こんにちは!今回はメルマガ配信ができるWordpressプラグインArigato Pro(旧名BFT-Pro)で、メルマガの購読者リストを作成する方法を図解しました。すでに別のメルマガ配信スタンドや配信ツールを使っている場合は購読者情報の移行が必要になりますが、そのあたりも含めて解説していきますね。

2015.04.07追記: プラグインの正式名称がBFT-ProからAirgato Proに変わったみたいです。記事内の記述がBFT-Proのままのところもありますが、Airgato Proと同じと思ってくださいね。

sponsored link

1.メルマガの購読者リスト(Mailing Lists)を新規作成し各種設定を行う

WordPressダッシュボードにて、BroadFast PRO Autoresponder>Mailing Listsを選択します。

Click here to add a new mailing listをクリックして新規リストの作成を開始します。

新規リストの作成を開始

 

メーリングリスト詳細(List Details)の設定

まずは List Name(メーリングリスト名)、Default Sender Email(デフォルトの送信者)を設定してください。デフォルトの送信者は以下のように記述します。

 

送信者名_<送信元メールアドレス>

例) YUNA_<[email protected]>

 

注意点としては、送信者名と<のあいだに一文字何かを追加すること。上の場合は_(アンダースコア)を入れていますよね。この一文字がないと送信者名の最後の文字が消えてメルマガが配信されてしまうんです。

私の場合、YUNAYUNという名前になってメルマガ配信され、一体どこのロジックが間違っているのか、ソースコードを色々調べたんですが・・・よく分かりませんでした。

と思っていたら、Settingsメニューの初めのほうに

Please note that this field should contain valid email address or name and email

in the format Name &[email protected]>

と書いてありました。よーく見ると&lt(<)の前にスペースがありました。。気づかないと「???」と焦ってしまうところですが、こういう仕様なようなので、ちゃんと名前のあとにスペースを入れるようにしてくださいね^^;

 

メーリングリスト設定1

 

メルマガ登録に関する設定(Registration Settings)

メルマガ新規登録と、登録解除時に通知が欲しい場合は以下の図に示す項目にチェックを入れ、Notifications email(s)のところに、通知の送信先メールアドレスを入力してください。

購読者がメルマガ登録フォームから登録ボタンをクリックした後に遷移するページのURLを After registration go to.. の欄に記入します。私は登録完了メッセージを入力した簡単な固定ページをcompleteというスラッグで作成しました。

参考までにこんな感じです⇒ http://ruuski.net/sample-autoresponder/complete/

 

2016.10.30追記:

現在多忙につきメルマガ配信を停止しています。その代わりにArigatoProの導入を検討されている方・導入作業中の方に、どんな感じでメール配信がされてくるのか購読者の立場で見ていただけるよう、サンプルメールの配信を行っています。非常にシンプルですが、良かったら参考までに登録してみてください。

→ サンプルメール配信のお申込み

 

メルマガ登録時に名前の入力を必須にしたい場合はMake ‘name’ a required field.. にチェックを入れます。

新規購読者リスト設定続き

 

確認メールの設定(Email Confrimation Settings)-ダブルオプトイン採用時

メルマガの登録をダブルオプトインにする場合は以下の設定をします。ダブルオプトインというのは、登録フォームでの登録後、確認メールにて本登録用リンクをユーザーがクリックすることでメルマガの登録が完了するというものです。

簡単に違いを見てみると、

シングルオプトの場合(ダブルオプトでない場合)は、以下のようにシンプルな登録になります。

1.ブログ内のメルマガ登録フォームから登録

↓ (ここで本登録プロセスとなる)

2.登録完了ページの表示 (ユーザーには登録完了のお知らせメール送信)

 

ダブルオプトインの場合

1.ブログ内のメルマガ登録フォームから登録

↓ (ここは仮登録プロセスとなる)

2.仮登録完了のページが表示される。(同時にユーザーに確認メールを送信)

