人間関係の基本ともいえる「ありがとう」と「ごめんなさい」。これは「こんにちは」と同じくらい大事なので必ず覚えたいですね。ロシア語のありがとう「スパシーバ」は耳にしたことがある人も多いかもしれません。ロシア語の「ありがとう」や「ごめんなさい」はЗдравствуйте!(こんにちは)より大分発音しやすいので是非覚えて使えるようにしておきましょう!

Sponsored link

[ad_large_banner]

忘れちゃいけないお礼の言葉「ありがとう」と「どういたしまして」

 Спасибо! スパシーバ 「ありがとう(ございます)」

Спасибоスパシーバ

この一言で、誰に対しても「ありがとう(ございます)」という表現として使えます。

 

さらに「どうもありがとう」と感謝の気持ちを強めて言うなら、

Большое спасибо! ボリショーエ スパシー

とБольшое 「大きな」を付ければOKです。 Спасибо большое!でも同じ意味で使えます。

 

Пожалуйста パジャールィスタ 「どういたしまして」

Пожалуйста パジャールィスタ は、英語のPlease(~してください)の意味でも使われますが、Спасибоのあとに「どういたしまして」の意味をこめても使います。

「どういたしまして」のほかの言い方としては、

Не за что ニェーザシト ⇒ 「とんでもありません」(お礼を言われるようなことではない)というようなニュアンス、

Вам спасибо ヴァム スパシー ⇒ Вам「あなたに」+спасибо「ありがとう」で「こちらこそ」というニュアンスのものなどがあります。

これらはお礼を言った時に返される言葉として日常的によく聞くので頭の片隅に入れておくといいかもしれません^^

 

Благодарю вас ブラガダリュー ヴァス 「感謝します。ありがとうございます。」

Спасибоほど頻繁ではありませんが、この言葉もよく使われます。日本語の「感謝」も友達や家族の間でというより、公式の場で使われることが多いですが、この言葉もビジネスなどの少しかしこまった場面で使われることが多いように思います。

 

謝るのもまた大切「ごめんなさい」と「すみません」

ごめんなさい

日本人は謝ってばかりで、外国人はよほどのことがない限り「ゴメンナサイ」とは言わないなんていうことを聞いたことがある人もいるかもしれません。

実際、自分の旦那様を見ていても、「そこ謝っとかなくていいの!?」っていうところで普通に謝らずに会話が進んでいくということがあります(汗)。隣に立っている私の方が内心ハラハラしてしまうのですが、相手も別に「謝れ~~!!」っていうオーラは発しないので、そういうもんなんでしょうね。。(笑)よっぽど悪いと思わない限りは謝らない人は多いと思います。

ただこれも人それぞれで、日本人より腰が低いんじゃないかと思う人もいますし、素直に謝られて嫌な顔をする人はいないと個人的には思っています。なので、ロシア語の「ごめんなさい」「すみません」はちゃんと覚えて使えるようにしておいてくださいね^^

 

Простите пожалуйста プラスチーチェ パジャールィスタ

日本語の「ごめんなさい」にあたる言葉。英語だとI’m sorryとかPlease forgive me.といった表現が近いと思います。

直訳はПростите 「許して」 + пожалуйста 「ください」ですが、単に Простите(プラスチーチェ)だけでも基本的には大丈夫です。語尾につくте(チェ)には敬語的な意味合いがこもるので。

友達や家族同士ではПрости(プラスチー)とте(チェ)を付けずに言います。

丁寧な順に並べると

Простите пожалуйста プラスチーチェ パジャールィスタ

Простите プラスチーチェ 

Прости пожалуйста プラスチー パジャールィスタ

Прости プラスチー 

となります。

 

 

Извините イズヴィニーチェ

Простите プラスチーチェと同様、「ごめんなさい」の意味がありますが、こちらの方が若干謝る内容の重みが軽い気がします。例えば、バスのなかや街中などで人に自分のカバンが当たってしまったり、ちょっと約束の時間に遅れてしまったりなど、本気で「ごめんなさい」と許しを請うほどではないけれど一言謝っておくといいような場面で使うことが多いです。「すみません」という表現に近い言葉です。

これも、Извините пожалуйста (イズヴィニーチェ パジャールィスタ)と丁寧に言うこともできます。

友人や家族の間ではИзвини(イズヴィニー)でOKです。