早いもので海外在住歴が約5年になりました。必要なものはほぼ現地調達できるようになってきましたが、いまだに「日本のものではないと…ツライ」というものが幾つかあります。ほとんどの場合、欲しくなるのは消耗品。

もちろん、日常使う消耗品なので現地でも売っているのですが、

  • 日本と同じくらいの値段で買おうとするとクオリティが低い
  • 日本と同じくらいのクオリティのを買おうとすると高い

というジレンマに陥ります。。

「 あの日本のお手ごろ価格&ハイクオリティな品」を知っていると、現地で買うのがばかばかしくなってしまうんですね。。

 

近くに日本に帰国するので、この機会に必要なものは全部日本から調達してこようと気合を入れてます(笑)

買い忘れのないようリスト化したので、そのから特に必須だと思うものをこの記事でご紹介します。

海外に長期滞在(出張・留学など)を予定されている方(特に先進国ではないところに行く方)は、多めに日本から持っていくといいかもしれません^^ 参考にしてみてください。

sponsored link

[ad_large_banner]

 

ヘッドが小さくて細かいところまで届く日本の歯ブラシ

種類は結構あるのですが、海外のものはやたらヘッドがデカくてどう頑張っても奥まで磨けない&隙間がよく磨けないタイプの歯ブラシばかりが売っています。

なぜか日本の歯ブラシのように先が極細でヘッドが小さめのだとお高くついてしまう…(私が今住んでいるところでは通常300円以上)。

 

シルキーな肌触りのコットン

現地で買うと、肌にあてたその瞬間から毛羽立つものが多く、化粧水を含ませて顔になじませている間にざらざらになります。。日本のシルキーな感触のコットンは、売っていないかバカ高いと思ったほうがよいです。

シルコットを大量に買って、ジップロックに圧縮して詰めるとコンパクトにスーツケースの隅に収まります。スーツケース内に割れ物などを入れる場合はその周りにシルコットのジップロックを配置すると、クッション材にもなって一石二鳥です^^

 

鼻をかみ続けても赤くならない肌触りのよいティッシュ

紙製品は全体的に割高ですが、特に箱ティッシュがとても高い。日本なら5箱組で198円とかでドラッグストアで買えるときありますよね?それが、以前住んでいたカザフスタンでも今住んでいるセルビアでも1箱で150円くらいはします。。別に鼻セレブとかみたいな高級なティッシュではないんですが…笑。

私は現地で安く売っているペーパーナフキンなどでしのいでいますが、鼻炎体質などでティッシュをよく使う方、コンテナで引っ越せる方などは、日本から多めに持っていくのがいいと思います。

 

にじまないフィルムタイプのマスカラ

女性限定ですが、フィルムタイプのマスカラはあまり現地で見かけたことがないです。欧米の方は目がぱっちりしているせいか、あまりにじまないんですかね。。。

空気が乾燥しているというのもあるかもしれません。でもフィルムタイプになれた私は普通のウォータープルーフではダメです。。

 

べた付かないのに強力なジェルタイプの日焼け止め

日差しの強い国に行く方は必須です。海外はクリーム系が多いのと、変に匂いがきついのが多いです。

日本のべたつかないジェルタイプでかつSPF40以上の日焼け止めは価格も安くてクオリティが高い。日焼け止めは日本のものしか使えません。

しかもヨーロッパやロシア方面は日差しを浴びるのが皆大好きなので、日傘をさすとか結構あり得ない話(変な人に思われるからやめろと主人に止められました・・・)

大抵はサングラスだけなので、日焼け止めでしっかりガードすべしです。

※同様の理由で化粧品類全般はできれば使い慣れたものを持参するのがいいと思います。

 

伸びが良く伝線しにくいストッキング・タイツ

これも日本で売っているクオリティと価格に勝るものはないんじゃないかと。ストッキングとか、ものすごい伸びが悪かったり、一回でサヨナラを何度も繰り返したり、サイズがおかしかったり…とあまりいい思いをしたことがありません。
タイツも同様に、結局日本から持って行ったものが一番長持ちしています。

 

寒い地方に行くならホッカイロ

ホッカイロは日本でしか手に入らない(たぶん)ので寒い地域に行く方は必需品ですね。

私は足先とおなか周りを冷やすとダメなので、貼るホッカイロや靴用のホッカイロをよく使います。

 

ラップ

現地のものは何かを包むまえに、あれよあれよとぐしゃぐしゃになってしまいます。

巻きをはがしてカットするまで一苦労、そこからぐしゃぐしゃになったのを伸ばして使うのにもう一苦労ありますので。ラップが嫌いになります(笑)。それでいて割高。

必要な方は日本から持参したほうがいいと思います。

 

湿布など

これも日本ほどによく見かけないので。特にいわゆる「サロンパス」系のものはあまりないです。あっても、薬局に行って説明して買うというのが面倒くさい。筋肉痛や肩こりなどでこういうのを愛用する方は持って行ったほうがいいと思います。

 

薄手のあったかインナー

私が寒がりなのもあるのでしょうが、どう考えても海外の人の体温は日本人より高いと思います。なので、私から見ると「こんな寒いのに何であんなに薄着してるの?」と思うこと多々あり。自分だけいつも厚着しているのも格好悪かったりするので、こういうときは日本のテクノロジーで解決です。薄手の暖かインナーは何枚かあると大助かり。

 

 

 

それでは良い滞在を!

wing-221526_640