こんにちは!セルビアの首都ベオグラードへの旅の話を書いてから大分時間が経ってしまいました。とはいえ、私たち夫婦のセルビア移住への思いは今もグツグツと熱く燃えつづけています(笑)。現在は移住の資金を集めている最中ですが、予定通りに行けば今年中にはベオグラードに移住する予定。

私たちがベオグラードを大好きになった理由の一つに、現地のセルビアの人々の温かなもてなし精神があります。私たちが3週間ずっと滞在したB&Bでも、オーナーのフレンドリーで気遣いのあるセルビアのホスピタリティを感じることができました。

ベオグラードの宿の相場はお高いところを挙げればキリがないでしょうが、一番安くて大体1日当たり20ユーロ前後(2014年末時点)。

私たちはリッチな旅をすることが目的ではなく、

  • 便利なロケーション
  • 自炊できる(キッチンがある)
  • 個室に泊まれる
  • 清潔
  • 宿泊費がリーズナブル

という条件が整っていることが大事でした。

で、この条件にまさしくぴったりと当てはまったのが、私たちが滞在したBed&Breakfast Belgradeというホステルです。滞在中も、そして旅が終わったあとも「あのB&Bに出会えてよかった」と心から思える宿なので、これからベオグラードを訪問する予定のある方で安く快適に過ごしたいという私たちと同じ思いを持っている皆さんにぜひオススメしたいと思い記事を書くことにしました。

以下に、もう少し詳細をレビューしていきますね^^

sponsored link

便利なロケーション

ロケーションは本当に言うことなしです。ベオグラードはサヴァ川を挟んで旧市街と新市街に分かれているのですが、おもな見どころは旧市街のほうにあります。

B&B Belgradeは旧市街のなかでも、ほとんどの見どころに徒歩で足を運べる場所に位置しているのが魅力。一番の見どころの要塞カレメグダン(Kalemegdan)や、歩行者天国で石畳にヨーロッパ風の街並みが美しくカフェやレストランが並ぶクネズ・ミハイロバ(Knez Mihailova)通りなどには、徒歩10分で行けちゃいます。

Google MapでのB&B Belgradeの場所↓

 

自炊できる

私たちは基本スーパーやパン屋さんで食材を買ってB&Bの共有キッチンで料理して食べていました。キッチンには必要な道具や基本的な調味料もあり、開放感のあるオープンキッチンでとても料理しやすかったです。 3週間の滞在となると、朝食から夕食まで外食していたら相当な出費になってしまいますので・・・。朝はキッチンでコーヒーを淹れて簡単な朝食を取り、夜はスープやパスタなどを作って新鮮なサラダにセルビア産のサラミ、チーズ、そしてワイン。なかなか良かったですよ^^

B&Bの周りには数分で行けるスーパーが幾つかあり、食材を調達するのも楽々。セルビアは農業国なので新鮮な野菜や果物が普通のスーパーでもかなり安く買えます。ジャガイモは1キロ当たり40ディナール(50円くらい)でしたね。日曜日を除いて夜遅くまで営業しているので、一日中観光して帰りがてら食材を買って帰るっていうパターンが多かったです。

徒歩でいける市場(Zaleni venacなど)に行けばさらに安く、リンゴなんかは1キロで50円くらい(!!)の値段です。

 

個室に泊まれる&清潔

Bed and Breakfast Belgradeは、個室タイプとドミトリータイプの部屋があります。個室はシンプルですが、ベッドはすごく眠りやすく毎晩ぐっすりと心地よく睡眠がとれました。シャワーとトイレは共用ですがいつも清潔で熱いシャワーが使えたので問題なしです。「タオルやリネンは必要な時に自分で新しいのを取っていっていいよ~」と言ってもらえたので、いつも清潔なのを使うことができました。ちょっとしたことですが、こういう心遣いはうれしいですね^^

 

