WordPressでブログやサイトを作る場合、コンテンツを作っていく前にやっておきたい初期設定があります。基本情報の設定、必須プラグインのインストール、URLの設定カテゴリーやタグの設定とかいったものですね。その中でも、まず真っ先にやっておきたいものの一つが「パーマリンクの設定」です。

この記事ではパーマリンクって何?という話から始まって、パーマリンクを決める時の注意点、設定方法について解説していきます。

sponsored link

パーマリンクとは?

パーマリンクとは、 記事ひとつひとつに個別に付けられるURLのことです。Wordpress Codexではこんな風に定義されています。

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。そういう訳で、「perma」リンクといいます。

WordPress Codex日本語版「パーマリンクの使い方」

 

例えばこの記事のURLを例にすると

http://ruuski.net/web/wordpress-parm-link-setting/

となっていますよね。

この黄色い部分がこの記事固有の部分、つまりパーマリンクで、この例ではカテゴリーと記事タイトル(投稿名)で設定されています。

より正確には「スラッグ」という機能を使って日本語の投稿名を英単語表記に設定しなおしたものが使われています。(パーマリンクがparma-linkではなくparm-linkになっちゃってますが…^^;)

 

WordPressではパーマリンクを様々な形に設定することができるのですが、使う形によってメリット・デメリットがあるので比較検討して自分にどの形が最適なのか考えてみてください。

ちなみに、 想像はつくと思いますが、パーマリンクの形は 後から気軽に変えることはできません>_<。

途中で変更すると記事のURLが変わっちゃいますよね。

例えば数字ベースから投稿名ベースに変えるとすると

xxx.com/archives/123 ⇒ xxx.com/blog-access-up

みたいな感じになるわけです。

 

WordPressではパーマリンクを変更後、古いURLにアクセスがあった場合、新しいURLに自動的に移動して表示する(リダイレクトする)設定ができ、アクセスを引き継ぐことはできます。が、ソーシャルメディアでのシェア数は引き継がれずゼロスタートになってしまいます。これは損失になりますので、パーマリンクの途中からの変更はできるだけしない覚悟でいたほうがいいです。

 

私は先日パーマリンクを変更しましたが、変えるかどうか悩んで悩んで、これが最初で最後!と決めて変更することにしました。途中から変えるのは色々と神経を使いますので、最初にガツッと決めておきましょう!

 

以下でよく使われるパーマリンクの形とそれぞれの特徴について説明していきますので検討する際の参考にしてみてください。

 

パーマリンクの形

どんなパーマリンクの形式があるか、まずはWordpressダッシュボードで 設定 > パーマリンクの設定 を開いてみましょう。以下のような選択肢があると思います。

  • デフォルト http://xxx.com/?p=123
  • 日付と投稿名 http://xxx.com/2015/04/13/sample-post/
  • 月と投稿名 http://xxx.com/2015/04/sample-post/
  • 数字ベース http://xxx.com/archives/123
  • 投稿名 http://xxx.com/sample-post/
  • カスタム構造

※xxx.comの部分は自分が使っているドメインが表示されているはずです。

 

デフォルト

http://xxx.com/?p=123

初期状態のパーマリンクの設定がこの形です。WordPress Codexの解説にも、デフォルトは“Ugly”「醜い」と書いてある通り、あまり見た目も良くなく、SEO的にも良くないので、別の形にすることをオススメします。

 

投稿名の前に日付や月が入るタイプ

日付と投稿名 http://xxx.com/2015/04/13/sample-post/

月と投稿名 http://xxx.com/2015/04/sample-post/

あまりこのタイプのブログを見かけることはないですね。記事が投稿されたのがいつごろかがURLからも分かるので、例えばニュースを扱ったブログなど、記事が投稿された時期が情報として意味を持つ場合で、その後、記事を編集する可能性が低い場合はこの形もいいかもしれません。

逆に、記事の内容を後で更新する可能性のあるブログの場合(大抵はこっちの場合の方が多いと思います)、パーマリンクに古い日付が残ってしまって「古い情報だ」と判断されてしまう可能性があります。パーマリンクの日付まで更新するのはURL自体が変わってしまいますのでNG。

「どうしてもこの形がいい」という絶対的な理由がない場合は、日付は入らないパーマリンクのほうがいいと思います。

 

数字ベース

http://xxx.com/archives/123

当ブログは実は以前、数字ベースを使っていました。数字ベースのいいところは、URLが短くてすっきりしていることです。以前(Wordpressのバージョンがまだ2.xくらいだったころ)は数字ベースが一番表示速度が速くてSEOにもいいと言われていたこともあって、数字ベースを採用していました。長く運営されているブログでこの形が現在も使われていることが多いのかなという気がします。

