたが、この記事では、ブログやサイトにテンプレートを使用していてもオリジナリティを出して印象付けたいときに、あまりCSSとかHTMLとかの知識が初歩レベルでもOKで、しかも時間もあまりかからない方法を3つ挙げてみます。(※CSS, HTMLの知識が全くないという方には以降、意味不明な説明になっちゃうかもしれませんm(_ _)m)

  • 背景色を変えたり背景画像を設定する
  • ブログのロゴやタイトルの文字をオリジナルにする
  • ヘッダー画像をオリジナルにする

この3つのどれかを変えるだけでもサイトの印象ってかなり変わるもんなんですよ。不思議と。

 

もちろん、ブログを運営する上ではコンテンツを充実させることが最重要 なので、デザインには最初からこだわらないでテンプレートをそのまま使ってもそれで十分だったりします

ただ、ある程度アクセスも集まってくるようになって「ブランディング」ということを考えた場合、単に読みやすいだけでなく印象に残りやすいものであったほうがいいですね。上に挙げたような方法でちょっと印象を変えるだけでも、読者さんの記憶に残りやすくなるなどブランディング効果を期待できます。

 

また、ブログがちょっと自分仕様になったりするだけでなんだか愛着もわいてきたりして「ブログをちゃんと育てていくぞ」とモチベーションアップになったりもします^^ (私は記事を書く気力がなくなってくるとカスタマイズに走ります笑)

 

記事が充実してきたら、あるいは、ブログのデザインがなんか気に入らなくて記事を書く気にもなれないときは、以下の3つの方法でブログやサイトをカスタマイズしてみてください。

ブログやサイトの背景色を変えたり背景画像を設定する

背景色を変更する

ベースの色(背景色)は、大抵の場合、テンプレートのCSSファイルで、サイト全体の背景を設定している部分の色コードを変更すると変えられます。例えば賢威テンプレートの場合、design.css内の#containerのbackground-colorの値を変更することでブログのベース色を変えることができます。具体的には以下の#fffff1の部分を変更します。

#fffff1というのは、色を16進数で表したもので、この6ケタの文字・数字を変えることで微妙な色合いも指定することができます。

 

背景の色を選ぶ時にはこんなオンラインツールもオススメです。↓↓

http://color.hailpixel.com/

色選択オンラインツール

非常にシンプルな機能で使いやすい。

表示されたページでカーソルを動かすとそれに合わせて色が変化するので背景色にしたいと思う色が出たらクリック!

 

するとCSSで設定するための色の値が表示されるので、それをコピーしてCSSファイルで、サイトの背景色を設定している部分を変更すればOKです。

15分もあればできちゃいそうですね^^

 

背景画像を設定する

もう少し上級者なら、背景色ではなく、背景画像を変えるという手もあります。私のこのブログも薄いタイル状の背景画像を使っています。以下のサイトではかなりクオリティの高い背景画像が無料でダウンロードできるのでオススメです^^

http://subtlepatterns.com/

背景画像

背景に使いたい画像をクリックすると以下のように詳細が表示されます。

Downloadボタンをクリックすればzipファイル形式で画像がダウンロードできます。

背景画像ダウンロード

ダウンロードした画像をサイトの背景に適用したい場合、一般的なHTMLテンプレートなら、imagesとかimageとかいう名前のついているフォルダ内に画像を追加しておきます。Wordpressの場合は、画像ファイルをメディアに追加してURLをコピーしておきます。

その後、CSSファイル内でサイト全体の背景を設定している箇所を見つけてbackgroundを設定します。賢威テーマの場合を例にとると、design.cssの#mainのカッコ内に以下のように設定します。

 

たったこれだけなのに、ブログの雰囲気が結構変わるから不思議^^ ぜひやってみてください。

 