3.ユーザーが確認メール内のリンクをクリック

↓ (ここが本登録プロセス)

4.本登録完了のページ表示(ユーザーには本登録完了のお知らせメール送信)

 

ダブルオプトイン形式を採用するメリットはスパムによる登録が回避できることですね。デメリットは初期設定でやること多くなること。あとは登録時にユーザー側に負担がかかることでしょうか。でもダブルオプト形式は良く採用されていますし、本当にメルマガを読みたいと思っている人なら面倒くさがらずに本登録までしてくれるはずなのでデメリットというほどではないかもしれません^^;

 

で、ダブルオプトを採用する場合、まずRequire email confirmation (“Double opt-in”) …というところにチェックを入れます。

次にユーザーが確認メール内の本登録用リンクをクリックした後に表示する本登録完了ページのURLを設定します。(私は現在はダブルオプトを採用しなくなりましたが、以前は、本登録が完了したというメッセージの書かれた固定ページを作っていました。)

 

ダブルオプトの場合、登録フォームで「登録」ボタンをクリックした後に遷移する仮登録完了ページ(Registraition SettingsのAfter registration go to.. の欄で設定)では、「登録完了しました」ではなく「仮登録の状態ですよ~。メール内のリンクから本登録完了してね!」っていう趣旨のメッセージにしてください。

 

仮登録完了後にユーザーに自動送信される確認メールの件名Confirmation Subjectと本文Confirmation Messageを設定します。本登録用のリンクは{{url}}と入力しておくと自動で置き換えてくれます。

購読者リスト設定続き

 

登録解除テキストの設定(Unsubscribe Text)

メルマガの登録解除リンクはメール本文の最後に自動挿入されます。そのリンクの手前に表示する登録解除テキストを設定しておきましょう。

購読者リストの設定-解除URL

 

ここまで設定できたら、最後にAdd Mailing Listボタンをクリックして新規メーリングリストの設定を完了させます。

作成されたリストが一覧に表示されました↓↓

購読者リスト作成された

 

2.作成したメーリングリストに購読者を追加する

1で作成したメーリングリストに購読者を追加していきます。以下のようにSubscribersの欄のManageリンクをクリックして購読者の追加を開始します。

購読者情報の追加

 

購読者を一人、手動で追加する

まずは試しに自分のメールアドレスを登録して見ましょう。 Add Subscriberリンクをクリックします。

購読者の追加

 

テスト用の購読者情報を入力します。

購読者の追加

 

一括で購読者をインポートする

既に他のメルマガ配信スタンドなどでメルマガを配信していた場合は、購読者を移行する必要がありますよね。そういう場合は、一括で購読者情報をインポートすることができます。

ただし、このインポートはメルマガ(ステップメール)の設定がすべて終わってから行うことをオススメします。万が一、設定ミスがあったときに自分の購読者さんに迷惑をかけないためにも、まずは前節で作成したテスト用購読者のみの状態で、メルマガの設定が全て正しく行われるかテストするようにしましょう。

 

インポート用の購読者情報をCSV形式のファイルに用意しておき、Import Subscribersをクリックしてインポートを開始します。

購読者の一括インポート

 

以下の図に従って設定をし、Import Membersをクリックしてインポートします。

購読者のインポート設定

 

インポートが完了すると以下のようにメッセージが表示されます。

購読者のインポート完了

 

SubscribersManageリンクをクリックして、インポートの結果を確認します。

購読者インポート

 

インポートされた購読者の情報が正しいかどうか確認してくださいね。

インポート済み購読者のチェック

 

追記)BFT-Proバージョン2.4以降では、 インポート時に購読者情報の重複を防ぐ機能が付きました。これで意図せずに同一の購読者にメールが何通も送信されてしまうのを防げますね。

 

お疲れ様でした!今後は、ブログに登録フォームを設置し、ステップメールを設定する作業に入っていきます。次回以降の記事でまた図解しますのでぜひ楽しみにしていてくださいね^^