ロシア語の「すごいね」の表現ズドーラヴァこんにちは!今回は、ロシア語で会話するときに知っておくといい感じに会話が弾む表現を幾つかご紹介したいと思います。日本語でも「え、そうなの?」とか「すごいね!」とか「えー、それはひどい」などと、相手の言っていることにリアクションを返してあげると、会話が弾みますよね?

驚きや感心、共感などを表す表現を知っていると、ロシア人との会話も弾むはずです。友達や恋人同士の会話でぜひ使ってみてください。

※ちなみに、ロシア人はまじめな話をするときほど、相槌を入れずに、相手をじっと見て、静かに相手の話を聞くのが礼儀正しい会話作法のようなので、以下で紹介する表現は、オフィシャルな場面ではあまり多用しないほうがいいかもしれません。もちろん、全て老若男女問わず日常的に使える言葉ですが・・・念のため。ご注意ください ^^;

Sponsored link

[ad_large_banner]

驚きを表すロシア語表現

Да ты что! ダーティトー

「何てこった!」「何ですって!!?」「えーーー!?」というような感じを表現する言い方です。「マジで??」にも近いかもしれません。何か驚くようなこと、それは大変だ!というような出来事を聞いたときによく使います。

※Да ты че! ダティチョー!(さらにくだけた言い方)

※Да вы что! (ダーヴィシトー!) とты(君)を вы(あなた)に変えれば年上の人との会話でも割と使えます。

 

会話例

“Ты не знаешь? Она недавно вышла замуж.”

“Да ты что!”

「知らないの? 彼女、最近結婚したんだよ。」

「ええーっ!?何だって!?」

Ничего себе! ニチヴォー セビェー

良いニュース、ビックリするような話を聞いたときに「それはすごいね」(肯定的)といいたいとき、あるいは、悪いことを聞いて「なんだそれは!!」と驚きの感情(否定の感情も含む)を表したいときに使えます。かなりよく聞く表現です。

 

会話例

“Слушай, на рынке сейчас продается яблоко всего за килограмм 20 рублей!”

“Ничего себе! Надо закупать!”

「聞いて!今市場でリンゴが1キロ20ルーブルで売ってるのよ」

「なんだって!?買い込みに行かなきゃ!」

 

肯定的な反応をするとき

Здорово! ズドーラヴァ!

これは良い話を聞いたときにのみ使う反応です。「すばらしい!」「いいね!」という感じの反応ですね。

 

会話の例

“Мой сын скоро получит диплом, и будет работать инженером.”

“Здорово, я рад(а) за вас.”

「息子はもうすぐ卒業してエンジニアとして働くことになっているんです。」

「それは素晴らしい。私もうれしいです。」

※Я рад(а) за вас (ヤー ラード(女性の場合はラーダ) ザ ヴァス) という表現も、時々聞きます。日本語に訳しづらいのですが、相手の良いニュースをきいて一緒に喜んでいることを表現したいときに使う言葉です。丁寧な表現なのでオフィシャルな場面でも使えます。

 

Молодец! マラヂェッツ!

こちらの記事に詳しく載せていますが、相手を褒めるとき、「すごいね!」と言いたいときに使えます。

 

Ура! ウラー

やったね!!と喜ぶときに使います。

会話の例

“Завтра уже начнется каникулы!”

“Ура!!!”

「明日からもう夏休みだ!」

「やったー!!」

 

Интересно. インチェレースナ

英語のinterestingと同じで「面白い」「興味深い」の意味で使います。

 

Это хорошо. エータ ハラショー

「それはいいね。」「それは良かった」の意味です。

 

ひどい話を聞いた時の反応

Ужас!! ウージャス!!

「ひどい!」「ありえない!」という感じのリアクションをしたいときに使えます。このウージャスは本当にしょっちゅう使うので、現地にいけばすぐに聞こえてくると思います(笑)

 

会話例

“Я больше часа стояла на остановке и не было ни одного автобуса!”

“Ужас!!”

「一時間以上バス停に立っていたのに、たった一台もバスが来なかったのよ!!」

「それはひどい!」

 

Страшно. ストラーシュノ!

「ひどい」「おそろしい」という感情表現で使える言葉。

 

Плохо. プロー

「悪いね」「それはひどいね」の意味で使えます。Ужас(ウージャス)よりも、落ち着いた感じ?かもしれません。

 

Жалко. ジャールカ

「残念だ」の意味。注意は「暑い」の意味のЖаркоと似ているけど、こちらは「ル」がл(エル)の発音だということです。舌を少し奥に引き、上あごにくっつけて「ウー」という感じで発音します。

 

「うん」「ヘー」などのちょっとした相槌

Ага. アガ

日本語なら「うん」。了解の相槌で使うのですが、私はなぜか恥ずかしくていまだに「アガ」と言えません。。

 

Ну.. ヌ・・・

うん。。。まぁ・・・とか、そういう感じですね。例えば、Ну да… ヌ、ダー という風にДаと合わせて「まあそうだね」という濁し方もできます。

 

このほかにも、思い出せばまだ色々あると思うのですが、頻繁に聞く・使うものを今回はピックアップしてみました。「こういう表現はないんですか?」という疑問があれば、コメント欄からぜひご質問ください!それではまた。