ブログのロゴやタイトルの文字をオリジナルにする

最近見つけたプロ並みのロゴとタイトルが無料で作れるオンラインサイトをご紹介します。

http://www.squarespace.com/logo

以下のようなページが表示されたら、ロゴに使いたい文字を入力して→をクリックします。

ロゴ作成サイト

サイトのロゴを選べたり、タイトルやサブタイトルを入力できる画面が出てきます。それぞれ設定し配置なども調整してみてください。出来上がったら左下のSAVE LOGOをクリックします。

ロゴとタイトルの設定

ダウンロード画面が表示されるので左側の無料のダウンロードを選択します。

logo3

 

Png形式で即、作成したロゴとタイトルの画像がダウンロードされます。

※無料版の場合、ダウンロード画像の中にサイトの情報がウォーターマークで入ってしまうので画像エディタで消してから使ってくださいね。

 

賢威テーマで、ダウンロードした画像をブログタイトルに適用する方法は以下のサイトで分かりやすく解説してくれていますので参考にしてみてください。

賢威6.1 ヘッダーテキストを画像に変更する設定

 

 

ヘッダー画像をオリジナルにする

ブログタイトルをテキストから画像に変えるだけではなく、画像にブログタイトルを埋め込んでヘッダー全体を変更するという手もあります。ただ、色んなサイトやブログを見ていると、あまりヘッダー画像は使わないでロゴとタイトルだけ画像で使うほうが最近の主流なのかなという気がしました。

 

このあたりは好みの問題ですね。

ヘッダー画像を使いたい場合、使う画像を選ぶには以下の商用利用OK、クレジット表記なしでOKな無料素材サイトは結構オススメです^^

 

WordPressでのウィジェットの追加・削除方法

この記事ではWordpressの「ウィジェット」の使い方、追加・削除方法について図解します。

まず、そもそも「ウィジェット」とは何かというと、サイドバーに様々な情報を追加するための【パーツ】のことをいいます。

例えば以下の画像では右側に幅の狭いエリアがあって、そこにカテゴリーや最近の投稿が表示されていますが、この幅の狭いエリアを【サイドバー】といい、サイドバーに載せられている色々なパーツが【ウィジェット】です。

サイドバーとウィジェット

 

使っているWordpressのテーマによりますが、サイドバー以外にもメインコンテンツの下や、フッター部分にウィジェットが追加できる場合もあります。

WordPressテーマ「賢威」では、サイドバーのほかに【サブコンテンツ】というエリアにウィジェットが追加できます。2カラムの表示タイプの場合、以下の画像のように、左側の幅の広いエリア(メインコンテンツ)の下、フッターの上にサブコンテンツが表示されます。タグクラウドが表示されているエリアですね。今は一つのウィジェット(タグクラウド)しか入れていませんが、サブコンテンツにももちろん、複数のウィジェットを追加できますよ^^

サブコンテンツとウィジェット

ブログのカラム設定により、サイドバーとサブコンテンツが表示される場所は変わってきますので、ウィジェットを追加しながらそれぞれの位置を確認してみてください。

ウィジェットを使うとブログ内のおすすめ記事やカテゴリなどを表示したり、広告やイチオシ情報を目立たせたりできます。

 

では以下にウィジェットの削除方法、追加方法について解説していきますね。

ウィジェットの削除方法

ウィジェットを削除する方法は二つあります。一つは、設定を残したままブログの表示から外す方法、もう一つは完全に削除する方法です。

例えばまた後から使うかもしれないけど取りあえず今は表示させたくない場合は、設定を残したまま使用停止にするほうがいいですね。

以下の図のようにして、サイドバー(あるいはサブコンテンツ)からウィジェットを「使用停止中のウィジェット」のエリアにドラッグ&ドロップします。

ウィジェット削除

 

今後全く使用するつもりがなく、設定を残さないで削除してしまいたい場合は、以下のようにして削除できます。

ウィジェットの削除

 

 

ウィジェットの追加方法

ウィジェットを追加する場合は「利用できるウィジェット」の中から追加したいウィジェットを、追加したいエリア(サイドバーかサブコンテンツ)にドラッグ&ドロップします。

ここではカテゴリーをサイドバーに追加してみます。

ウィジェットの追加

追加できたら詳細設定を行います。

カテゴリー設定

 

