この記事ではWordpressでブログを作ったら真っ先にやっておきたいバックアップ設定について解説しています。Wordpressを初めて使う方にも分かりやすいように「バックアップがなぜ、どんな時に必要になるのか」というところから、バックアップを自動で行ってくれるプラグインBackWPupの設定方法まで図解しました。

sponsored link

バックアップとは。なぜ必要なのか。

バックアップとは一般に、データの写しを取って保存することを言います。例えば携帯電話の連絡先。万が一、携帯を壊してしまったりしたときに連絡先だけは復元できるよう、別の場所に連絡先データを保存しておきますよね。

WordPressで作るブログも、普段はちゃんと動いてくれていますが、何かの拍子に「データが壊れた!!」ということが100%ないわけではないんです。なので、そういう「万が一」のときに備えてバックアップを常にとっておく必要があります。

 

例えば、次のようなときには必ず事前にバックアップを取ることが勧められています。というより絶対やったほうがいいです。

  • ワードプレスの更新のお知らせが来たとき
  • プラグイン(拡張機能)の更新のお知らせが来たとき
  • テーマを編集したいとき

ワードプレス本体も拡張機能を追加する様々なプラグインもバージョンアップを続けています。新しいバージョンが出ると、ダッシュボードにお知らせがでるので、更新する必要があります。こういう時は、不具合が出やすいので更新をする前に必ずバックアップを取って、万が一、うまくブログが動かなくなったら元に戻せるようにしておく必要があります。

また、テーマファイルを編集したい(カスタマイズしたい)というときも、バックアップは必要です。この場合は、少なくとも自分が編集するファイルの内容をすべてコピーし、メモ帳などに保存しておくのが一番手っ取り早いバックアップ方法ですが、いくつものファイルを編集する場合は、全体のファイルのバックアップがある方が安心です。

 

「予期しない事態」というのは何もこういった更新や変更を加えるときだけではありません。全く想像しないような時に、急に何かがおかしくなるという可能性もゼロではないんです。例えばお使いのレンタルサーバーで、全データが消失するという惨事が起こる可能性だってないわけじゃない。(実際に過去にそういう事例もあります)

 

あなたが長くブログを運営すればするほど、その「予期しない事態」で失うものは大きくなります。そういった事態の被害を最小限にとどめるには、日ごろからバックアップを取る習慣をつけることが大切。

でも、こういう作業ってついつい後回しになったり、気が付いたら忘れてしまうものですよね。。なので、こういうことは自動化するのが一番です。そこで登場するのが、あなたの代わりに定期的にバックアップを取ってくれるお役たちプラグインBackWPup

BackWPupについての特徴をここで簡単にご紹介しておきます。

 

WordPressプラグイン BackWPupの特徴

サイト全体(ファイル類)とデータベースのバックアップが両方できる

WordPressで作ったブログやサイトは、大きく分けて以下の二つの部分に分けることができます。

  • サイトを構成するファイル類: Wordpress本体・プラグイン・テーマなどのファイル、画像など
  • データベース: ブログの設定情報、ユーザー情報、記事やコメントなどのデータ

BackWPupは、これら両方をバックアップすることができるという利点があります。

 

遠隔保管ができる

バックアップファイルを、ブログ・サイトを置いているサーバー上に保存すると、ディスク障害などサーバーに問題が生じたときに、バックアップまで消失してしまうリスクがあります。

BackWPupを使えば、オンラインストレージをバックアップの保存先に指定することができるので、安心です。DropBox、SugarSync、Amazon S3、Google Strage、Microsoft Azureなど、利用できる種類も多いのが魅力です。

この記事ではDropBoxの無料アカウントを利用したバックアップ保存について説明します。

 

バックアップのスケジュール管理ができる

指定した期間ごとにバックアップ処理が自動的に行われるよう、スケジュールを決めておくことができます。バックアップする内容も、自分で色々選択できます。

たとえば、

  • データベースのみのバックアップは毎日
  • ファイル類のバックアップは週に一度

など複数のジョブスケジュールを設定することもできます。

 

便利ですよね^^ 実際、BackWPupはあらゆるサイトで「Wordpressの必須プラグイン」として紹介されているくらい、本当に優良でありがたいプラグインです。

では早速インストール、設定をしていきましょう!

