リアルタイム解析で異常にアクセスがきてる今までも何度か見かけてきたのですが、Google Analyticsのリアルタイム解析で、ある瞬間だけアクセス数がびょ~~んとすごい数になるときがあります。

 

当ブログでは今のところ同時アクセスは多いときで10人弱。なので27件もの同時アクセスは通常ありえないし、もしこれがSNSなどで拡散された結果だとしたら数時間~一日くらいはアクセスがガーッと増えるはずなので、上のようなアクセスの増え方は奇妙ですよね。。

一度なら見過ごせても、何回か同じような現象がおきていたので、どうも気持ち悪くて原因を調べてみることにしました。

sponsored link

原因はリファラスパムだった

Google Analyticsのアクセスレポートで、集客 > 全てのトラフィック > 参照元/メディア というところを見てみたところ、social-buttons.com という覚えのないサイトからの参照が26件ありました。

リファラスパムからのアクセス

 

「これが原因っぽい。」と思いGoogle先生に聞いてみたところ、

Social-buttons.com Referral Spam

という記事を発見。どうやら今回悪さをしているのはReferral spam(リファラスパム、参照スパム)というものだということが分かりました。

 

リファラスパムの目的

そもそもリファラスパムの目的は何なのか。

幾つか読んだ記事によると、Google Analyticsのレポートに参照元としてサイトが残るようにし、管理者が参照元からそのサイトを訪問するように仕向けることのようです。

The purpose of this spam is to trick webmasters into visiting the sites reported as referrers.

引用元:Understanding and eliminating referrer spam in Google Analytics

そうやって仕向けてアクセスを増やしたいんでしょうかね・・・?自分もsocial-buttons.comにアクセスしちゃったので何だかムカつきます。

 

リファラスパムを除外すべき理由

リファラスパムを送りつける側の意図が何であろうと、「スパム」という名がついている以上、放っておいてはいけない感じがします。

リファラスパムを除外すべき一番の理由は、

Google Analyticsによるアクセス集計結果にスパムによるアクセス数が入り込んでしまうこと

正確な分析ができなくなります。

そしてもう一つは、

リファラスパムによって同時アクセスが急激に増えることにより、サーバーへの負荷がかかり、ページのロード時間が長くなる。ページの読み込み時間が長くなるとSEOの評価も下がるし、ユーザーにも迷惑がかかる

ということです。

参考How to Stop Spam Bots from Ruining Your Analytics Referral Data

今回のように20~30件程度なら大きな問題にはならないでしょうが、幾つものリファラスパムからアクセスがガンガン来るようになる可能性だってありますので、そうなるとGoogle Analyticsの統計が役立たずになってしまいます。。

 

リファラスパムを除外する方法

リファラスパムを除外する方法ですが、二つの方法があるようです。

  1. .htaccessでアクセス拒否する
  2. Google Analyticsのフィルタ機能を利用する

以下のサイトでは、上の二つの方法でそれぞれどのようにリファラスパムからのアクセスを除外できるかが解説されています。日本語で書かれていますし、今のところ(2015年3月現在)存在しているリファラスパムを全部除去できる方法を紹介してくれていますので、ぜひ参考にしながらやってみてください。

アクセス解析データを掻き乱すリファラ偽装スパムへの対策

 

どっちの方法がいいのかは、英語のサイトを色々読み漁ってみたのですが、Google Analyticsのフィルタ機能を使うのがいいという人もいれば、.htaccessのほうがいいという人もいます。自分がやりやすいほうでやってみてください。

 

Google Analyticsフィルタ機能を使うなら比較用のビューを作成しよう

Google Analyticsフィルタ機能を使ってリファラスパムを除外する場合、フィルタの効果を把握するために、新たにビューを作成してからフィルタを適用するとよさそうです。

そうすると、デフォルトのビューはスパムを含んだ状態での集計、フィルタを適用したビューはスパムを除外した状態での集計結果が表示されます。こうすることで、フィルタの効果を把握することができます。

以下に具体的な方法を図解します。

 

Google Analyticsにアクセスし、「アナリティクス設定」のページで「ビュー設定」をクリック。

analytics setting

 

「ビューをコピー」をクリック。

Google Analyticsビューの追加

 

適当なビュー名を設定し、ビューをコピーします。

新たなビューの作成

 

フィルタは、上でご紹介したサイトの解説に沿って追加しました。フィルタは解説の通り、3つ作成しています。

アナリティクスでフィルタ作成

 

「ビューにフィルタを追加」の下のほうにある「ビューにフィルタを適用」のところでは、今回作成したビューを追加します。

filter-view-setting

以上です。この方法は以下のサイトを参考にさせていただきました。

Block Google Analytics Referral Spam From Darodar.com Or Any Spam Domain

 

 

効果のほどについては結果がみえる1~2か月後に改めて報告したいと思います^^

 

——————————

2016.3.13追記)

対策しても対策しても新しいリファラースパムが現れる「いたちごっこ」だったこの問題ですが、「最近落ち着いてきたな~」と思っていたらGoogleがこの対策をついに行ったようです。はぁ~めでたしめでたし。

関連記事: Googleアナリティクスのリファラースパムについに対策か?