投稿数を表示しておくと、訪問者にも親切ですね^^

設定ができたら保存をクリックして完了です。

 

以上、基本的なウィジェットの追加・削除方法でした。

WordPressでメニューを作成・設定する方法(賢威テーマ)

WordPressでの「メニュー」というのは、ブログの中の様々なページにアクセスしやすいように並んだリンクのことです。

例えば当ブログでは、ヘッダー部分に「Wordpress、ブログ運営、メルマガ配信…」と、カテゴリが並んでいるところがありますよね。こういうの↓

ノマドWEB グローバルメニュー

これは、ヘッダー用(グローバルメニュー用)に作ったメニューを表示させたものです。

 

続いて、フッター部分をみると右側に「Info」という見出しのエリアがあります↓

ノマドWEB フッターメニュー

ここに並んでいるリンクも、フッター用にメニューを作って表示させています。

 

使うテーマによりますが、Wordpressではこのように作成したメニューをヘッダー部分やフッター部分、またサイドバーなどに追加することができます。

 

基本的にメニューに以下の3つの要素を追加することができます。

  • 固定ページ
  • リンク
  • カテゴリー

まずはこれらの要素を使ってグローバルメニューを作成してみましょう!

グローバルメニューを作る手順

ダッシュボードから 外観メニューを選択します。

Wordpressメニュー作成1

 

メニューの名前のところに「グローバルメニュー」と付けます。

Wordpressメニュー作成2

 

いらないメニューがある場合は、右上の▼をクリックして展開し、削除をクリックします。

Wordpressメニュー作成3

 

カテゴリーの追加

グローバルメニューに絶対追加したいのが、カテゴリーです。カテゴリーをみれば、そのブログ(あるいはサイト)がどんな内容を扱っているのか、想像がつきますよね。そういう意味で、カテゴリーは「ブログの縮小版」みたいなもの。

ブログ(サイト)を表示した時に最初に目に入るエリアにカテゴリーがあれば、ユーザーにとっても分かりやすいですし、検索エンジンもサイトの構造を理解しやすくなるのでSEO的にもメリットがあります。

ということで、以下、カテゴリーの追加方法です。左側のボックスの「カテゴリー」の▼をクリックして展開し、メニューに追加したいカテゴリにチェックを入れて「メニューに追加」をクリックします。

Wordpressメニュー作成4

 

メニュー構造のほうにカテゴリが追加されます。

Wordpressメニュー作成5

 

固定ページの追加

固定ページで作成したAboutページ(サイトの紹介ページ)や、お問い合わせページなどもメニューに入れるといいですね。固定ページもカテゴリーと同じような感じで、メニューに表示させたいページにチェックを入れて「メニューに追加」をクリックすればOK。

Wordpressメニュー作成6

 

メニューの順番を変更したいときは、ドラッグ&ドロップで移動させられます。

Wordpressメニュー作成7

 

リンクの追加

ここではトップページへのリンクを作ってみます。左側のボックスから「リンク」をクリックするとURLとリンクテキストを設定する欄が表示されます。ブログのトップページのURLとリンクテキストを入力し、「メニューに追加」をクリックします。

Wordpressメニュー作成8

 

メニューが完成したら、メニュー設定のところで「テーマの位置」のなかから該当するものにチェックをいれます。賢威の場合は「メニュー」にチェックをいれます。

Wordpressメニュー作成9

「メニューを保存」ボタンをクリックしましょう。

 

さて、グローバルメニューがこれで作成できました。賢威テーマの場合は、「賢威の設定」の方でグローバルメニューの設定を変更します。

 

賢威の設定でグローバルメニューを指定する

ダッシュボードから賢威の設定賢威の設定を開きます。

賢威の設定

 

「グローバルメニューの選択」で先ほど作成した「グローバルメニュー」を選択します。

グローバルメニュー設定

 

ブログの方を見て作成したグローバルメニューがヘッダー部分に反映されることを確認しましょう!

keni-menu2

 

