ちょうど少し前に新しいタブレットを購入しKindleアプリを使い始めたころ、読み放題プランが8月に解禁になるという噂が流れていて「おお!グッドタイミング!」と楽しみにしていました。

その時書いた記事: Kindleを持っていなくてもKindle本を絶対に利用すべき5つのメリット

 

そして8月3日、AmazonジャパンについにKindle Unlimited読み放題プランが上陸。

最初の1か月は無料でお試しで利用できるので早速使い始めてみました。

 

これはかなり画期的!

 

kindle-unlimited

Kindle Unlimitedとは:
月額980円という破格の値段で、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のもの電子書籍・雑誌・漫画がKindle端末またはKindleアプリ経由で読めるサービス

 

 

sponsored link

 

 

これまでKindleを使ってきた人はもちろん、あまり電子書籍は…という乗り気でない方も、試すだけ試してみるのをお勧めします!

 

品ぞろえはどうなのかというと、ジャンルにもよると思いますが個人的には「悪くない」というのが第一印象です。

Kindleを使い始めてから、読んでみたい書籍の無料サンプルを端末にいれて試し読みしていたものが十何冊かあったのですが、そのうちの半分弱くらいがUnlimitedの対象になっていた感じです。

 

こちらからUnlimited対象のものが一覧できます。

→ Kindle Umlimited対象の書籍

 

以前の記事にも書きましたが、海外に住んでいるとどうしてもネットからの情報に偏りがちになるので、
タブレット片手にじっくり書籍が読めるというのは本当にありがたい。

読み放題だとちょっと興味はあってもわざわざ購入するほどではないなという感じの本にも手が届いて、意外にそういう本のほうがおもしろかったりするので、楽しみの幅が広がる感じがします。

ビジネス書でも雑誌でも、1~2冊購入すれば大抵は980円超えちゃいますから、元は十分取れますしね。

 

一点注意なのは、読み放題で端末にダウンロードできるのは10本まで。

11本目になると、今端末に入っている10本の中から削除するものを選ぶ必要があります。

「あれも、これも」と選んでいたらすぐに10本に達してしまい、「ああ・・・こういうシステムだったのか…」と気づきました。

 

いわゆる「積読」(読みたい本を積み上げておくだけ)にならずに済むのでいいですね。

 

もちろん何度もくりかえして長く読み続けたい、読み返したい本は別途購入すれば端末にずっと残せます。

大抵の場合は1回読めば十分ですし、例えば10本のうち3本を長く取っておいても、残りの7本分でまわせばいいだけのことですが。

 

 

では二週間で読んだ中で良かったものを以下に6冊ご紹介します。ジャンルはかなり偏ってますので…あしからず

Kindle Umlimitedで読めるオススメ書籍

→ 夢をかなえるゾウ

評価が高かったので読んでみましたが、とてもいい本だと思います。

こういう自己啓発系の本は読んだ直後は満足してやる気が出るものの、数日たてば内容さえ忘れてしまうことが多い(私の場合)ですが、これはストーリーになっているので、何だかふとした時に色々な場面がよみがえってきて、「ああ、そういえばあれを心掛けるんだった」と思い出せます。

 

→ 仕事は楽しいかね

これも同じくストーリーになっているタイプの自己啓発本。インパクトは夢を叶えるゾウのほうがだいぶ大きくてこちらは記憶が薄れてきていますが、一度読む価値はあると思います。

 

→ 人生がときめく片づけの魔法

読み放題じゃなかったら別に読むこともなかったと思いますが、意外に良かったです。洋服のしまい方とか、「ア…それダメだったんだ」と、ハッとさせられるヒントがあります。片付けがしたくなる本です。

 

→ 人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

Unlimitedで読めるブログのノウハウ本は5,6冊読みましたが、その中で一番よかったです。既にブログを運営している人にも参考になることがたくさんあります。

 

→ [音声DL付]ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2016年6月号 [雑誌]

学生時代にほぼ毎日聴いていた懐かしのEnglish Journal。音声付きでこれがUnlimitedで聴けるとはかなりお得!飽きのこない英語学習ができるのでEnglish Journalは個人的にかなりお勧めです。中~上級者も英語のブラッシュアップに使えます。
→ PASTA―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

普段はネットでレシピを検索しているのですが、こういうプロのレシピを美しい写真と共に見れるのは新鮮で良かったです。