久しぶりの投稿になります。3月はセルビアでのビザの更新で何だか気持ちが騒がしく、バタバタしてました。(ビザのために)警察に行くというだけで、小心者な私はドキドキ・ハラハラ、「もしビザが出なかったらどうしよう」「何かうまくいかなかったらどうしよう」などと心配しては、無駄にエネルギーを消耗してフラフラしていたのですが… そんなころに立ち寄ったカフェがホッと和むいい感じのところだったのでご紹介したいと思います。

Sponsored link

[ad_large_banner]

Cafe Dokolica, Belgrade

インテリアがフレンチスタイルで、Jazzやラウンジ系の音楽が流れるカフェDokolica(ドコリツァ)。訳すと「休暇」とか「空き時間」というような意味があるよう。

 

belgrade cafe Dokolica

カザフスタンでサバイバル生活を送る前。横浜とか東京の街歩きをよくしていたころは、こういう感じのカフェで友人たちとのんびり話し込んだりしていたなぁと、少し懐かしくなる感じでした。

 

 

Dokolica

セルビア人はカフェで過ごすのが大好き。たった一杯のカプチーノだけで数時間座るのもよくある話。カプチーノなら相場は大体100~170円くらい。気軽に立ち寄れるのが嬉しい。

 

最近はすっかりトルココーヒーを家で飲むのに慣れてしまったけれど、外で飲むカプチーノはやっぱりおいしい。

 

Jpeg

夫は私ほどコーヒー好きではないので、ゼレニ・チャイ(緑茶)を頼んでいた。ティーバッグではなく、しっかりした茶葉の緑茶にハチミツが付いてきて、夫は「ものすごく美味しい」と喜んでいました。

 

Dokolicaにはランチタイムのメニューもあるし、ラキヤやビール、ワインなどのアルコールも用意されています。Googleマップで場所を見てみたら、結構評価も高かった。いつも賑わっている中心地からは少し離れた裏通りにあるので、ゆったりとした時間を過ごせると思います。ベオグラードに来る予定の方は是非チェックしてみてください。

 

p.s. 3月中旬ごろだったのですが、ちょうど街の中は「桜のような木」が花を咲かせ始めた頃でした。あまりまだ暖かくなかったので、桜だったかどうか…。もしかしたらプルーンの木かもしれないし、早くに花を咲かせる桜だったかもしれません。

ビザの更新は思ったよりもずっと楽に進み、何だか拍子抜けな感じでした。鳥越苦労…。海外生活もだいぶ長くなってきたのに相変わらず心配性な自分は変わらないものです。。

4月に入って一気に気温も上がり春の陽気でホッとしているこの頃です。それではまた!