こんにちは!今回から数回に分けて、初対面でロシア人に聞かれそうな質問とその答え方をご紹介してきます。初対面で聞かれることといえば、あなた自身のことや日本のことなどがやはり一番多いです。今回はまず自分の出身地(国)や国籍、名前、苗字について。何かの手続きをするときなど、少しオフィシャルな場面でも聞かれる可能性がある部分なので、どういう風にロシア語で質問されるのか、そしてどう答えればいいのか、ぜひQ&Aのセットで覚えてみてください。

Sponsored link

[ad_large_banner]

出身地をロシア語で言ってみよう

どこから来ているんですか?-日本からです。

japan

質問: Откуда вы ? 「アトゥクーダ ヴィ?」 あなたはどこから(来ているんですか)?

答え: Я из Японии. 「ヤー イズ ヤポーニィ」 私は日本から(来ています)。

直訳では「あなたはどこから(来ているのか)?」という質問ですが、出身地がどこか、という意味で使われます。

 

日本人ですか? - はい/いいえ

japanese

質問: Вы японец/японка? 「ヴィ ヤポーニェツ(男)/ヤンカ(女)?」 あなたは日本人ですか?

答え: Да./ Нет. 「ダー/ニェット」 そうです。/いいえ。

男性と女性で「日本人」の言い方が違いますので、自分の性別に合わせて覚えておきましょう!

 

母国はどこですか? ― 日本です。

質問: Где ваша родина? 「グヂェー ヴァーシャ ローヂナ?」 あなたの母国はどこですか?

答え: Япония. 「ヤポーニヤ」 日本です。

ロシア連邦の中には実はたくさんの国があり、また旧ソ連の一部だった周辺諸国もありますので母国はどこか、と聞くのも結構日常よくあります。アジア系の顔を見て、中国なのか、韓国なのか、日本なのか、見分けがつかないということもありますしね^^;

 

答えは単純に「日本」と言えばいいだけですが、こんな答え方もあります。

Я родился (родилась) в Японии. 

ヤー ラヂールシャ(男)/ラヂラーシ(女) ヴ ヤポーニイ」

私は日本で生まれました。

 

国籍はどこですか? - 日本です。

passport

質問: Какое у вас гражданство? 「カコーェ ウヴァース グラジンストヴァ?」 国籍はどこですか?

答え: Японское 「ヤンスカェ」 日本です。

パスポートに書いてある国籍を聞かれるときに使われます。次の民族籍と間違えやすいので注意!(といっても大抵は「日本」と答えれば間違いないですが…)

 

民族(籍)は何ですか? - 日本です。

質問: Какая у вас националньность? 「カカーヤ ウヴァース ナツィオナーリナスチ?」

答え: Я японец/японка. 「ヤー ヤポーニェツ(男)/ヤンカ(女)」 日本人です。

 

※ ロシアや旧ソ連の国々では、国籍と民族とがよく区別されます。普段話題になるのは民族のほうで、「僕はロシア人だ」といえば、それは民族がロシア人だという意味であって、必ずしもロシア国籍を持っているわけではありません。

カザフスタン共和国にも、いわゆるアジア系の顔をした「カザフ人」や「韓国人」がいて、彼らは国籍はカザフスタンでも、普段は「私はカザフ人」「僕は韓国人」という風に言います。もちろん混血の人もいっぱいいるので「お父さんはカザフ人で、お母さんはロシア人」とか「お父さんはロシア人とウクライナ人のハーフでお母さんはグルジア人」みたいな感じになります。

国籍がどこか、というのは生まれがどこかとか、パスポートのことなどが話題になるときくらいでしょうか。ちなみにパスポートにも、国籍が何か、民族籍が何か、と区別して書かれています。

 

自分の苗字と名前をロシア語で言ってみよう

name

名前は何ですか? - 私の名前は・・・です。

質問: Какое ваше имя? 「カコーェ ヴァーシェ イーミャ?」 あなたの名前は何ですか?

答え: Мое имя – Марико. 「マヨー イーミャ マリコ」 私の名前はマリコ(例)です。

 

実はこういう風に聞かれるのは、書類に記入するために名前を知りたいときなどが多く、普段よく使われるのはこの表現です。

質問: Как вас зовут? 「カーク ヴァース ザヴート?」 あなたの名前は?(直訳ではあなたは何と呼ばれていますか?)

答え: Меня зовут Марико. 「ミニャー ザヴート マリコ」 マリコ(例)と言います。(直訳では ・・・と呼ばれています)

 

苗字は何ですか? - 私の苗字は・・・です。

質問: Какая ваша фамилия? 「カカーヤ ヴァーシャ ファリヤ?」 苗字は何ですか?

答え: Моя фамилия – Сато. 「マヤー ファリヤ サトー」 私の苗字は佐藤(例)です。

 

※何を質問されているのかさえ分かれば、自分の名前と苗字をそれぞれ言うだけで十分伝わりますけどね^^

 

父称は何ですか? - 父称はありません。

質問: Какое отчество? 「カコーェ オーチェストヴァ?」 父称は何ですか?

答え: У меня нет отчества. 「ウミニャー ニェット オーチェストヴァ」 父称はありません。

 

これぞロシア!父称って何???

ロシアとその周辺諸国では一般に、書類などに自分の名前を書くときは、苗字 名前 父称 (ФИО と訳されることもあり ) の順で書きます。

父称というのは、その名のとおり父親の名前から来ているもので、例えば

父親の名前がアレクサンドル Александр  なら

  • その息子の父称→ アレクサンドロヴィッチ Александрович
  • その娘の父称→ アレクサンドロヴナ Александровна

となります。

この父称は、目上の人を呼びかけるときによく使われ、礼儀正しい表現が必要な場面では絶対に名前のあとに父称を付けて相手を呼びます。(なので、礼儀正しくロシア語を話したかったらこの父称を避けては通れない。)

 

例えば目上の人と知り合いになる場面でよくあるパターンを見てみましょう。ここでは健は20歳の学生、ドミトリーさんは50歳くらいのロシア人。どこでであったかはご想像にお任せ(笑)。健は自分からドミトリーさんに挨拶に行きます。

健: Меня зовут Кен. Как вас зовут? 「ミニャー ザヴート ケン。 カーク ヴァース ザヴート?」 (健と言います。お名前は何ですか?)

ドミトリー: Я Дмитрий.  「ー ドミートリー」 (私はドミトリーだ。)

健一: А очество? 「ア オーチェストヴァ?」 (父称は?)

ドミトリー: Александрович.  「アレクンドロヴィッチ」 (アレクサンドロヴィッチ)

健一: Дмитрий Александрович, очень приятно познакомиться. 「 ドミートリー アレクンドロヴィッチ、オーチン プリヤートナ パズナコーミッツァ」 ( ドミトリー アレクサンドロヴィッチ、お会いできてうれしいです。)

 

こんな感じに、名前を聞いてその時に父称もあわせて聞き、そのあとに相手の名前+父称で呼びかける、というパターンですね。

人によっては最初から父称付きで教えてくれることもありますし、フレンドリーな人なら「名前だけでいいよ」と言ってくれます。が、父称を教えてくれた時は以後、会話の中では名前+父称で相手を呼びかける必要があります。

ロシア人の名前はさほど種類が多くないので、慣れてくれば大したことないのですが、最初は「なんて面倒なんだ …」 といつも思っていました。

 

以上、ロシア語での出身地と氏名の言い方でした。次回は年齢の話、自分の育った都市の話などをロシア語のQ&A形式でまとめたいと思います。