この記事では、レンタルサーバー(さくらインターネット)にWordpressをインストールする方法を図解しています。さくらインターネットもそうですが、多くのレンタルサーバーではWordpressを簡単にインストールできるツールが備わっていて、初めてでもほんの15~20分もあればインストールが完了します。さくっとインストールしていきましょう^^

 

ちなみにこの記事はWordpressでつくるブログ(またはウェブサイト)のドメインがサーバーに設定されていることが前提で話が進んでいきます。

WordPressでブログやサイトを運営するには、

  1. サーバをレンタルする
  2. 独自ドメインを取得する
  3. ドメインをサーバーに設定する
  4. WordPressをサーバーにインストールする

という手順がまず必要になります。この記事では4番目の手順について解説していますが、1~3についてはこちらの記事でそれぞれ解説しています。これからWordpressを始める方は参考にしてみてください。

sponsored link

では本題に入っていきます!^^

 

データベースを作成する

まず、Wordpressで作るブログやサイトの情報を保管するデーターベースを作っていきます。

さくらインターネットのコントロールパネルにログインしましょう。

コントロールパネル

 

左サイドバーから「データベースの設定」を選択します。

さくらインターネット データベースの設定

 

「データベースの新規作成」をクリックします。

さくらインターネット データベースの設定2

 

データベース名を設定します。後からデータベース一覧を見た時にどのブログ(またはサイト)のデータベースなのか分かるような名前を設定しておくといいですね。データベース文字コードはUTF-8を選択してください。

さくらインターネット データベースの設定3

「データベースを作成する」をクリックします。

データベースが作成されると、データベース一覧が表示されます。作成したデータベース名が表示されていることを確認しておきましょう。

 

では次に、Wordpressのインストールです!

WordPressをサーバーにインストールする

コントロールパネルの左サイドバーから「クイックインストール」を選択します。

wpinstall1

 

カテゴリーメニューから「ブログ」を選択し、インストールメニューから「Wordpress」を選択します。

Wordpressインストール手順2

 

 

インストール先の一番目のボックスには、今回使用するドメインを選択します。二番目のボックスにはWordpress用のファイル類を保存するフォルダ名を指定します。wpとか、適当につけましょう。

データベースには、先ほど作成したデータベースを一覧から選択します。

テーブルの接頭語は表示されている文字列のままでoKです。

Wordpressインストール手順3

 

入力内容を今一度見直して、インストールボタンをクリックします。

 

無事にインストールが完了すると以下のような表示になります。「アプリケーションの設定へ進む」をクリック。

Wordpressインストール完了

 

 

WordPressのインストール画面が表示されるので必要な情報を入力します。ユーザー名とパスワードはこの後すぐに必要になるのでメモっておきましょう。

Wordpressインストール

 

 

WordPressのインストールの完了画面が表示されたらログイン画面へと進みます。ユーザー名とパスワードを入力してログイン!

 

Wordpressログイン

 

 

ダッシュボードが表示されたらオメデトウございます!! 早速セキュリティのために一つ、作業をしておきましょう。

 

ニックネームを変更する(セキュリティのため)

WordPressをインストールした直後は、管理者(あなた)のユーザー名と、ブログに表示されるあなたのニックネームが同じものになっています。これは変更しておかないと、ログイン情報の半分を公開しているようなもので危ないので、すぐにニックネームを

変更しておきましょう。

ダッシュボード左のメニューから ユーザー > あなたのプロフィール を選択します。

「ニックネーム」のところを「ユーザー名」と違うものに変更し、ブログ上の表示名のところは「ニックネーム」を選びます。下の方にいって「変更を保存」をクリックして完了です。

 

Wordpressニックネームの変更

 

 

WordPressのインストールは以上です。お疲れ様でした!