フッターメニューの設定

賢威テーマではさらにフッターエリアに2つのメニューを指定することができます。メニューの作成はグローバルメニューの時の作り方と同じです。作ったメニューを 賢威の設定 > フッター の以下の場所で指定すればフッターに反映されます。

keni-menu3

WordPressでの固定ページの作成方法

この記事では、Wordpressの「固定ページ」とは何か、そして固定ページの作成方法を簡単に説明します。

固定ページとは何か

WordPress Codex日本語版にはこんな解説があります。

固定ページはブログにコンテンツを追加するもうひとつの道具であり、ブログについての「静的」な情報を述べるのによく使われます。 つまり、固定ページは完全に「時間に影響されない」のが特長です。 固定ページの良い例が「About」や「Contact」のページです。 固定ページを投稿という名の時間軸志向のものと混同しないように注意してください。

WordPress Codex日本語版「管理画面」

WordPressでは投稿記事(英語:Post)は投稿した順に時系列に並んでいきますよね。固定ページは、投稿記事とは全く無関係に存在します。「時間に影響されない」、つまり、「いつそのページが書かれたかは意味を持たない」のが特徴ということです。

例えば、「お問い合わせ」「サイトマップ」などは、常に新しい情報が追加されていくブログの記事や新着情報などとは少しタイプが異なりますよね。こういう情報を載せるのに使われるのが固定ページです。

このブログには、右上のところにAbout、Sitemap、Contactというリンクが表示されていますが、これは固定ページで作られたものです。

時系列順に並んでいく記事とは別に常に【固定】でブログに表示させたいものを固定ページで作る、と考えていただければよいかと思います^^

 

何の固定ページを作ったらいいのか?

会社のHPとかなら固定ページが必要になるケースがほとんどですが、個人のブログの場合は、「一体何を固定ページで作ったらいいのか?」と思うかもしれません。

別に必要なければわざわざ固定ページを作る必要はないですが、例えば当ブログにもある

  • About : ブログについて、ブログの管理人について、免責事項など
  • Sitemap : ブログの記事一覧ページ
  • Contact : お問い合わせページ

なんかは、作っておくと良いと思います。

 

例えばAboutのページ。私もいろいろなブログを覗いていて面白い記事や役立つ記事が多いブログは「このブログの運営者はどんな人なんだろ?」と気になりますし、そうやってブログ管理人さんの自己紹介を読んだブログは結構記憶に残るんですね。「生まれはどこで何人兄弟で・・・」とかまで詳しくなくていいですが(笑)、さらっとでも自分のブログやサイトのコンセプトなどを書いておくといいと思います。

 

サイトマップ(ブログ記事一覧)はこちらの記事で作り方を解説しているので参考にしてみてください。

記事一覧(サイトマップ)を自動生成するWordPressプラグインPS Auto Sitemapの使い方

 

お問い合わせのページは、プラグインを使うと結構簡単に問い合わせフォームが設置できます。Contact Form 7が有名なプラグインですが、私はJetPackのプラグインを使っています。

プラグイン1個で超多機能!ありがたすぎるJetPackで問い合わせフォームを作ってみた

 

 

では以下に固定ページの作成手順を簡単に図解します。

 

固定ページの作成方法

ダッシュボード>固定ページ>新規追加 を選択します。

固定ページの追加

 

タイトルを入力します。ここでは「当ブログについて」と入力します。

固定ページ作成

 

固定ページの内容は、投稿記事を作成するときとまったく同じ要領でできます。

記事の作成の仕方は以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

記事投稿の仕方

 

パーマリンクが日本語になっていると思うので、英単語に変更しましょう。パーマリンクの右側の「編集」ボタンをクリックすると以下のように編集モードになるので変更してください。日本語のままでもいいのですが、URLが非常に長くなって何かと不便なので英文字でスッキリさせるのがオススメです。

スラッグ設定

スラッグ設定2

 

中身が完成したら「プレビュー」ボタンをクリックしてチェックしてください。

良ければ「公開」ボタンをクリックして完了です。

固定ページの公開