 

BackWPupの導入

プラグインのインストール

WordPressのダッシュボード(管理画面)の左メニューから「プラグイン」を選択し、そのなかから「新規追加」を選択。

「プラグインの追加」というページが表示されたら、右側の「プラグインの検索」と書かれているボックスの中にBackWPupと

入力しEnterキーを押してください。

プラグインインストール

 

検索結果にBackWPupu Freeというプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリック。

BackWPupインストール

 

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグイン有効化

 

以上でプラグインのインストールが完了です。
管理画面の左側のメニューに「BackWPup」という項目が表示されるのでそこからバックアップの設定をしていきます。

 

BackWPupにバックアップジョブを作成する

データベースのバックアップジョブを作成

まずはじめに、データベースのバックアップをするジョブを作成します。BackWPupのメニューから「新規ジョブを追加」をクリック。

新規ジョブを追加

 

以下のように設定していきます。

BackWPupデータベースバックアップ1

  • ジョブの名前: データベースのバックアップであることが分かるような名前を付けます
  • ジョブタスク: 「データベースのバックアップ」と「データベーステーブルをチェック」にチェックをいれます
  • バックアップファイルの作成: アーカイブ名にはデフォルトで表示される文字列の最初に「どのブログの何のバックアップなのか」が分かるように文字をいれます。そうすると複数のブログやバックアップジョブの作成をしてもごちゃごちゃになりません^^
  • アーカイブ形式はデフォルトのまま Tar GZipでOK

 

BackWPupデータベースバックアップ2

  • バックアップファイルの保存方法: 「Dropboxにバックアップ」を選択
  • ログファイル: ここの設定項目はすべてデフォルトのままでOK

 

ここまで設定出来たら「変更を保存」をクリックします。

 

次に「スケジュール」タブを選択します。

BackWPupバックアップスケジュール1

  • ジョブの開始方法: Wordpressのcronを選択

 

BackWPupバックアップスケジュール1

  • スケジューラタイプ: 基本
  • スケジューラ: 毎日、3時35分に設定(アクセスが少なく、他のプログラムとのバッティングがなさそうな時間帯にします)

データベースには、投稿した記事の内容やコメントの内容など、頻繁に追加や変更のある情報が保存されていますので、データベースのみを1日1回、自動でバックアップする設定にしています。

 

ここまで出来たら「変更を保存」をクリックし、「DBバックアップ」タブを選択します。

BackWPupデータベースバックアップ3

  • バックアップするテーブル: すべてにチェックします
  • バックアップファイル名: デフォルトのまま
  • バックアップファイルの圧縮: GZipを選択

 

「変更を保存」をクリックし、「DBチェック」のタブを選択します。

BackWPupデータベースバックアップ4

  • データベースチェックの設定: Wordpressのテーブルのみにチェックをいれます。こうするとデータベースに何かのエラーや欠損が発生した時にメールで知らせてくれます。

 

「変更を保存」をクリックします。もう一つ「Dropbox」の設定がありますが、これは後からまとめて設定するので今はそのままでOKです。

 

次にファイルのバックアップジョブの作成をします。

 

ファイルのバックアップジョブを作成

データベースバックアップジョブの作成時と同様に、管理画面のBackWPupメニューから「新規ジョブを追加」を選択します。

BackWPupファイルバックアップ1 BackWPupファイルバックアップ2

  • ジョブの名前: ファイルのバックアップであることが分かるような名前を付けます
  • ジョブタスク: 「ファイルのバックアップ」だけにチェックをいれます
  • アーカイブ名: 先頭に「どのブログの何のバックアップか」が分かるような文字列を追加します。
  • アーカイブ形式: Tar GZip

 

BackWPupファイルバックアップ3

  • バックアップファイルの保存方法: 「Dropboxにバックアップ」を選択

 

BackWPupファイルバックアップ4

  • ログファイル: すべての項目は特に変更しないでOK

 

ここまでできたら「変更を保存」をクリックします。

次に「スケジュール」タブをクリック。

BackWPupファイルバックアップ5

  • ジョブの開始方法: Wordpressのcronを選択

 


BackWPupファイルバックアップ6

  • スケジューラタイプ: 基本
  • スケジューラ: 毎週 日曜日 3時25分 (データベースバックアップと重ならない時間で、深夜に設定)

ファイルには、テーマファイルや画像データなどが含まれますが、これらデータベースほど頻繁には変更されないので、バックアップは週に1度くらいのペースで実行されるように設定します。

