number1

こんにちは!今回はロシア語の数字1~100までをご紹介します。

旅行などでも数字が分かると買い物など役立つ場面が色々ありますし、基本会話でも数字が必要になることってよくありますよね。何歳だとか、何カ月滞在するとか、何人家族だとか、数字を使って言いたい事はたくさんあります。

ちょっと慣れるまでがややこしいですが、頭のトレーニングで繰り替えしながら覚えてください^^ では早速始めましょう!

Sponsored link

[ad_large_banner]

ロシア語の数字0と1~10まで

一番基本になる部分です。1~10を覚えれば、これをベースにして11以降の大きな数字も規則的に覚えやすくなるので、まずはここをしっかり覚えましょう^^ 何となく英語と似ているところもありますね。発音は大きい文字で表示しているところをしっかり発音し、他は軽く言う感じです。

ロシア語 カタカナの発音 ラテン文字での発音
0
ноль
ノー
nol
1
один
a-dín
2
два
ヴァー
dva
3
три
リー
tri
4
четыре
チェティー
chye-tý-rye
5
пять
ピャー
pyat
6
шесть
シェースチ
shest
7
семь
スェー
syem
8
восемь
ヴォースェミ
vó-syem
9
девять
ヂェーヴャチ
dyé-vyet
10
десять
ヂェースャチ
dyé-syet

ロシア語の数字11から19まで

11~19は、1~11をベースに-надцать(ナッツァッチ)が後ろについた形です。

例えば
11の場合、один → один + надцать
12の場合、два → две + надцать
という感じですね。

アクセントがつく場所に気を付けて覚えてください。

ロシア語 カタカナの発音 ラテン文字での発音
11
одиннадцать
ンナッツァッチ
a-dí-na-tset
12
двенадцать
ドヴェナッツァッチ
dvye-ná-tset
13
тринадцать
トリナッツァッチ
tri-ná-tset
14
четырнадцать
チェティールナッツァッチ
chye-týr-na-tset
15
пятнадцать
ピェトナッツァッチ
pyet-ná-tset
16
шестнадцать
シェスナッツァッチ
shes-ná-tset
17
семнадцать
スェムナッツァッチ
syem-ná-tset
18
восемнадцать
ヴァスェムナッツァッチ
va-syem-ná-tset
19
девятнадцать
ヂヴェトナッツァッチ
dye-vyet-ná-tset

 

ロシア語の数字10~100まで

20~90もある程度規則的に覚えられます。2~9をベースに-дцать(ッツァッチ)が後ろにつく感じです。

 

例えば
20の場合、два + дцать → двадцать
30の場合、три + дцать → тридцать

 

40だけなぜか全然違うのでそれだけ例外的に覚える必要がありますが・・・(本当に、何でだろうっていつも思う。笑)

 

発音のポイントは、大きく表示された文字をしっかり言うことと、「スャ」のところは「シャ」ではなく「ス」と「ャ」を一度に言うような感じです。「シャ」でも通じるのですが、「スャ」の意識でいると、よりロシア語っぽくいい感じになると思います。

 

ロシア語 カタカナの発音 ラテン文字での発音
10
десять
ヂェースャチ
dyé-syet
20
двадцать
ヴァッツァッチ
dvá-tset
30
тридцать
リッツァッチ
trí-tset
40
сорок
ソーラク
só-rak
50
пятьдесят
ピェヂェスャッ
pyet-dye-syát
60
шестьдесят
シェスヂェスャッ
shes-dye-syát
70
семьдесят
セーミヂェスャット
syém-dye-syat
80
восемьдесят
ヴォースェミヂェスャット
vó-syem-dye-syat
90
девяносто
ヂェヴェノースタ
dye-vye-nós-ta
100
сто
sto

 

 

お疲れ様でした!
こちらの英語のサイトだと発音付きで確認できるので、音を聞いて覚えたい場合は参考にしてみてくださいね。