ベオグラード初雪

 

朝起きたらそこは雪国だった

ベオグラードでの初雪です!肌寒くてジメジメした時期を超えて、ここ数週間はからっと晴れる日も多かったのですが、今日は朝起きたら雪が積もってました。実は去年11月末に異例の雪が降ったのですがその時は積もるっていうほどでもなく、ちらっと降って溶けてしまったので、今日がこの冬初の本格的な雪。「気温がマイナス5~9度くらいまで下がって雪」と天気予報にありましたが、まさにその通りな感じで、しっかり吹雪いております^^

Sponsored link

[ad_large_banner]

普段そんなに風は強く吹かないのに今日は雪と風でゴーゴーと音が聞こえるくらい。だから体感気温はマイナス5度よりもっと低いですね。カザフスタンなら「外を歩き回れる」気温ですが、人間、いい環境になれるのは早い。とてもじゃないけどこんな天気で外に出る気になれません(笑)

特に正月も普通に過ごす我が家は、年末年始の準備で大量に食料を買い込むなどということもなく、普通に今日あたり買い出しに行こうと思っていたので、我が家の冷蔵庫は食糧危機。。肉、魚が品切れし何を作ろうか・・・。と考えた挙句、久しぶりに玉ねぎとニンジンのかき揚げを作って、昼ごはんは頂き物のそばに天ぷらです。私にとってはうれしい日本食だけど、旦那さんにはどうかな。。(まあ、こんな日だからしょうがないと思ってくだされ)

ロシア語では、今日みたいな吹雪きを「ブラン」、しっかり快晴でも気温がぐっとさらに寒くマイナス20~30度のときは「マローズ」というのですが、カザフスタンにいたころはもう12月に入ったら必ずマローズ、そして1月~3月上旬まではしょっちゅうブランな日がありました。

「あ~そんな冬を過ごしたんだな」などと、懐かしく思い返しつつも、1月に入ってようやく吹雪がやってきて、明日以降はまた0度前後の気温に戻るくらいのセルビアの冬は、生命の危機を感じずに過ごせるなと、妙な安心感を覚えます。

でも日本の東京からしたらずいぶん寒いことは間違いなく、寒いのが大好きな方を除き、セルビア観光は冬だけは避けたほうがよさそうです。あと2か月後には春がやってくると思ってこの冬の時期は静かに乗り切ります。

ベオグラードの初雪2

ということで、今日はだらだらと天気のことについて書いて終わりです。こんないい加減な記事を読んだくださったあなたに感謝!

そういえば、セルビアのニューイヤーはどんな感じでみんな祝うのだろうと思っていたのですが、1月1日に日付が変わるころに、普通の住宅街であちらこちらからなかなか大きな花火がガンガンあがりました。ここは冬場湿度があがるから大丈夫なんですね。それ以外はテレビも特につけず、中心地にもいかなかったせいか、ごく静かな年始だなという感じです。

春が待ち遠しいな