book-168824_640以前は参考書や技術書、ビジネス書に毎月数千円は 費やしていた私も、ここ4~5年は全くと言っていいほど本を買わない生活を送っていました。

海外生活だから日本語の書籍を簡単に買えなくなった。
結婚して物価の安い国に住んだら日本の書籍がバカ高く感じ、実際本にお金をかける余裕もなくなった。

というような背景からそうなってしまっていたのですが、特に不自由なく暮らしていました。

ネットで集める情報のクオリティもどんどん上がっているし、
Feedlyでお気に入りのサイトを購読しておけば
新鮮な情報を常に集めることができます。

 

本をよく読んでいた頃は、
「できる人は絶対に本を読んでいる」
「自分の成長には読書が必要だ」
「読書は最高の自己投資」
などという【宣伝文句】にどっぷり浸っていたのかもしれません。

 

しかし海外での生活を始め、物理的に書店から遠ざかり、さらに結婚して節約も必要になった時、はたと目が覚める瞬間が訪れました。
「一冊1000円、2000円もする高い本は買って、一体どれほど自分の生活はよくなったんだろうか。」と

 

実際には読んだことから何かしら有益なものは得ていたのでしょうが、「ブームが去ったあと」のような何とも言えない空虚感に襲われました。

 

お金がギリギリの生活になったこともあって、ただひたすら後悔。。。

「あの時、毎月何千円も本に費やさないで貯金しておけばよかった」と。

 

もう本を買いたいとも増やしたいとも思わなくなっていました。

 

 

海外に出てからの4年半、ネットからの情報で暮らすのに慣れたら、これはもう快適。

 

Feedly経由、ニュースサイト経由、Google検索で気になったことはすぐに調べられるし、専門的な知識だって、情報があふれかえっています。

 

だから書籍をまた買って読んで知識を増やすとか、頭にも浮かばなかった。

ついこの間までのことです。

 

それが、ある小さなきっかけで本を買わない生活に終止符を打つこととなりました。

 

それは、仕事の関係でランディングページの本を購入して勉強するようにと勧められたことでした。

ランディングページついては、それまでもネット上でかなり情報を集めていたし、自分なりにまとめたりもしていて、そこそこ知識もあると思っていたのですが、その割には自分には何も身についていないと心の片隅で思ってもいました。

それで「やはり本を購入して勉強したほうがいいのかもしれない」という気になったのだと思います。

 

海外にいるため、日本から取り寄せるのは時間もコストもかかります。
お勧めしていただいた本にはKindle版があったので、Android版の無料アプリを入れて、早速読んでみることにしました。

sponsored link

 

で、本を読んでみて思いました。

 

本はやっぱり本だなと。
本で読むと、頭に知識が整理された状態で入ってきます。
タダで読めるネットの情報もかなりハイレベルなものがあることは確かです。
書籍よりも早く新鮮な情報を入手できたり、なるほど!と目が開かれる意見や情報がかかれていて非常に参考になります。

でもその情報は本一冊にまとめられたものより断片的だというのも事実。

非常に良質な解説をしてくれているサイトでも、それは、自社サービスに興味をもらってもらうことが目的なため、核心の部分は実は書いていないということもあります。
また古くなって今となっては使えない情報、間違った情報もごろごろ転がっています。

専門家から素人まで、誰もが「あたかも詳しい知識があるかのように」書けるのがウェブ上の情報。

 

自分がそのジャンルに詳しくないと、ウェブ上のどの情報が正しくてどの情報が怪しいのか、古いのか、見分けられません。

 

書籍の場合、著者にある程度の「権威」あるいは「肩書」がなければ出版するには至りません。

膨大な情報の中から、もっとも重要なエッセンスが残るように、情報をきれいに整理整頓して提供してくれるのが本の良いところであり、だからこそ有料なのだと。

自分がよく知らない分野について勉強したい場合は特に 、ちゃんと本を買って数冊読むべきだなと、つくづく感じました。
ウェブの情報を数百ページ集めてきて読むよりも、全体像が見えやすくなり、ウェブ上の不要な情報をフィルターにかけやすくなります

 

そして海外ノマドにとっては電子書籍が充実した今、それを利用しない手はありません。

別にKindleタブレットを持っていなくても、AndroidタブレットやiPad 、PC端末で専用のアプリ またはブラウザからスムーズに読めます。

 

場所も取られないし、移動中や旅先でも、ソファに寝頃がっても読めるのがありがたい。

一つ前の記事にもKindleがスゴイ!という話を書きましたが、本当にこれからは電子書籍を活用すべきだと思います。

 

ということで、結論。

「ウェブの情報だけじゃなくて電子書籍で本を読もう」

です。