この記事では、ブログやウェブサイトを作るときに必要な独自ドメインの取得方法について図解していきます。

基本的にはどのドメイン登録業者で取得しても大きな差はありませんが、 価格を重視するなら「お名前.com」からの取得がおすすめです。ドメイン登録業者の老舗で実績があり、他のサイトよりも安い価格で取得(登録)できることが多いです。

お名前.com

sponsored link

独自ドメインを決める時のポイント

価格について

独自ドメインの後ろに何がつくか(.com .net .bizなど)によって 価格が変わります。1年目が激安でも、2年目から価格が大幅にアップするものがあるので、注意してください。

 

ドメインのつけ方について

ドメインは、これからブログやサイトのURLにずっと使われていくものです。こう書くと逆に注目されちゃうのであまり書きたくないんですが、当ブログのドメイン、もっとちゃんと考えればよかった・・・いまだに後悔してます(苦笑)。「今さら変えるのも面倒だしまたゼロから始めるのもな・・・」と思ってそのまんま。。こうならないためにも、ちゃんと考えてつけましょう。

つけ方は自由ですが、ブログやサイトの名前が決まっているならその名前にちなんだドメインがいいですね。

ノマドWEB なら nomadweb.com みたいな感じで。

ブログのテーマに関連のあるキーワードを使うとSEOに良いとか言われていたりします。このあたりはいろんな意見があるので、気になる方はGoogleで検索して調べてみてください。個人的には自分が満足できて、自分や他の人が覚えやすいもの、あまり長くないものにするのがいいのではと思います。

ただし、せっかく一生懸命考えても、すでに他の人に使われてしまっている場合もありますので、幾つか候補が決まったら早速、ドメイン名(独自ドメイン)が取得可能かチェックしてみましょう。

 

ドメインの取得手順

考えたドメイン名の候補が取得可能かチェックするには、まずサイトにアクセスし、ドメイン名の候補を下の画像で示す枠内に入力して、検索ボタンをクリックします。

お名前comサイトでドメイン検索

今回は一例としてapplecityとbananarecipeという二つのドメイン名を候補として検索してみました。

検索すると、以下のようなページが表示されます。

ドメインの候補

ドメインが登録可能な場合には□が一覧表に表示されます。自分が使いたいものがあればチェック✔を入れ、必要ないものはチェックを外します。「次に進む」ボタンをクリックしてください。 独自ドメインの登録手続きが開始されます。

もし、一覧表がすべて×(どれも使用不可)だった場合や、使いたいドメインがない場合は、「他のドメイン名を検索する」の欄から別のドメイン名を入力して再度検索します。

 

ドメイン取得手続き

お申込み内容を確認します(上の画像はbananarecipe.clubというドメインを申し込むときの場合)。ここではWhois情報公開代行に必ずチェックを入れて「次へ」をクリックします。

 

以降のページで、個人情報の入力、その後、お支払情報の入力を行います。

※お支払情報入力では、 以下の項目にチェックを入れるようにしてください。

☑自動更新設定

☑Whois情報公開代行

登録内容確認のページで、入力内容を確認し、登録を完了させましょう。確認メールが届きますので、 必ず確認するようにしてくださいね。

 

以上、独自ドメインの取得手順でした。