ただ、現在は別の形のパーマリンクでも特に表示速度に影響がないため、数字ベースを採用するケースは少なくなっていると思います。

 

投稿名

http://xxx.com/sample-post/

当ブログでも現在採用している形です。最近は特にこの形が推奨されることが多くなったように感じます。「どんな内容の記事かURLから推測しやすい」からですね。

ブログ運営者の立場からいうと、例えばGoogle Analyticsでアクセス解析をする時も、どのページにどれだけアクセスが来ているのか、パッとわかります。こんな感じ↓

Google Analytics パーマリンクが投稿名ベースの場合

仮に投稿名がなくて数字だけだったとしたら・・・ 記事のパーマリンクの数字を覚えていないと、どの内容の記事にアクセスがあるのかすぐには分からないですよね。

投稿者だけでなく、記事を読むユーザー側にとっても、投稿名がURLに入っているほうが数字しかないより便利だと思います。URLをどこかにコピペしたときに、後から見て「ああ、あの内容の記事か…」と思い出せますよね。「ユーザビリティ」がより高い、ということは、検索エンジンからの評価も高くなりますので、SEO的にもよい。

また、この形はたとえ後々記事を更新したり、カテゴリを編集・変更したりしても、URLそのものに全く影響しません。これも意外にブログを運営する側として見落とせないメリットですね。

 

ただ、この形にデメリットがないわけではありません。まず、日本語の投稿名をそのまま使うと、URLが非常に長くなってしまいます。例えば、Wordpress CodexのURLを例にとるとブラウザのアドレスバーでは

http://wpdocs.sourceforge.jp/パーマリンクの使い方

と表示されていても、このURLをコピーしてテキストエディタなどに貼り付けると

http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9

という風になります。あえて日本語でURLが表示されるようにしたい場合はこのままでもいいのですが、長い投稿名だと途中で切れちゃいますし、例えばメールとかにこういうURLを貼り付けるとゴチャ~っとしてしまって微妙。

 

こう長くならないためには、記事の投稿の際に、英単語を使って自分でパーマリンクのところを変更する必要があります。

スラッグ設定

数字ベースにはない手間がかかってしまいますよね。ま~慣れればこれくらいどうってことないですけど^^;

 

 

カスタム構造

例)カテゴリと投稿名 http://xxx.com/category/sample-post/

カスタム構造では前述の選択肢にないパーマリンクの形を設定できます。その中でも、カテゴリ名と投稿名を組み合わせるタイプのパーマリンクはかなり人気の構造ですね。

投稿記事の属しているカテゴリも分かるので、ブログの構造が投稿名だけの場合より明快ですし、投稿名と合わせて記事の内容もより把握しやすい。

検索エンジンでの評価(SEO)やユーザビリティという観点からすれば、最適な形だと言えます。SEOに強いWordpressテーマ「賢威」のマニュアルの中でも推奨されている形です。

 

ただ、ブログ運営者にとっては悩ましいところもあります。まず、カテゴリ名が入ると、簡単にカテゴリを変更できなくなります。変更したらURLが変わっちゃいますからね・・・。

また、記事に複数のカテゴリを指定する場合、一番小さいカテゴリ IDがURLに使われることになります。例えばカテゴリA(ID:1)とカテゴリE(ID:5)を指定した場合、自分としてはカテゴリEのほうが重要度が高かったとしても、URLにはカテゴリAが入ってしまうということですね。こういうところが気になる方は気になっちゃうかもしれません。

 

 

で、結局どれがいいのか?

個人的には、わざわざ先日数字ベースから投稿名ベースに変更したくらいなので、投稿名ベースがベストだと思っていますが、メリットデメリットそれぞれあるので自分よく検討して一番気に入ったものにするのがいいと思います。(デフォルト以外なら)

記事を投稿するのが嫌にならない、自分で納得のいくパーマリンクを選んでください。じゃないと私みたいに途中で結局変更したくなっちゃいますので^^;

 

2016.10.08追記)

以前この記事があったブログでは投稿名ベースだったのですが、当ブログRuuSkiに統合したため以下のカスタム構造(カテゴリ&投稿名ベース)に変更になりました。

 

パーマリンク設定の仕方

ワードプレスのダッシュボードを開きます。

左側のメニューから 設定>パーマリンク設定 を開きます。

選択肢の中に自分が使いたい形がある場合はそれを選択します。

 

カテゴリ名と投稿名の組み合わせがいい場合は、「カスタム構造」にチェックを入れ、独自ドメインの後ろの入力欄に以下のような文字列を入力します。

/%category%/%postname%/

カスタムパーマリンク

 

あとは「変更を保存」して完了です!^^