前回のBFT-Pro関連の記事「ステップメール配信ができるWordPressプラグインAirgato Pro(BFT-Pro)で購読者リスト作成」から大分時間が経ってしまいました。楽しみにしてくださっていた方には本当に申し訳ないm(_ _)m

自分自身、ステップメール配信をしたくて利用し始めたこのプラグインですが、ステップメールの内容を編集してから配信しようと思ってから早、数か月。いまだに開始できていないという・・・(汗)。ステップメールの内容はWordpress初心者さん向けのブログ構築講座なんですが、完成に向けて気合を入れなおして頑張ります。

 

前置きが長くなりましたが、今回はいよいよAirgato Pro(BFT-Pro)の機能の醍醐味、「ステップメール」の作成方法について図解します。基本的な使い方は解説などなくてもすぐにわかると思いますが、実際に使ってみてちょっと癖のある部分もあったので、そういうところをこの記事でお伝えできたらなと思います。

2015.04.07追記: プラグインの正式名称がBFT-ProからAirgato Proに変わったみたいです。記事内の記述がBFT-Proのままのところもありますが、Airgato Proと同じと思ってくださいね。

 

では早速!

ちなみに今回初めてこのプラグインの情報に出会ったという方はこちらの記事もあわせてどうぞ^^

sponsored link

WordPressプラグインAirgato Pro(BFT-Pro)のステップメール初期設定

まずはWordpressのダッシュボードから、BroadFast PRO Autoresponder > Autoresponder campainsを選択します。

表示された画面左上のClick here to create…というリンクをクリックします。

autoresponder ステップメール作成開始

 

そうすると、新規ステップメール(Autoresponder Campaign)の設定項目が表示されるので、下記の例にならって設定をして行ってください。

autoresponderステップメール新規作成

 

Sender(送信者)の名前とメールアドレスの設定ですが、

送信者名+半角スペースまたは半角ハイフン・アンダースコア+<メールアドレス>

のフォーマットで入力してください。(送信者名と<の間に何もないと、送信者名の最後の文字がなくなってメール配信されてしまいます)

 

Assign to Mailing Listsの欄では、すでに作成済みの購読者リストが表示されていますので、今回のステップメールを配信したいメーリングリスト(購読者リスト)を選択します。購読者リストの作成がまだの場合はこちらの記事を参考にして作成してください。

誤送信を防ぐためにも、最初は自分だけが登録されたテスト用の購読者リストを選択し、すべてのステップメールの作成と設定が完了して、テスト送信もできたあとに、本番用の購読者リストにチェックをしなおすのがいいと思います。

 

設定が出来たらAdd Autoresponder Campaignのボタンをクリックします。

 

以下のように一覧に作成したステップメールが表示されるはずです。

次に、ステップメールの個々のメールを作成していきましょう。以下ようにManageをクリックします。

autoresponder作成済みステップメール一覧

 

個々のステップメール作成と配信設定

以下のようにClick here to create a new email messageのリンクをクリックし、個々のステップメールの作成を開始します。

autoresponderステップメール追加

 

以下のような表示がでたら、メールの件名や本文を入力します。ここで重要なのは、メールをテキスト形式で送信する場合、かならず本文の入力欄の右上にあるタブで「テキスト」を選択することです。ビジュアルモードで書くと改行などに問題がでてしまうので注意してください。

autoresponderステップメール本文設定

 

メール本文を一度設定した後、再度編集などでこの画面を開くときに一度でもビジュアルモードで表示されると、改行が崩れる可能性が高くなります。この件の対処法については以下の記事で図解していますので、テキスト形式のメール配信を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

WordPressの投稿エディタを開くときに必ずテキストモードで表示させる方法

 

 

件名や本文の中には、{{email}}や{{name}}といった埋め込みフィールドを利用できます。

特に{{name}}の利用は、メールを受け取る方が自分宛てに書かれているメールだと感じてもらいやすくするための非常に有効な手段となりますのでぜひ利用しましょう。

例えば、メールの最初に {{name}}さん と入力しておけば、{{name}}の部分をメール配信時に自動で購読者の名前に置き換えられて YUNAさん などといった感じで送信されます。

 

autoresponderステップメールのスケジュール

 

BFT-Proのステップメール機能のいいところは、配信スケジュールの設定が豊富だということ。

 

一番オーソドックスなステップメール配信といえば「購読開始から○日後に配信」というスケジュールですよね。

Email Sending Optionsの一番最初の項目を選択すれば、購読開始直後、1日後、2日後・・・という風に設定をすることができます。

例) 購読直後の場合 Send 0 days after user registration と設定

 

その他のスケジュールでは、日付を指定する、○日おきに繰り返し送信する、毎週○曜日に繰り返し送信する、といった設定もあります。これらは特定のキャンペーン情報やセールス情報などを告知するのにも便利そうです。

 

送信時間の設定(Time of the day)は、メール配信の時間帯を設定します。朝の通勤時間帯を狙ったり、夕方の帰宅後の時間帯に配信するのもなかなか効果的です。

 

全ての設定が終わったら Create Email Messageボタンをクリックして、メールの作成を完了します。

 

メールが何通か用意されている場合は、同様の方法で繰り返しメールを設定していってください。

 

一括配信用Newslettersについて

BFT-Proにはもう一つ、一括配信用のNewlettersというメニューもあります。これを利用すると、購読者の登録日時に関係なく、購読している人全員に対してメールを一括送信することができます。

緊急の告知などに便利ですので、ステップメールと合わせてうまく活用してみてください。設定方法はAutoresponder Campaignのほうができれば問題なく行えます。

 

以上、今回の記事でようやくBFT-Proの解説が一通り終わりました(ホッ^^)。もし何かわからないことなどあれば、遠慮なくコメントや問い合わせフォームにてメッセージをお寄せくださいね。

 

 

追記)バージョン2.4からの新機能「テスト送信」について

2015年1月20日にBFT-Proのバージョンが2.4にアップグレードされ、それに伴って幾つか重要な機能が追加されました。その中の一つが、ステップメールと一括配信メールの作成時に、メルマガ送信元(Sender)に設定されたアドレスに対してテストメールを送信できるというものです。

具体的には、以下の画面キャプチャに示すように、Test Emailのところでチェックを入れ、それからCreate Email Messageをクリックすると、”…be delivered to…”以降に表示されている宛先(メルマガ送信者)に対してのみ、作成したメールがテストメールとして送信されます。

テストメール送信

 

実際に試してみましたが、これは非常に便利ですね。

特にステップメールの場合は、何通ものメールから構成されるステップメールを組むと、一通一通テスト送信をするのには色々と工夫が必要で、かなり面倒だったので、今回のバージョンアップで待望の機能が追加されたなという感じです。

 

バージョンアップに伴って、プラグインの機能まとめ【改訂版】を作成しました。

メルマガ一括配信・ステップメール配信ができるWordpressプラグインBFT-Proの機能まとめ【改訂版】