 

「変更を保存」をクリックします。

「ファイル」タブの設定欄は、特に変更することはないので解説を省略します。「Dropbox」タブは後程まとめて設定するので今はそのままでOKです。

 

最後に、すべてを丸ごとバックアップするジョブも作っておきましょう。

丸ごとバックアップするジョブを作成

管理画面メニューのBackWPupのところから「新規ジョブの追加」を選択します。

BackWPup全バックアップ1

  • ジョブの名前: 全てのバックアップであることが分かるような名前を付けます
  • ジョブタスク: すべてにチェックをいれます

 

BackWPup全バックアップ2

  • アーカイブ名: 先頭に「どのブログの何のバックアップか」が分かるような文字列を追加します。
  • アーカイブ形式: Tar GZip
  • バックアップファイルの保存方法: Dropboxにバックアップを選択

 

BackWPup全バックアップ3

  • ログファイル: どの項目も特に変更は必要なし

 

「変更を保存」をクリックします。

次に「スケジュール」タブを選択します。

BackWPup全バックアップ4

  • ジョブの開始方法: 「Wordpressのcron」を選択

 

BackWPup全バックアップ5

  • スケジューラタイプ: 基本
  • スケジューラ: 毎月 実行日● 3時45分 (日付は適当に、時刻はデータベースのバックアップ、ファイルのバックアップと重ならない時刻で、深夜に設定)

 

「変更を保存」をクリックします。

 

「DBバックアップ」「DBチェック」のタブでの設定は、前述のデータベースバックアップの設定 のところを参考にしてください。その他のタブの設定は変更せずに初期設定のままでOKです。

 

作成したジョブの確認

ダッシュボードの左メニューのBackWPupから「ジョブ」を選択すると、作成した3つのジョブの一覧が表示されます。以下のようになっていればOKです。

 

ジョブの確認BackWPup

 

お疲れ様でした!いよいよDropBoxとの連携を行います。

オンラインストレージDropBoxとの連携

DropBoxアカウントの作成

ジョブ一覧で、どれか一つのジョブの名前の下にカーソルを持っていくと、Editリンクが表示されるので、クリックします。BackWPupジョブの編集

 

「宛先:Dropbox」タブを選択します。

Dropboxのアカウントを持っていない場合はアカウントをまず作成しましょう。「認証」の欄の「アカウントを作成」ボタンをクリックします。

BackWPupとDropboxの連携1

 

そうすると、Dropboxのアカウント作成ページに表示が切り替わるので、必要事項を記入してアカウントを作成してください。Dropboxのアカウントの作成が完了したら、また元のBackWPupの「宛先:Dropbox」タブの表示に戻ります。

 

Dropboxとの連携を開始する

「Dropboxのアプリへのアクセス」の項目で、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」ボタンをクリックします。

BackWPupとDropboxの連携2

 

表示が切り替わったらので、ログイン情報を入力してDropboxにログインしてください。以下のような表示が出たら「許可」を選択します。

BackWPupとDropboxの連携3

 

 

「このプロセスを完了するにはBackWPupAppにこのコードを入力してください」と表示されたら、その下のコードを選択してコピーします。

BackWPupとDropboxの連携4

「Dropboxのアプリへのアクセス」のテキストボックスにコードを貼り付けます。

BackWPupとDropboxの連携5

 

その他の設定項目は初期状態のままでOKです。「変更を保存」をクリックします。

BackWPupとDropboxの連携6

 

以下のように「認証済み!」という緑のサインがでたら無事連携が完了です^^

BackWPupとDropboxの連携7

 

他の二つのジョブも同様にしてDropboxの認証設定を行ってください。

 

手動でバックアップ処理を実行したい場合

もし、手動でいずれかのジョブを今すぐ実行したい場合は、BackWPupのメニュー「ジョブ」から、実行したいジョブ名のところにカーソルを持っていくと「今すぐ」というメニューが現れるので、クリックすれば、実行されます。

WordPress本体の更新やプラグインの更新の前には必ずバックアップを取っておくのがいいですが、そういう時に全体のバックアップを手動で実行してから更新をするのがおススメです。

 

ちなみに、実際にバックアップデータを使って、Wordpressの復元をしたい状況が生じた場合は、以下の記事がとても分かりやすくリカバリー方法を解説してくれています。参考にしてみてください。

BackWPup – バックアップデータからの復元手順