宿泊費がリーズナブル

個室で1泊当たり18ユーロ(2014年末時点)は、このロケーションではなかなか無いと思います。一人当たりの値段ならもう少し安いドミトリーも見つかるかもしれませんが、上に挙げた色々な条件を考えても、このお値段はかなりお得だと思います。

高い天井に木の温もりが感じられる共有スペースやキッチンの雰囲気なども良かったですし、何よりオーナーのミロシュさんがすごーくフレンドリーで、ホステル内で過ごす時間も気持ちよく過ごせました。スーパーの場所とか、お勧めのレストランの場所などなど、色々教えてくれて助かりました!ちなみにミロシュさんは英語がペラペラなので、こちらが片言の英語でもちゃんと汲み取ってくれて親切に対応してくれますよ^^

 

唯一の欠点は…み、見つけにくい。。

欠点というほどではないのですが、オーナーも「ホステルが見つからないんだけどって電話してくる人が本当に多いんだよね…」とぼやいていたとおり、ちょっと見つけにくい入り口になっているんです。

一度わかっちゃえばどうってことないのですが、以下に空港からホステルの近くのバス停までの乗り継ぎ方と、バス停からのルートを載せておきますので、この宿に決めた!と思ったあなたはぜひ参考にしていてください。

 

空港から市内のスラヴィア広場まで

空港からは、市内の数か所に停まる空港バスの利用が便利です。こちらの記事も参考にしてみてください。

終点のスラヴィア広場で降りたら、ロータリーからすぐのバス停で19,21,22,29,31番のバスに乗ります。大抵のバス停には、そのバス停に停まるバスの番号が書いてあるのでチェックしてください。

注意:バスに乗る前にキオスクでかならずバスカードを購入しておきましょう。(詳細はこちら

 

地図がちょっと使い古した感があってすみません^^; 地図上で見るとこんな感じのルートになります。

スラヴィア広場からステューデントパークまでのバス
スラヴィア広場からステューデントパークまでのバス

 

市内バスでスチューデントパーク(Studentski Trg)まで

バスに無事乗れたら、Studentski Trgというバス停で降ります。このバス停は大抵のバスの終点ターミナルになっているので、すぐわかるはずです。バス内でも案内がありますし、右手に比較的大きな公園があるのが目印です。

ベオグラード ステューデントパーク
バス停側からみたステューデントパーク(Studentski Trg)

 

 

バスから降りたら公園内を通って坂道を下る方向に進んでいきます。Kapetan Misinaという通りを見つけたらさらに下っていきます。

ステューデントパークからB&B Belgradeまで
ステューデントパークからB&B Belgradeまでのルート

 

Kapetan Misina通りの雰囲気はこんな感じです。

Belgrade Kapitan Misina

 

B&B の近くにあるカフェ。チャイニーズ料理がテイクアウトできるっぽいです。

B&B Belgrade近くのカフェ

 

右手に以下の写真のような入り口が見えたら、Welcome!! そこがB&Bの入り口。

B&B Belgradの入り口

 

門を入ると幾つかドアがありますが、奥の方の大きなドアから入って2階に上がり中廊下の最後までいくとホステルの入り口があります。

B&B Belgradeの入り口2
奥の方までいくと大きめのドアがあって2階に通じる中階段があります。

 

そしてそこは家庭的でちょっとアーティスティックで快適なB&B

B&B Belgradeのキッチン

 

3週間も長居していただけあって本当に我が家のような感覚で過ごしていたのですが、この記事を書いている間も、その時の色々な楽しいひと時が次々と浮かんできてました^^

バルカン半島のあたりだと、クロアチアとかモンテネグロのほうが風光明媚で観光地としては有名ですが、セルビアのベオグラードも数日立ち寄って観光するには十分楽しめる場所だと思います。

ベオグラードを訪問する予定のある方で、私たちと同じような条件の宿を探している方は、かなりオススメなのでぜひ検討してみてください。予約にはBooking.comを利用するのがおススメです。私たちもBooking.com経由で予約しました^^

Bed and Breakfast Belgrade