この記事では、Wordpressの「固定ページ」とは何か、そして固定ページの作成方法を簡単に説明します。

sponsored link

固定ページとは何か

WordPress Codex日本語版にはこんな解説があります。

固定ページはブログにコンテンツを追加するもうひとつの道具であり、ブログについての「静的」な情報を述べるのによく使われます。 つまり、固定ページは完全に「時間に影響されない」のが特長です。 固定ページの良い例が「About」や「Contact」のページです。 固定ページを投稿という名の時間軸志向のものと混同しないように注意してください。

WordPress Codex日本語版「管理画面」

WordPressでは投稿記事(英語:Post)は投稿した順に時系列に並んでいきますよね。固定ページは、投稿記事とは全く無関係に存在します。「時間に影響されない」、つまり、「いつそのページが書かれたかは意味を持たない」のが特徴ということです。

例えば、「お問い合わせ」「サイトマップ」などは、常に新しい情報が追加されていくブログの記事や新着情報などとは少しタイプが異なりますよね。こういう情報を載せるのに使われるのが固定ページです。

このブログには、右上のところにAbout、Sitemap、Contactというリンクが表示されていますが、これは固定ページで作られたものです。

時系列順に並んでいく記事とは別に常に【固定】でブログに表示させたいものを固定ページで作る、と考えていただければよいかと思います^^

 

何の固定ページを作ったらいいのか?

会社のHPとかなら固定ページが必要になるケースがほとんどですが、個人のブログの場合は、「一体何を固定ページで作ったらいいのか?」と思うかもしれません。

別に必要なければわざわざ固定ページを作る必要はないですが、例えば当ブログにもある

  • About : ブログについて、ブログの管理人について、免責事項など
  • Sitemap : ブログの記事一覧ページ
  • Contact : お問い合わせページ

なんかは、作っておくと良いと思います。

 

例えばAboutのページ。私もいろいろなブログを覗いていて面白い記事や役立つ記事が多いブログは「このブログの運営者はどんな人なんだろ?」と気になりますし、そうやってブログ管理人さんの自己紹介を読んだブログは結構記憶に残るんですね。「生まれはどこで何人兄弟で・・・」とかまで詳しくなくていいですが(笑)、さらっとでも自分のブログやサイトのコンセプトなどを書いておくといいと思います。

 

サイトマップ(ブログ記事一覧)はこちらの記事で作り方を解説しているので参考にしてみてください。

記事一覧(サイトマップ)を自動生成するWordPressプラグインPS Auto Sitemapの使い方

 

お問い合わせのページは、プラグインを使うと結構簡単に問い合わせフォームが設置できます。Contact Form 7が有名なプラグインですが、私はJetPackのプラグインを使っています。

プラグイン1個で超多機能!ありがたすぎるJetPackで問い合わせフォームを作ってみた

 

 

では以下に固定ページの作成手順を簡単に図解します。

 

固定ページの作成方法

ダッシュボード>固定ページ>新規追加 を選択します。

固定ページの追加

 

タイトルを入力します。ここでは「当ブログについて」と入力します。

固定ページ作成

 

固定ページの内容は、投稿記事を作成するときとまったく同じ要領でできます。

記事の作成の仕方は以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

記事投稿の仕方

 

パーマリンクが日本語になっていると思うので、英単語に変更しましょう。パーマリンクの右側の「編集」ボタンをクリックすると以下のように編集モードになるので変更してください。日本語のままでもいいのですが、URLが非常に長くなって何かと不便なので英文字でスッキリさせるのがオススメです。

スラッグ設定

スラッグ設定2

 

中身が完成したら「プレビュー」ボタンをクリックしてチェックしてください。

良ければ「公開」ボタンをクリックして完了です。

固定ページの公開